HOME > 自律神経 コラム > 眠れない > 不眠症に鍼灸院が効果的な理由について

自律神経 コラム

< 更年期と自律神経の関係について|2019年版  |  一覧へ戻る  |  自律神経障害とEDの関係について >

不眠症に鍼灸院が効果的な理由について

日中の忙しさから解放されて、いざゆっくり寝ようと思ったのに
「なんだか頭が冴えて眠れない…!」
なんて経験はありませんか?

そんな夜もたまにはあるものですが、
これが頻繁に起こって日中に支障を来たすようになったら…。

かといって「不眠のお薬って依存性がありそう…」と
抵抗を感じている方も多いと思います。

そこで今回は、
不眠症の改善に鍼灸院がお役に立てる理由について
お話ししていきます。


 
不眠症に鍼灸院が効果的な理由について

【目次】
1.不眠症とは?
2.不眠症に鍼灸は効果的なの?
3.安眠道鍼療院での症例
4.さいごに

1. 不眠症とは?

およそ5人に1人が悩んでいるといわれる不眠。
では、俗にいう「不眠・不眠症」とは具体的にどのような状態をいうのでしょうか。

まず、「不眠」には次の4つのタイプがあります。


  1. 入眠障害:夜間なかなか入眠できず、寝つくのに普段より2時間以上かかる
  2. 中間覚醒:一旦寝ついても夜中に目が覚めやすく、2回以上目が覚める
  3. 熟眠障害:朝起きたときにぐっすり眠った感じが得られない
  4. 早朝覚醒:朝普段よりも2時間以上早く目が覚めてしまう

そして、これらいずれかの不眠が週2回以上あり、かつ少なくとも1ヶ月は持続している状態を「不眠症」といいます。

不眠症の原因には、照明や気温などの環境的要因、身体の痛みなどの肉体的要因、ストレスなどの精神的要因のほか、カフェイン・アルコール・年齢による影響など、様々なものがあります。

なかでもストレスの存在は大きく、仕事や家庭での精神的ストレスで不眠症に陥っているという方も多いのではないかと思います。


不眠症を克服するには、原因であるストレスを取り除くのが最も有効なのは言うまでもありません。
しかし、いきなりストレスを無くせと言われても難しいですし、「私だって無くせるものなら無くしたいわ!」と言い返したくもなりますよね。

そこで、不眠症改善に向けた1つの選択肢として、鍼灸が有効であることについて詳しくお話ししていきます。


不眠症とストレス

2.不眠症に鍼灸は効果的なの?

アメリカ国立衛生研究所(NIH)は、鍼灸は不眠にも有効であると発表しています。

では、鍼灸は具体的にどのように不眠にアプローチするのでしょうか。

上述のように、不眠の原因には様々なものがあり、その仕組も複雑なためアプローチも1つではありません。
ここでは、訴えの多いストレスによる不眠を一例にお話していきたいと思います。


まず、ストレスが原因の不眠のメカニズムについて、その一端を簡単にご説明します。
人間は慢性的なストレスに晒されると、ストレスホルモンであるコルチゾールを過剰に分泌するようになります。
このコルチゾールには覚醒作用があるため、慢性的なストレスによってコルチゾールが増えることで不眠が誘発されてしまうのです。

また、コルチゾールの過剰分泌は、体内のHPA系(※)の異常や自律神経の乱れにつながり、筋肉が緊張してコリが生じます。
そのため背中や腰が張ってしまい、なかなか寝つけないということも多くあるようです。
※HPA系:「視床下部-下垂体-副腎系」の略称で、ストレス反応等の体内活動をホルモン分泌などによって制御している仕組みのこと

