HOME > 自律神経 コラム > 自律神経 > 正月太りと自律神経の関係について

自律神経 コラム

< 休み明けの体調不良と自律神経の関係について  |  一覧へ戻る  |  風邪の予防と自律神経との関係 >

正月太りと自律神経の関係について

1.正月太りはなぜ起きる!?

あるアンケート調査をみると、「約7割」の方が年末年始に太ってしまったと回答し、増えた体重は大体「平均2キロほど」だったそうです。
ではなぜ、お正月にみんな太ってしまうのでしょうか?
「なんとなく理由は分かっている…」という方も多いかと思いますが、正月太りのよくある原因を見てみましょう。



おせちは糖分や塩分が多い

甘く炊いた黒豆やほんのり甘い伊達巻、味付けがしっかりした煮物など。
お正月のおせちは、数日間保存できるようにするため、糖分や塩分が多めになっています。
糖分を多く摂ると太りやすいのはよく分かるかと思いますが、塩分も摂りすぎると水分をため込もうとするため太りやすくなるのです。

 

おもちはお米の圧縮版

お雑煮や磯辺焼きでつい食べ過ぎてしまうおもち。
カロリーをみると、一般的なおもち2個で白米お茶碗約1杯分という計算になります。
ネット上では「お米.zip」などという、恐ろしいパワーワードもあるほど。
小さくて手軽にパクパク食べてしまうおもちですが、「2個食べたらお茶碗1杯分!」と意識しておく必要がありそうです。



睡眠リズムが崩れる

「おせち」や「おもち」といった食べものに関する話から一転、ここでは睡眠の話になります。
というのも、睡眠のリズムが崩れると、実は「自律神経のバランス」にも影響を及ぼすためです。
では「自律神経のバランス」が、なぜ正月太りの解消に大切になるのか、次章で見ていきましょう。
 


正月太りはなぜ起きる

2.自律神経で正月太りを解消?

正月太りを解消したい時に、なぜ自律神経のバランスが大切になるのか。
それは、自律神経の働きによって「満腹」や「空腹」を感じるからです。

人間は食べ物を食べると、脳の視床下部にある「満腹中枢」「摂食中枢」が刺激されます。
そして、自律神経の働きによって血糖がコントロールされて、「満腹感」や「空腹感」を覚えるようになるのです。

つまり、自律神経が正常に働いていれば、「満腹」や「空腹」をきちんと感じられるので、食べすぎを抑えることができるはずなのです。

お正月は、夜中の初詣や初日の出で夜ふかしをすることが多くなります。
そうして睡眠のリズムが崩れてしまうと、自律神経の乱れによって、「つい食べ過ぎてしまった…」といったことが起こりやすくなります。
そのためお正月というのは、普段の生活よりも食べ過ぎには気をつけておかなければならない時!
お正月が終わったら、「早寝早起き」「しっかり睡眠をとる」といったように、早めに通常の生活リズムを取り戻して、自律神経のバランスを整えるようにしましょう。

 

自律神経で正月太りを解消

3.正月太りの対策

お正月についた脂肪はまだつきたてなので、がんばれば落としやすいのが特徴です。
ダイエットは結局「食べる量」と「運動」(摂取と消費)が大切だったりしますが、ここでおすすめしたい正月太りの対策は、「いち早くいつもの生活にリズムに戻すこと」。
先ほどお話ししたように、通常の生活リズムを取り戻すことで自律神経が整えば、食欲のコントロールもしやすくなるとは思いませんか!?
また、夜ふかしを避けてしっかり寝ることも大切。
睡眠リズムが整えば、自律神経もしっかり働くようになり、食べ過ぎてしまうのを抑えやすくなります。



