HOME > 自律神経 コラム > 自律神経 > 情緒不安定から自律神経の調整により克服した症例報告

自律神経 コラム

< 自律神経と自殺について【番外編 vol.3】  |  一覧へ戻る  |  自律神経とダイエットについて|症例報告 >

情緒不安定から自律神経の調整により克服した症例報告

今回の鍼職人Kのお話しは、当院に通われてもうすぐ一年になる、
クライアント様のお話しです。

今回のクライアント様は
複雑な人間関係・そして一方的な離婚による
精神的苦痛がきっかけで心身のバランスを大きく崩されました。

精神が情緒不安定で身体がボロボロの状態から、
コツコツとお身体のケアと自律神経の調整を行い、
症状の克服と共に最後は見事素敵な方までゲットしたと云う、
まるでドラマの様な出来事をお話しします。

同じ境遇の方へこの情報が少しの励みになってもらえれば幸いです。


精神疾患
 
【目次】
・ゆう子さんとの出会い
・初診
・主訴
・鍼治療
・経過
・克服まで
・幸せの転機
・最後に

ゆう子さんとの出会い

今回の主人公である、ゆう子さん30代(仮名)との出会いは夜遅くの一本の電話からでした。
その夜は事務作業に追われ珍しく遅くまで治療室に残っており、そろそろ終わろうとしていた時だったと思います。

普段その時間は留守番電話にして電話には出ないのですが、たまたまセットするのを忘れていたので、電話を取る事にしたのです。
電話口のゆう子さんは、それはもう青色吐息と云った感じで、本当に辛く怯えて今にも消えてしまいそうな感じを受けました。
私はいつもよりゆっくり話し、直近で来院出来る日にちを確保しました。

当時は移転したばかりで日は浅く、当院の知名度も低くホームページも今ほど上位に上がってきていない時でしたので、
率直に私は
いっぱいインターネット検索をしたのだろう・・
いろんな治療院に電話をしたのだろう・・
こんな遅い時間だったのだから余程辛かったんだろう・・
藁にもすがりたい思いで連絡をして来てくれたのだろう・・
などと思うと「ここで絶対に何とかしてあげたい。いや、何とかする。」と魂が揺さぶられた思いでした。

問い合わせ

初診

問い合わせの電話からしばらく経ち予約の日が迎えゆう子さんは来院されました。
問診でお話を伺うと、ショックを受けて当然だと思える出来事が酷く傷ましい体験でした。
それは私の想像を超える人間不信に陥ってしまう様な事も。
その出来事が起因となり心身はボロボロの状態でした。


主訴

【ゆう子さんの主訴】

□情緒不安定
⇒ふとした時に悲しくなり涙が出てくる。

□不眠
⇒寝ても途中で覚醒し動悸が起こり眠れない。

□生理不順
⇒月経も来たり来なかったり生理が不順。

□めまい 
⇒夕方になるとめまいが始まる。


など・・

彼女は、自分でおかしいという自覚があり、来院の3か月ほど前からヨガに通ったり、
その他にも色々とセルフケアを試みたものの、症状が悪化していったそうです。
首から背中そして腰へとかなり強いハリがあったことを記憶しています。

鍼治療

まずは血流改善をすることとと、この全身ある強いハリを改善することを目的に鍼治療しました。
当時の彼女は鍼治療が初めてでしたが、鍼への抵抗はありませんでした。
鍼への感覚を掴んでもらいたく、状態に合わせて適宜治療を行いながら自律神経の調整を施しました。。
治療後には手足が温かくなり、顔の血色が安定してきたところで終了しました。
なによりも彼女自信が心身の軽さを自覚できたことが良かったと思います。

鍼治療

経過

それから約2週間後に二回目の来院。
前回の施術後の報告を聞くと睡眠が3~4時間だったのが7時間寝られたそうです。
睡眠の質が上向きでいたので顔の血色も良くなっていまいした。
でもまだ睡眠には波があるそうで10日程経った時に夜中に起きて動悸がしたそうです。

今回は2回目の鍼施術でしたので、本格的に全身の自律神経機能の調整へ。

更に2週間後(初診から4週後間)
経過は順調でした。
以前よりも確実によく眠れている。
気分の落ち込みはまだ若干あるが、同時に仕事の疲れか、肩や腰の疲労が気になるようになってきた。
きちんと日常の仕事の疲労の自覚が出て来たため、更に今回から自律神経調整に加え、セロトニン分泌の顔面ケアを同時に行う事にしました。
いわゆる美容鍼灸です。


克服まで

美容鍼を体験してくださってからは、更に表情も明るくなり、よりよく笑って頂ける様になりました。
笑う事もとても重要で表情筋は脳と密接に関係していて、笑うと脳血流が良くなり活性化すると云われています。
なので一般的に高齢者の方達には積極的に笑いましょうと云うのはそこからも来ている訳です。
逆に鬱などで悩んでいる方は、表情筋をあまり使わず無表情が多い訳です。

ここまで来ると、あとはきちんと基本的治療をしていけば一気に改善すると確信しました。
そしてこの頃には、メンタルの悩みよりも医療職であるゆう子さんの仕事からくる身体の疲れ、つまりフィジカルの部分のケアがメインになっていった事も確信させる要因でした。
それから間もなくの事、ご本人もだいぶ自信がついて来た様なので思い切って月二回のケアを月一回にして様子を見る事にしました。
するとこちらも経過は順調。更に月一ケアを3回ほど続け、症状も安定。
たまに眠りが浅い時はあるものの、それは仕事がとても忙しく気分が高ぶっている時で、それは誰もが起こりうる事なので問題なし。まずはもう大丈夫と判断。
ここからはお身体の治療(ケア)から、お手入れ(メンテナンス)へ移行。
理想の流れとなりました。