それではいよいよ、鍼灸が不眠にどのようにアプローチするのか見ていきましょう。
まず鍼や灸により、その刺激が信号となり、脊髄を通って脳に伝達されます。

この刺激の信号がHPA系の働きを正常に戻す役割を担ってくれており、HPA系が正常になることでコルチゾールの過剰な分泌が抑えられるようになります。

つまり、鍼灸の刺激が覚醒作用のあるコルチゾールを抑制することにつながり、結果的に正常な睡眠リズムを取り戻せるというメカニズムなのです。

さらに、鍼灸治療によって筋肉のコリをほぐすことで自律神経が整い、HPA系の乱れも改善されて不眠の解消に役立つともいわれています。

ちなみに、コリの解消は鍼灸治療が特に得意とするところで、真骨頂ともいうべき非常に相性が良いものなのですよ。

鍼灸治療によって筋肉のコリをほぐすことで自律神経が整い、HPA系の乱れも改善されて不眠の解消に役立つともいわれています。

3.安眠道鍼療院での症例

体内のホルモンや筋肉のコリが不眠に影響するとお話ししてきましたが、ここからは当院の実際の症例を少しご紹介してみたいと思います。

まず一つ目は、
人間関係からくる精神的苦痛によって、夜中に動悸が起こって眠れないなどの様々な症状を抱えて来院された方の症例です。

① 情緒不安定から自律神経の調整により克服した症例報告
https://www.anmin-do.jp/column/entry/post-14/

初診当初は大変辛そうなご様子だったものの、鍼灸治療を重ねることで満足のいく睡眠がとれるようになり、全身の調子も改善したという喜ばしい事例でした。


そして二つ目は、
ゆっくり眠ることができない日々があまりに長く続いたために、すっかり不眠に慣れてしまった方の症例です。


②不眠の克服|症例報告
https://www.anmin-do.jp/column/entry/post-18/
こちらのクライアント様は、朝方まで眠れなかったのがウソのように、夜になると自然と眠くなるようになってしっかりと睡眠をとることができるようになりました。

同じような境遇の方もいらっしゃるかもしれませんので、お時間があればリンク先のコラムもぜひ参考にしてみてくださいね。



4.さいごに

眠れない日が続くと、「今夜も寝られないかも…」と心配になるかもしれません。
でも、そんな時こそ“あまり気にしない”のが大切です。
「どうせいつか眠くなるだろう」くらいに気楽に構えて、もし眠くなければ思い切ってベッドから出てしまいましょう。
ただ、夜中の通販で衝動買いすることだけは、ちょっと気をつけてくださいね!


それから、朝起きたら日光を浴びることもすごく大切です。
人間の身体は、朝日を浴びてから14時間ほどで眠くなるように出来ています。
そのため、たっぷり朝日を浴びることで不眠の改善に一歩近づけるかもしれません。

どうしても憂鬱になってしまいがちな不眠ですが、「最近眠れないなぁ」と思ったら、ひとりでガマンせずに安眠道鍼療院まで一度ご相談にいらしてくださいね。


朝起きたら日光を浴びる
【参考】
公益社団法人日本鍼灸師会
https://www.harikyu.or.jp/general/effect.html
e-ヘルスネット
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-001.html

カテゴリ:

< 更年期と自律神経の関係について|2019年版  |  一覧へ戻る  |  自律神経障害とEDの関係について >

同じカテゴリの記事

不眠症に鍼灸院が効果的な理由について

日中の忙しさから解放されて、いざゆっくり寝ようと思ったのに
「なんだか頭が冴えて眠れない…!」なんて経験はありませんか?

そんな夜もたまにはあるものですが、
これが頻繁に起こって日中に支障を来たすようになったら…。
かといって「不眠のお薬って依存性がありそう…」
と抵抗を感じている方も多いと思います。

そこで今回は、不眠症の改善に鍼灸院がお役に立てる理由について
お話ししていきます。


 
不眠と鍼灸


【目次】
1.不眠症とは?
2.不眠症に鍼灸は効果的なの?
3.安眠道鍼療院での症例
4.さいごに


不眠症に鍼灸院が効果的な理由についての続きを読む

最近眠れない・不眠かも!?と思ったら

毎日毎日暑いですね。こんな暑い夏の日々に皆さんは如何お過ごしでしょうか。


何だか最近寝つきが悪い様な気がする…
夜中何度か目が覚めて、そこから「数十分」は眠りにつけない…
夢ばかり見ている… 日中眠くなる…


そして何よりも
「朝起きて疲れている…!?」


こんな状況が思い当たる方、いらっしゃいますか!?


夏バテ睡眠
今の時期は、先ほどの連日の猛暑により室温管理の難しさや、
日が長くなった事により朝明るくなるのが早いので、
どうしても覚醒が早まってしまう等の季節的な要因も睡眠に大きく影響している事は確かです。


しかし、それだけではないのが現実。

あなたの睡眠はなぜ浅いでしょうか!?