正月太りの対策

4.さいごに

2020年を充実した年にするためにも、お正月についた余分な脂肪は早いうちにスッキリさせておきたいですよね。
「今年こそは運動する習慣をつける!」といった目標をたてる方も多いかもしれません。
もちろん体を動かすことは、ダイエットにはとても大切なことです。
しかし、運動だけではなく、自律神経のバランスを整えることも大切。
当院安眠道鍼療院では、健康的にダイエットをするためのお手伝いをさせていただきます。
今なら!
『鍼職人K直伝「2か月で健康的に8kg減!」の方法を、自身の結果を基に、内緒でお話します!(3月末日まで)』



自律神経ダイエット
【参考】
Microdiet.net「2020年お正月太りで7割の人が2キロ増!アンケート集計結果発表!」
https://microdiet.net/research/001215/

カテゴリ:

< 休み明けの体調不良と自律神経の関係について  |  一覧へ戻る  |  風邪の予防と自律神経との関係 >

同じカテゴリの記事

風邪の予防と自律神経との関係

2月になり急に寒い日が続いて空気も乾燥するこの季節、
風邪やインフルエンザなどへの対策をしっかりしたいものですよね。
手洗いやうがいはしているけど、「もっと体の中から対策できることはないのかな?」
と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、風邪を予防するために、
自律神経を整えて強い体を作るポイントについてお話していきます。


 


【目次】
1.風邪の予防に大切なのは免疫システム
2.免疫のために自律神経を整えよう
3.自律神経を整えて免疫を上げるための3つのポイント
4.さいごに

風邪の予防と自律神経との関係の続きを読む

休み明けの体調不良と自律神経の関係について

2020年、あけましておめでとうございます!
今回のお正月休暇は、少し長めの9連休という方が多かったのではないでしょうか。
長いお休みはうれしいものですが、
その分休み明けからの仕事がつらく感じている方も多いのではないでしょうか!?

さらに、だるさや食欲不振といった体調不良に陥る方も多く見られるようですが、
今回はそんな長期の休み明けに陥りやすい体調不良について
“自律神経を整える”という観点からお話していきます。


休み明けの体調不良と自律神経の関係

【目次】
1.休み明けに多い症状
2.休み明けの体調不良の主な3つの原因
3.休み明けを元気に過ごすには?
4.さいごに

休み明けの体調不良と自律神経の関係についての続きを読む

2019年版|自律神経について

2019年も終わりに近づいてきましたね。
このコラムでは、自律神経について様々なテーマと絡めてご紹介してきました。
そこで今回は、2019年の総まとめとして、
今年書いたコラムから「自律神経を整えるのに役立つ情報」をピックアップして、まとめてみました。

自律神経まとめ

【目次】
1. 自律神経は体のすべてに影響する
2. 自律神経と風邪
3. 自律神経と不眠症
4. 自律神経と肥満
5. さいごに

2019年版|自律神経についての続きを読む

自律神経と飲酒の関係について

今年も師走を迎え、楽しい忘年会シーズンがやってまいりました。
「今日は飲みすぎないぞ!」と心に決めても、楽しさのあまりつい飲みすぎてしまい、
翌日に激しく後悔する…なんて日も多くなる季節です。

そこで今回は、飲酒が体や自律神経に与える影響や、
体への負担を少なくして楽しくお酒を飲む方法についてお話していきます。


【目次】
1.適量のお酒で病気リスクが減る?
2.適量のお酒とは?
3.飲酒をすると自律神経はどうなるのか
4.楽しくお酒を飲むために!
5.さいごに

自律神経と飲酒の関係についての続きを読む

自律神経と頭痛

ふとした瞬間に襲ってくる頭痛。
ジンジン…ズキズキ…。
頭痛持ちといわれる人も多いなか、「薬以外にも何か対策はないのかな…」
とお悩みの方も多いのではないでしょうか!?

今回は、自律神経の調整を得意とする鍼灸のプロが、
頭痛と自律神経の関係や頭痛の予防法について解説していこうと思います。

自律神経と頭痛
【目次】
1. 多くの人を悩ませる「片頭痛」と「緊張性頭痛」
2. 自律神経失調症からの頭痛
3. 頭痛への対処法
4. さいごに

自律神経と頭痛の続きを読む