自律神経調整
 

幸せの転機

ゆう子さんとは初診の時から現在までも、よく会話をします。
とにかくゆう子さんは私の話す事をとても素直に聞いてくださいました。

この「素直」さが臨床家とクライアント様の関係にとって凄く重要なのです。
なぜなら「どうせ治らない」と思うと脳の前頭葉が治ろうと云う思いをシャットアウトすると云われており、まずはここのケアから始まるのでとても時間がかかるのです。
ゆう子さんはその様な事は決してなく、身体や日常、はたまた恋愛関連までとても素直に聞いてくださいました。
この彼女の「素直」さがあれば、私は必ず克服できると思っておりました。

そんなこんなで、お身体のメンテナンスに移行してから数回のあくる日・・・
「先生・・・気になる人ができました。」
と嬉しいご報告が。

ゆう子さんはその人との関係が上手くいくかとても不安な感じでしたが、
私はそんな事は“絶対”ないとここでも確信をしておりました笑。
何だかこちらが凄く「ホッコリ」させて頂きました。
つい先ほども、今回のコラムのお話しの確認をゆう子さんに連絡をしましたところ、
明日もその人とお会いするのだと嬉しいご報告もしてくれました!

以下、ゆう子さんからのLINE

患者からのメッセージ

最後に

人生は思いがけない事がきっかけで心身が大きく崩れてしまうことがあります。
そこには無意識にも自律神経が乱れてしまいます。
今回のゆう子さんは症状の克服と共に、最後は素敵な方までゲットしたと云う、まるでドラマの様な出来事ではありますが、
それはあなたを待っている未来なのかもしれません。
このコラムが同じ境遇の方にとって少しの励みになってもらえれば幸いです。

自律神経専門治療――――――――――――――――
吉祥寺安眠道鍼療院
『住所』:東京都武蔵野市吉祥寺本町4-20-15
┗吉祥寺駅より徒歩8分
『メールでお問い合わせ』
https://www.anmin-do.jp/inqfm/general/

『電話』
0422-90-1513
『営業時間』
9:00~20:00(最終受付) / 完全予約制 / 土・日祝診療中
『休診日』水曜日
――――――――――――――――
 


カテゴリ:

< 自律神経と自殺について【番外編 vol.3】  |  一覧へ戻る  |  自律神経とダイエットについて|症例報告 >

同じカテゴリの記事

熱中症と自律神経の関係について 2020年版

本格的な暑さがやってくる季節になりました。梅雨が明ければ一気に真夏に突入です。
しかし、こうなると心配なのが「熱中症」。
そこで今回は、熱中症の症状や予防法、そして自律神経との関係についてお話していきます。


 


【目次】
1.そもそも熱中症って?
2.自律神経が乱れると熱中症になりやすい?
3.熱中症にならないために
4.さいごに

熱中症と自律神経の関係について 2020年版の続きを読む

季節の変わり目による体調の変化について

陽気のいい春が終わり、ジメジメと憂鬱な梅雨の季節がやってきました。
こういった季節の変わり目というのは、体調を崩しやすい時でもあります。
そこで今回は、自律神経の観点からこの時期に気をつけたい体調の変化についてお話ししていきます。


 


【目次】
1. 季節の変わり目の不調は自律神経が原因?
2. 季節の変わり目に起こりやすい体調の変化
3. 元気に季節を乗り越えるために!
4. さいごに

季節の変わり目による体調の変化についての続きを読む

新型コロナによる外出自粛で起こり得る症状について

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の発令から1ヶ月ほどが経ちました。
外出自粛が要請されるなか、みなさま自宅で過ごす時間が大幅に増えたことと思います。
そこで今回は、ずっと家にいることで起こり得る「体調の変化や不調」について
対処法と合わせてご紹介していきます。


【目次】
1.外出自粛でどんな症状が起こる?
2.危険!体の不調を知らせるサイン
3.外出自粛を元気に過ごすために
4.ストレスケアで免疫バランスを整える!

新型コロナによる外出自粛で起こり得る症状についての続きを読む

コロナの外出自粛中に自宅で自律神経を整える方法について

前回のコラムでは、コロナ対策と自律神経についてお話しました。
(前回コラム:https://www.anmin-do.jp/column/entry/post-56/

その中で、自律神経が乱れると免疫が下がって病気のリスクが高まるとして、
「免疫を上げる4つポイント」についてご紹介しましたね。

今回は、特に外出自粛要請や、これに伴うテレワークが増えるなか、
自宅で自律神経を整える方法についてお話していきます。


 

【目次】
1.自律神経が乱れるとどうなる?
2.自宅で自律神経を整える方法
3.さいごに

コロナの外出自粛中に自宅で自律神経を整える方法についての続きを読む

コロナ対策と自律神経について

世界的に猛威を振るっている「新型コロナウィルス」。
日本でも感染者が急増しています。

東京都などの首都圏では、
リモートワークや時差出勤、週末・夜間の外出自粛などが要請されており、
そのために普段と違う生活を送っているという方も多いと思います。

そこで今回は、コロナ対策による生活リズムの変化で気をつけたいポイントについ

自律神経や免疫システムの観点からお話していきます。


【目次】
1.生活リズムの変化に注意!
2.自律神経の乱れで免疫が下がる?
3.免疫を上げる4つポイント
4.さいごに

コロナ対策と自律神経についての続きを読む