HOME > 自律神経 コラム > 自律神経 > 最近やる気が出ない。これって五月病!?

自律神経 コラム

< 朝から身体が疲れている!と感じる人へ|自律神経の乱れ!?  |  一覧へ戻る  |  更年期と自律神経の関係について >

最近やる気が出ない。これって五月病!?

ゴールデンウイークも終わり、
また忙しい毎日が始まったのではないかと思いますが、
皆さんお変わりなくお過ごしでしょうか!?


今回の鍼職人Kの簡単な身体のお話は、
この時期によく聞く「やる気がでない...なんだか無気力」といったお話についてです。



最近やる気がでない。五月病?
【関連コラム】
併せてお読みください。

最近、疲れやすい、疲れがとれにくいと感じている人へ
ストレスと無気力について

 


【目次】
・これって五月病!?
・五月病はどんな人がなりやすい!?
・意気込み過ぎは危険??
・睡眠がとれていますか!?
・ポジティブな思考を心がけよう!
・最近眠れない!気が乗らない!と感じる人へ
・最後に

これって五月病!?

皆さん突然ですが..."元気ですか!?"
あの有名プロレスラーのようですが、「元気があれば何でも出来る!」とは正にその通りですよね?

しかし、最近そうともいかない方達もいらっしゃるようです。
よく連休明けにこういった症状が多くみられたことから、「五月病」などといわれますが、近頃でもそうなのでしょうか?

新学期や新社会人・転職なども含め新生活を迎える人に多くみられるもので、
環境の変化や対人関係などに対する"知らずしらず" のうちのストレスや、新生活に対し最初は意気込んで張り切っていたものの、長期の休みにより緊張の糸が切れてしまった状態であるとも言えるのではないでしょうか?

それにより、環境に適応出来なくなり、意欲や気力が出ない状態・症状であると言われますので、なにも五月に限らずとも日常的に誰もが直面する可能性がありますから五月病はもしかしたら正式な病名ではないのかも知れませんが、
このコラムでは便宜上、五月病として進めていきます。

意欲や気力が出ない

五月病はどんな人がなりやすい!?


この五月病ですが、どんな人がなりやすいのでしょう?
よくいわれるのが、真面目な人と言いますか「生真面目」な人。
「こうこうすべき」とか「こうかくあるべき」など、
完璧を求めがちで理想を高く掲げるような人がなりやすいといわれております。


意気込み過ぎは危険??


とかく完璧主義者や理想を高く持つ方々は「白」か「黒」かをはっきりとつけたがる傾向にあると言いますが、
私たちは実は「グレー」の考えが出来るからこそ、正常に生活し、そして社会人として生きていけるのです。
「いいかげん」ではだめかも知れませんが「良い加減」
「いい塩梅」が良いのではないでしょうか!?

新生活が始まり、何事も最初は未経験、そこから皆、同様に色々失敗をして成長していきます。
新人の方々に多いようですが、結果を出そうと意気込み過ぎ、うまくいかず新年度のモチベーションが維持できず、
現実と当初の理想とのギャップについて行くことが大変でやる気を少しずつ失い、体調を崩していってしまう...という状況も少なからず聞こえてきます。

そんな時にまずは、肩の力を抜いて大きくため息ひとつ。そして周りを見渡して自分のいる位置を改めて確認してみてはどうでしょう。「勇気と無謀」「頑張りと無茶」は似て非なるものですのでくれぐれもお気をつけを!

意気込み過ぎは危険??

睡眠がとれていますか!?

現代社会は「知らずしらず」のストレスが溜まっていきます。
実はこれが結構厄介なのです。
言い方が極端ですが、火傷に例えるならば「低温やけど」のようなもので、深部まで症状が行き治りが遅くなりがちになってしまう恐れがあります。

しかも、今年は激しい寒暖差に見舞われ、冷房と暖房を日替わりで使うなど、昔ではあり得ない気候となっております。
こんなのでは、「自律神経」のバランスも乱れ、更に先の様な状態・症状に追い打ちをかけてしまいます。
今年の新年度は例年よりも身体にかかる負担は大きいのは言うまでもありません。



ポジティブな思考を心がけよう!