安眠(睡眠の質)を確保する為には一体何が必要なのでしょうか?
今回の鍼職人Kの簡単な身体のお話はこの睡眠と自律神経についてです。

 


【目次】
・ブルーライト漬けの現代人
・睡眠とブルーライト
・自律神経とブルーライト
・不眠のまとめ

最近眠れない・不眠かも!?と思ったらの続きを読む

朝から身体が疲れている!と感じる人へ|自律神経の乱れ!?

皆さんこんにちは。
今回の鍼職人Kの誰でもわかる身体の話は、睡眠についてです。
新年度や新学期が始まり、気温も暖かくなりつつある今日この頃ですが、
皆さんしっかりと睡眠をとっていますか!?

先日、初診でいらした方が「寝て起きたら身体が疲れているのです…」
え??と思われるかも知れませんが、
実はこの様に感じる方は、結構いらっしゃいます。

ご本人としては、気を付けて早い時間に寝ているので睡眠も問題ないはずなのに、
朝起きたら疲れているのはなんで??

それは「朝起きて疲れている」というのは「疲れが抜けていない」という事です。
実は眠りが浅くしっかりと眠れておらず「安眠」がとれていないという事なのです。
そのような方々にお話を聞くと、
大抵の方は「運動不足」と「日光をしっかりと浴びていない」生活という傾向があります。

しかし、最大の原因はスマホとパソコンではないでしょうか?

現代社会において、パソコンやスマホは無くてはならない物となり、
このコラムをご覧の方々もパソコン・スマホなしでは仕事が出来ない方ばかりだと思いますし、
鍼職人の私ですら現にこれをパソコンで書いているのが現状です。

ですから、日常生活において出来る事からマイナスを補う様な事を始めるのはどうでしょう!


朝から身体が疲れている


【朝から身体が疲れている!と感じる人へ|自律神経の乱れ!?】


【目次】
・24h液晶漬け!?
・電車のスマホは25kg!
・今日から出来る安眠法
・身体ではなく"脳"を休める
・おわりに...

朝から身体が疲れている!と感じる人へ|自律神経の乱れ!?の続きを読む

最近、疲れやすい、疲れがとれにくいと感じている人へ

今回の鍼職人Kの身体のお話は、
「疲れにくい身体・疲れが抜けやすい身体」についてのお話しです。


唐突ですが、皆さん健康でらっしゃいますか!?
下記すべてに当てはまる方はいらっしゃいますか?

『1.病気ではない 2.虚弱でもない 3.肉体的かつ精神的、そして社会的に満たされている状態。』

実はこれ、何かと言いますと、
WHO(World Health Organization )
世界保健機関が提唱している「健康」の定義です。

かなり多く満たされなければ、健康と見なされない感が否めないですが、
今の時代、男性も女性も朝から夜までフルタイムで働いている方が多い中、
これを全て満たしている方は、そう多くはないのではないでしょうか!?

朝から満員電車に乗り、残業をこなし夜遅くに帰宅し、睡眠不足のまま、また次の日を迎える。
ここに家事、育児が入ると更に大変。疲れもとれず自分の時間もとれず、ストレスも溜まるいっぽう…

身体はどこも悪いところはない筈だけれども、何となく調子が悪いなんて事ありませんか?


 
【目次】
・寒暖差による自律神経の乱れ 
・睡眠の確保
・睡眠に大事なこと
・睡眠の質を向上させるには
・最後に

最近、疲れやすい、疲れがとれにくいと感じている人への続きを読む

不眠の克服|症例報告

皆さんこんにちは。
少し暖かい日があるようになったと同時に、
花粉も飛び始める時期になってきましたがいかがお過ごしでしょうか?

今回の鍼職人Kのクライアント様のお話しは、
マコトさん(仮名)20代女性、美容部員の方のお話しです。


不眠の克服 【長年の不眠と眼精疲労への苦しみが克服できた症例報告】



【目次】
・主訴
・来院のきっかけ
・不眠・眼精疲労の原因は・・?
・治療計画
・経過良好
・まとめ

不眠の克服|症例報告の続きを読む