HOME > 自律神経 コラム > 自律神経 > 宅飲みに注意!アルコールと自律神経の関係について

自律神経 コラム

< コロナ対策における自律神経と免疫の関係について  |  一覧へ戻る  |  自律神経を整えて強い体を作る|お役立ち情報|2020年総集編 >

宅飲みに注意!アルコールと自律神経の関係について

今年はコロナの影響で、「外で飲むのは控えて自宅で…!」という方も多いはず。
ただ、そのせいでお酒の量が増えてしまうというケースもあるようです。

そこで今回は、アルコールが体や自律神経に与える影響とともに、
楽しく宅飲みするための方法についてご紹介していきます。



【目次】
1.最近増えている「宅飲み」に注意!
2.お酒を飲むと自律神経はどうなる?
3.宅飲みを楽しくする4つのポイント
4.さいごに

1. 最近増えている「宅飲み」に注意!

外出自粛や在宅勤務によって、自宅でお酒を飲む機会が増えていますよね。
ひとりでしっぽり晩酌する方や、友人同士でオンライン飲みをしている方も多いかもしれません。

自宅という気楽さが魅力の宅飲みですが、帰らなくて済むという安心感から長時間にわたって飲み続けてしまいがち。
特に在宅勤務の方などは、つい夕方から飲み始めてダラダラと夜遅くまで晩酌が続いてしまう…という日もあるのではないでしょうか。

飲む時間が長ければ、その分さらに飲酒量も増加。
「自分がどれだけ飲んだかよく分からない…」という方も多いようです。

コロナの不安やストレスもあってお酒に頼ってしまう面もあるかもしれませんが、
多量の飲酒は健康に悪影響を及ぼすことは自明の事実。

改めて、お酒が体にどのような影響を与えるのか見ていく必要がありそうです。



2.お酒を飲むと自律神経はどうなる?

程良い飲酒は病気のリスクを下げ、健康に良いとも言われています。
たしかに“適度”なアルコールは、自律神経の1つである副交感神経を適度に優位にさせ、気持ちをリラックスさせてくれることがわかっています。

とはいえ、お酒は一種の刺激物。
ひとたび飲みすぎてしまえば逆に交感神経が過敏になり、副交感神経の働きを低下させてしまいます。

深酒すればするほど体内にアルコールが長く残り、その間ずっと交感神経は刺激され続けることに。すると、血管が収縮して血行が悪化…。
血流が悪くなるのはそれだけでもリスクですが、そこに追い打ちをかけるように飲酒による脱水で血液はさらにドロドロな状態になります。
そして、病気のリスクをますます高めることになってしまうのです。

このようにアルコールは、肝臓や心臓などの臓器に直接負担を与えるだけでなく、自律神経のバランスを乱す要因にもなります。
過度なお酒に良いことはないので、自宅で飲む場合でも、くれぐれも飲みすぎないよう注意が必要です。

飲酒と自律神経の関係については、当院のこちらのコラムも参考にしてくださいね。
「自律神経と飲酒の関係について」
https://www.anmin-do.jp/column/entry/post-52/


3. 宅飲みを楽しくする4つのポイント

コロナ禍でも楽しくお酒をたしなむにはどのような点に気をければ良いのでしょうか。
いくつかポイントを見てみましょう。


① 終わりの時間を決めておく
自宅での飲酒、とりわけオンライン飲みなどは、終電を気にする必要がないため、終わらせ時が難しいという難点があります。
そのため、飲み始める前に「今日は10時まで」などと終わりの時間をあらかじめ決めておきましょう。
終わりを決めておけば、「時間が来たから今日はここまで!」と切り出しやすいかもしれませんね。


② お酒の量をチェックする
当然ながら、自宅では店員さんへのオーダーやお会計がないため、自分がどれだけ飲んだのか把握しにくく、普段の飲み会より飲みすぎてしまうことがよくあるようです。
そのため、自宅で飲む時は「今日は缶酎ハイ2本まで」などとあらかじめ決めておくと安心です。

ちなみに適度な飲酒量は、厚生労働省の指標によれば1日当たり20g。
ただ、純粋なアルコール量はお酒の量と必ずしもイコールではなく、アルコール度数や比重から計算する必要があります。
こちらのキリンのウェブサイトでは「純アルコール量」の計算ができるので、ぜひ宅飲みの際に活用してみてくださいね。
https://www.kirin.co.jp/csv/arp/proper/check_list.html


