HOME > 自律神経 コラム > 自律神経 > 正月太りと自律神経の関係について

自律神経 コラム

< 休み明けの体調不良と自律神経の関係について  |  一覧へ戻る  |  風邪の予防と自律神経との関係 >

正月太りと自律神経の関係について

1.正月太りはなぜ起きる!?

あるアンケート調査をみると、「約7割」の方が年末年始に太ってしまったと回答し、増えた体重は大体「平均2キロほど」だったそうです。
ではなぜ、お正月にみんな太ってしまうのでしょうか?
「なんとなく理由は分かっている…」という方も多いかと思いますが、正月太りのよくある原因を見てみましょう。



おせちは糖分や塩分が多い

甘く炊いた黒豆やほんのり甘い伊達巻、味付けがしっかりした煮物など。
お正月のおせちは、数日間保存できるようにするため、糖分や塩分が多めになっています。
糖分を多く摂ると太りやすいのはよく分かるかと思いますが、塩分も摂りすぎると水分をため込もうとするため太りやすくなるのです。

 

おもちはお米の圧縮版

お雑煮や磯辺焼きでつい食べ過ぎてしまうおもち。
カロリーをみると、一般的なおもち2個で白米お茶碗約1杯分という計算になります。
ネット上では「お米.zip」などという、恐ろしいパワーワードもあるほど。
小さくて手軽にパクパク食べてしまうおもちですが、「2個食べたらお茶碗1杯分!」と意識しておく必要がありそうです。



睡眠リズムが崩れる

「おせち」や「おもち」といった食べものに関する話から一転、ここでは睡眠の話になります。
というのも、睡眠のリズムが崩れると、実は「自律神経のバランス」にも影響を及ぼすためです。
では「自律神経のバランス」が、なぜ正月太りの解消に大切になるのか、次章で見ていきましょう。
 


正月太りはなぜ起きる

2.自律神経で正月太りを解消?

正月太りを解消したい時に、なぜ自律神経のバランスが大切になるのか。
それは、自律神経の働きによって「満腹」や「空腹」を感じるからです。

人間は食べ物を食べると、脳の視床下部にある「満腹中枢」「摂食中枢」が刺激されます。
そして、自律神経の働きによって血糖がコントロールされて、「満腹感」や「空腹感」を覚えるようになるのです。

つまり、自律神経が正常に働いていれば、「満腹」や「空腹」をきちんと感じられるので、食べすぎを抑えることができるはずなのです。

お正月は、夜中の初詣や初日の出で夜ふかしをすることが多くなります。
そうして睡眠のリズムが崩れてしまうと、自律神経の乱れによって、「つい食べ過ぎてしまった…」といったことが起こりやすくなります。
そのためお正月というのは、普段の生活よりも食べ過ぎには気をつけておかなければならない時!
お正月が終わったら、「早寝早起き」「しっかり睡眠をとる」といったように、早めに通常の生活リズムを取り戻して、自律神経のバランスを整えるようにしましょう。

 

自律神経で正月太りを解消

3.正月太りの対策

お正月についた脂肪はまだつきたてなので、がんばれば落としやすいのが特徴です。
ダイエットは結局「食べる量」と「運動」(摂取と消費)が大切だったりしますが、ここでおすすめしたい正月太りの対策は、「いち早くいつもの生活にリズムに戻すこと」。
先ほどお話ししたように、通常の生活リズムを取り戻すことで自律神経が整えば、食欲のコントロールもしやすくなるとは思いませんか!?
また、夜ふかしを避けてしっかり寝ることも大切。
睡眠リズムが整えば、自律神経もしっかり働くようになり、食べ過ぎてしまうのを抑えやすくなります。



正月太りの対策

4.さいごに

2020年を充実した年にするためにも、お正月についた余分な脂肪は早いうちにスッキリさせておきたいですよね。
「今年こそは運動する習慣をつける!」といった目標をたてる方も多いかもしれません。
もちろん体を動かすことは、ダイエットにはとても大切なことです。
しかし、運動だけではなく、自律神経のバランスを整えることも大切。
当院安眠道鍼療院では、健康的にダイエットをするためのお手伝いをさせていただきます。
今なら!
『鍼職人K直伝「2か月で健康的に8kg減!」の方法を、自身の結果を基に、内緒でお話します!(3月末日まで)』



自律神経ダイエット
【参考】
Microdiet.net「2020年お正月太りで7割の人が2キロ増!アンケート集計結果発表!」
https://microdiet.net/research/001215/

カテゴリ:

< 休み明けの体調不良と自律神経の関係について  |  一覧へ戻る  |  風邪の予防と自律神経との関係 >

同じカテゴリの記事

熱中症と自律神経の関係について 2020年版

本格的な暑さがやってくる季節になりました。梅雨が明ければ一気に真夏に突入です。
しかし、こうなると心配なのが「熱中症」。
そこで今回は、熱中症の症状や予防法、そして自律神経との関係についてお話していきます。


 


【目次】
1.そもそも熱中症って?
2.自律神経が乱れると熱中症になりやすい?
3.熱中症にならないために
4.さいごに

熱中症と自律神経の関係について 2020年版の続きを読む

季節の変わり目による体調の変化について

陽気のいい春が終わり、ジメジメと憂鬱な梅雨の季節がやってきました。
こういった季節の変わり目というのは、体調を崩しやすい時でもあります。
そこで今回は、自律神経の観点からこの時期に気をつけたい体調の変化についてお話ししていきます。


 


【目次】
1. 季節の変わり目の不調は自律神経が原因?
2. 季節の変わり目に起こりやすい体調の変化
3. 元気に季節を乗り越えるために!
4. さいごに

季節の変わり目による体調の変化についての続きを読む

新型コロナによる外出自粛で起こり得る症状について

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の発令から1ヶ月ほどが経ちました。
外出自粛が要請されるなか、みなさま自宅で過ごす時間が大幅に増えたことと思います。
そこで今回は、ずっと家にいることで起こり得る「体調の変化や不調」について
対処法と合わせてご紹介していきます。


【目次】
1.外出自粛でどんな症状が起こる?
2.危険!体の不調を知らせるサイン
3.外出自粛を元気に過ごすために
4.ストレスケアで免疫バランスを整える!

新型コロナによる外出自粛で起こり得る症状についての続きを読む

コロナの外出自粛中に自宅で自律神経を整える方法について

前回のコラムでは、コロナ対策と自律神経についてお話しました。
(前回コラム:https://www.anmin-do.jp/column/entry/post-56/

その中で、自律神経が乱れると免疫が下がって病気のリスクが高まるとして、
「免疫を上げる4つポイント」についてご紹介しましたね。

今回は、特に外出自粛要請や、これに伴うテレワークが増えるなか、
自宅で自律神経を整える方法についてお話していきます。


 

【目次】
1.自律神経が乱れるとどうなる?
2.自宅で自律神経を整える方法
3.さいごに

コロナの外出自粛中に自宅で自律神経を整える方法についての続きを読む

コロナ対策と自律神経について

世界的に猛威を振るっている「新型コロナウィルス」。
日本でも感染者が急増しています。

東京都などの首都圏では、
リモートワークや時差出勤、週末・夜間の外出自粛などが要請されており、
そのために普段と違う生活を送っているという方も多いと思います。

そこで今回は、コロナ対策による生活リズムの変化で気をつけたいポイントについ

自律神経や免疫システムの観点からお話していきます。


【目次】
1.生活リズムの変化に注意!
2.自律神経の乱れで免疫が下がる?
3.免疫を上げる4つポイント
4.さいごに

コロナ対策と自律神経についての続きを読む