私は常々皆さんに「最近面白いことありましたか!?」
と聞くことにしております。
それは、日常でどの様に息抜き出来ているか確認をする為です。

"ライブに行きました!"とか"温泉行ってきました!"など聞くと少し安心するのですが、一番心配するのは...
「家と会社の往復です」「酒を呑んでついつい深酒です」などと聞くと少し切り込んで会話させて貰っております。
もしこの様な状況ならば、自律神経のバランスを大いに乱している可能性がありますので。
以前、コラムでもお話したかも知れませんが、男性と女性ではリラックス法が少し違う様です。

男性のリラックス法は「趣味」や「コレクション」に没頭する事。女性は「気の置けない仲間とおしゃべり」をする事だそうです。
思えば、男性は子供の頃から石ころ集めから始まり、どうでもいい枝を集めたり、そしてお小遣いでキャラ消しゴムやらゲームのカセットなどを集めましたよね!?私もそうでした。友達とキャラ消しゴムを交換したりまた、ならべて眺めるだけで無性に楽しかった思い出があります。

逆に女性の皆さんは、このおしゃべりで大いに思い当たる事があるのではないでしょうか!?お冷一杯で長時間会話できますよね笑!?こういった行動で普段の忙しい生活から「脳」を楽しませる時間を少しずつ作っていってみてください。

ポジティブな思考

最近眠れない!気が乗らない!と感じる人へ

もし...これを読んでいる方で、大好きな趣味に最近興味がわかない。
仲が良い友達と会うのが面倒くさいし、最近眠れない...
などが数週間に渡っている場合は、少し心が疲れている可能性があります。
そこから無茶をすると、本格的に身体を壊してしまう事が多いので、少し小休止をしてはいかがでしょうか?
「ストレスははきだしましょう!」


ストレス発散

最後に

それでも、今ひとつ体調の不具合が続く場合にはやはり専門機関に相談をお勧めします。
決して一人で抱え込まず、誰かに口を開いて話してみてください。話して楽になる事も必ずありますから。
その為に我々のような人間達がいるのです。
ある資料によると、「孤独は一日15本の喫煙に匹敵するほど身体に害がある」とも言われているそうですので、くれぐれも無茶は禁物です!

参考資料:世界一孤独な日本のオジサン (角川新書)

カテゴリ:

< 朝から身体が疲れている!と感じる人へ|自律神経の乱れ!?  |  一覧へ戻る  |  更年期と自律神経の関係について >

同じカテゴリの記事

熱中症と自律神経の関係について 2020年版

本格的な暑さがやってくる季節になりました。梅雨が明ければ一気に真夏に突入です。
しかし、こうなると心配なのが「熱中症」。
そこで今回は、熱中症の症状や予防法、そして自律神経との関係についてお話していきます。


 


【目次】
1.そもそも熱中症って?
2.自律神経が乱れると熱中症になりやすい?
3.熱中症にならないために
4.さいごに

熱中症と自律神経の関係について 2020年版の続きを読む

季節の変わり目による体調の変化について

陽気のいい春が終わり、ジメジメと憂鬱な梅雨の季節がやってきました。
こういった季節の変わり目というのは、体調を崩しやすい時でもあります。
そこで今回は、自律神経の観点からこの時期に気をつけたい体調の変化についてお話ししていきます。


 


【目次】
1. 季節の変わり目の不調は自律神経が原因?
2. 季節の変わり目に起こりやすい体調の変化
3. 元気に季節を乗り越えるために!
4. さいごに

季節の変わり目による体調の変化についての続きを読む

新型コロナによる外出自粛で起こり得る症状について

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の発令から1ヶ月ほどが経ちました。
外出自粛が要請されるなか、みなさま自宅で過ごす時間が大幅に増えたことと思います。
そこで今回は、ずっと家にいることで起こり得る「体調の変化や不調」について
対処法と合わせてご紹介していきます。


【目次】
1.外出自粛でどんな症状が起こる?
2.危険!体の不調を知らせるサイン
3.外出自粛を元気に過ごすために
4.ストレスケアで免疫バランスを整える!

新型コロナによる外出自粛で起こり得る症状についての続きを読む

コロナの外出自粛中に自宅で自律神経を整える方法について

前回のコラムでは、コロナ対策と自律神経についてお話しました。
(前回コラム:https://www.anmin-do.jp/column/entry/post-56/

その中で、自律神経が乱れると免疫が下がって病気のリスクが高まるとして、
「免疫を上げる4つポイント」についてご紹介しましたね。

今回は、特に外出自粛要請や、これに伴うテレワークが増えるなか、
自宅で自律神経を整える方法についてお話していきます。


 

【目次】
1.自律神経が乱れるとどうなる?
2.自宅で自律神経を整える方法
3.さいごに

コロナの外出自粛中に自宅で自律神経を整える方法についての続きを読む

コロナ対策と自律神経について

世界的に猛威を振るっている「新型コロナウィルス」。
日本でも感染者が急増しています。

東京都などの首都圏では、
リモートワークや時差出勤、週末・夜間の外出自粛などが要請されており、
そのために普段と違う生活を送っているという方も多いと思います。

そこで今回は、コロナ対策による生活リズムの変化で気をつけたいポイントについ

自律神経や免疫システムの観点からお話していきます。


【目次】
1.生活リズムの変化に注意!
2.自律神経の乱れで免疫が下がる?
3.免疫を上げる4つポイント
4.さいごに

コロナ対策と自律神経についての続きを読む