③ チェイサーを活用する
また、チェイサーやノンアルコールドリンクを適度に挟みながら飲むのもおすすめです。
脱水の防止や二日酔いの軽減にもなるので、できるだけお酒と同じ量のお水を飲むようにしましょう。

飲み会というとノンアルコールを頼みにくい雰囲気もあるかもしれませんが、その点オンラインなら気兼ねなく好きなものが飲めます。
ここは通常の飲み会にはない大きなメリットかもしれませんね。


4. さいごに

いよいよ年の瀬が迫り、お酒を飲む機会も増える季節柄。
特に今年は自宅で飲む機会も増えるかと思いますので、飲みすぎには意識して注意する必要がありそうです。
飲みすぎを防いで体に優しい宅飲みで楽しんでくださいね。

二日酔いにならない呑みかたや、対処法はまた時を改めて笑!



【参考】
厚生労働省 e-ヘルスネット
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-03-003.html
日本アルコール関連問題学会
https://www.j-arukanren.com/pdf/20200602_COVID-19.pdf

カテゴリ:

< コロナ対策における自律神経と免疫の関係について  |  一覧へ戻る  |  自律神経を整えて強い体を作る|お役立ち情報|2020年総集編 >

同じカテゴリの記事

自律神経を整えて強い体を作る|お役立ち情報|2020年総集編

いよいよ2020年も残り僅かとなりました。
新型ウイルスの発現で、多くの人が新たな生活様式を迫られました。

このコラムでは、自律神経を絡めた健康に関するお話をしてまいりました。

今回は総まとめとして、
今年のコラムから「自律神経を整えて強い体を作るために役立つ情報」を
ピックアップしてご紹介します。


 

【目次】
1.まずは自律神経のおさらい!
2.自律神経と免疫
3.自律神経と外出自粛
4.自律神経と宅飲み
5.さいごに

自律神経を整えて強い体を作る|お役立ち情報|2020年総集編の続きを読む

コロナ対策における自律神経と免疫の関係について

冬が近づき、寒さや乾燥が身に染みる季節となりました。

今年は風邪やインフルエンザに加えて、
新型コロナウイルスにも注意を払う必要があります。

そこで今回は、コロナ禍における自律神経機能の重要性や、
免疫バランスを維持する対策法についてお話していきます。






【目次】
1.新型コロナウイルスに注意!
2.自律神経と免疫の関係について
3.自律神経のバランスを整えて免疫バランスを維持する方法は?
4.さいごに

コロナ対策における自律神経と免疫の関係についての続きを読む

季節の変わり目による体調の変化について|2020年秋版

暑い夏が終わってホッと一息つく間もなく、
一気に肌寒い日が多くなってきましたね。

そんな季節の変わり目は、「風邪ではないけど、なんか最近調子悪いかも…」と、
何となく体調が悪いという方も増えてきます。

そこで今回は、
季節が冬に変わる今の時期も健康で過ごすために
気をつけたいことについてご紹介していきます。



【目次】
1.季節の変わり目に体調を崩す原因は?
2.元気に過ごすためのヒント
3.おわりに

季節の変わり目による体調の変化について|2020年秋版の続きを読む

自律神経の乱れと肩こりの関係について

皆さんこんにちは、鍼職人Kです!お変わりなくお過ごしですか!?
テレワークが主流になりつつある昨今、
通勤時間がない分増えるのは、「パソコン作業」と、そして日々の身体の疲れ...
そんな時の自己流のマッサージやストレッチ…。

そこのあなた!
何をしても良くならない「肩こり」にお困りではありませんか?
そのガンコな肩こり、実は自律神経が乱れているせいも原因の一つかもしれませんよ!

そこで今回は、自律神経の乱れと肩こりとの関係や、その対処法についてお話していきます。


 

【目次】
1.肩こりになりやすい生活習慣
2.肩こりにつながる自律神経の乱れをチェック
3.肩こりを解消する対処法
4.さいごに

自律神経の乱れと肩こりの関係についての続きを読む

腰痛と自律神経の関係について

今年は新型コロナウイルスの影響で自宅にいる時間が増え、
運動不足などから腰痛に悩んでいるという方も多いようです。

腰の痛みはガンコなものですから、
「いくらマッサージしても治らない…!」とお困りの方も多いのではないでしょうか。
実はその腰痛、自律神経の乱れが関係しているかもしれません。




【目次】
1.腰痛の原因
2.自律神経の乱れが腰痛を引き起こす?
3.腰痛の対処法
4.さいごに

腰痛と自律神経の関係についての続きを読む