HOME > コラム > 自律神経 > 不眠の克服|症例報告

コラム

< バセドウ病と自律神経の症例報告  |  一覧へ戻る  |  花粉症について2018年版 >

不眠の克服|症例報告

皆さんこんにちは。
少し暖かい日があるようになったと同時に、
花粉も飛び始める時期になってきましたがいかがお過ごしでしょうか?

今回の鍼職人Kのクライアント様のお話しは、
マコトさん(仮名)20代女性、美容部員の方のお話しです。


不眠の克服 【長年の不眠と眼精疲労への苦しみが克服できた症例報告】



【目次】
・主訴
・来院のきっかけ
・不眠・眼精疲労の原因は・・?
・治療計画
・経過良好
・まとめ

主訴

不眠・眼精疲労・PMS(Premenstrual Syndrome 月経前症候群)
※PMSとは・・月経前のホルモンバランスの変動により、100種以上の症状があると言われています。
※人により症状は様々です。

【PMSによる症状例】
  • イライラしたり落ち着かない。
  • 集中力が低下する。
  • 急に悲しくなる。
  • 焦燥感を感じる。
  • 人あたりが強くなる。
  • 肌荒れ。
  • 眠気が伴う。
  • 不眠になったりする。
マコトさんの場合は、特に気分が落ち着かずイライラする事に悩まれていました。
それらに付随する、肩こりや首のこり、頭痛など。

その辛い症状が6~7年前の大学生くらいの頃から続いていたそうです。
当時の睡眠時間は平均4時間ほどで、眠れずに朝を迎え大学に行く事も珍しくはなかったそうです。
初診の時も、朝6:00くらいにウトウトして9:00には目が覚めてこちらにご来院したと仰っておりました。
通常の睡眠は、我々動物にとっては生きていく為の本能であって、必要なものである事は皆さんもご存じだと思いますが、
マコトさんの場合は完全な睡眠障害のように感じました。

また、この睡眠障害の中でも夜に全く寝付けない事をいわゆる「不眠症」として
その状態が週に2~3日ほどでも、1か月以上続くと積極的治療を勧められる事が多いようです。

マコトさんの症状は毎日続き、それも何年も続いてきたのですから、
かなり辛い思いをされて来たのだという事は容易に想像出来ました。
不眠症の約5割は、うつ病などのメンタルヘルス系であるといわれておりますが、
マコトさんはメンタル系には異常がない事から、原因は他にあると考えられました。

PMS

来院のきっかけ

不眠のお悩みはもちろんでしたが、それは長年の事なので慣れていて(本当はいけない事です)、
それより眼精疲労が強く眼科に行った時に眼科医から「40代の眼だ」と言われてたのがショックで、
また長年の不眠のせいで自律神経のバランスも乱れているに違いないと危機感を感じられ、すぐにネットで検索されて当院を見つけてご来院されました。
恐らく眼の症状は、眠れないことからスマホに手を伸ばし、ずっと長時間に渡り眼を休めることなく使っていた結果なのでしょう...。


不眠・眼精疲労の原因は・・?

もう何年も前からだからと言いながらもゆっくり丁寧に当時のことを思い出してお話してくださいました。

そのお話しを整理すると、
大学生になり上京し、環境が変わり東京の生活になじむ事が出来ずに時が過ぎて行き、
同時に学業が忙しくなっていった結果、ストレスから睡眠のバランスを崩して行かれたようでした。
就職しても美容部員という接客業であるので、早番・遅番などのシフト制は当たり前な勤務であることから時間も不規則で、
睡眠リズムを回復するどころか、もっと崩れやすい環境下での生活となってしまいました。

それによる眠れないことにスマホでSNSを見たりネットショッピングをしたりと云う更に悪循環に陥ってしまったようでした。

眼精疲労

治療計画

自律神経のバランスの乱れと不眠は、安眠道鍼療院の言わば真骨頂です!!

まずは、初回にしっかり問診を30分ほど行い、十分お話しを聞いた上で、全身治療の自律神経調整をスタートしました。
初回施術の時点で、マコトさんの場合は比較的早く不眠は解消できるのではないかと確信しておりました。
それは、やはり年齢の若さです。まだ20代は自律神経のバランスも整いやすい為、しっかりケアをすると早めに改善される方が多いように見受けられるからです。

まずは、首から始め全体の筋肉の過緊張を取り、
その後に自律神経調整を行いながらPMS対策を同時進行しました。

治療後のマコトさんの感想は、視界の鮮明さ、首、肩の軽さ、お風呂に入った後の様な"ホワッ"とした感じでした。
実はこの"ホワッ"とした感じが重要で、この感覚がセロトニンや脳血流が増え、また「副交感神経」がほんのり優位になっているベストな状態なのです。
大抵の方からは「このまま寝て帰りたい。。。」と仰って頂いております笑。
良い感じを得て、2回目は更にしっかり身体に良い方向づけをする為に、2週間後にまたお約束をして帰られました。


経過良好

月二回のケアをしっかりと行った結果、
2ヶ月後には朝方までウトウト出来なかったのが、0:00を過ぎた頃から少しずつ眠くなり、7:00前まで睡眠が出来るようになりました。

更にその一ヶ月後には、「7時間」の睡眠がとれるまでに回復!休日も仕事の時の起床時間に一度目は覚めるものの、また眠りにつけるようになられました。
またPMSも順調に軽減されているとの事です。


まとめ

今回のマコトさんの症状は「生理学的原因の不眠」といわれ、シフト勤務や時差ボケ、受験勉強などによる昼夜不規則な生活下において起こりやすい症状です。
軽減法としては、照明を間接照明などにして工夫したり、お気に入りのアロマなどたくのも良いでしょう。
そして、重要な事はマコトさんもやっていた就寝前の"スマホ"この光でいっきに覚醒してしまいますので、
せめて寝る2時間前からは見るのを避ける事をお勧めします。

※参考図書 医学大辞典 南山堂

不眠解消

カテゴリ:

< バセドウ病と自律神経の症例報告  |  一覧へ戻る  |  花粉症について2018年版 >

同じカテゴリの記事

生理痛(月経痛)・PMSのお悩みの人へ

皆さんこんにちは。頻繁の台風到来で気圧の乱高下が激しい昨今ですが、体調は如何ですか?
生前、免疫学の世界的権威の安保徹先生が「梅雨時の晴れ間は虫垂炎(盲腸)が増える」
なぜなら、気圧の乱高下で自律神経のバランスが大きく乱れ、
感染しやすくなるのだとお話されていました。

簡単にお話しますと、台風が近づき天候も悪く気圧も低い。
いわゆる「副交感神経優位」の状態がしばらく続き、
台風が去った後の台風一過で一気に気圧が上がり、
今度は「交感神経」が一気に高まり、副交感神経が低下…

つまり、自律神経が対応しきれなくなるようなイメージですね。
と同時に免疫で大切な「リンパ球」も減少しやすくなる為に、
先述の感染症が起きやすくなると言われているのです。

なぜ冒頭でこのようなお話をしたかと言いますと、私のクライアントさんで、
何と同時期にお二人も急性虫垂炎になった方がおり、その話を思い出したのです。

お二人とも女性。共通点は“前触れなしに来た”そしてその内のお一人は「出産よりきつかった」とお話しておりました。考えるだけでも我々男は様々な箇所が縮み上がる思いですね。

さて、前説はこれくらいにしておいて、今回の簡単な身体のお話の本題は、
生理痛(月経痛)・PMSについてみていきましょう。



自律神経と生理痛、PMSについて 【関連コラム】月経痛(生理痛)・PMSと自律神経の関係について


【目次】
・生理痛(月経痛)とは何か!?
・PMSとは何か!?
・生理(月経)中だからこそ鍼灸治療を!!
・セルフケアとして温活をしよう!

生理痛(月経痛)・PMSのお悩みの人への続きを読む

腰痛の原因と対処法について

皆さんこんにちは。もうすっかり秋ですね。
暑い暑いと言っていたのも何だか懐かしく、
今では肌寒い日がある今日この頃ですが、皆さんお変わりなくお過ごしですか?

今回の鍼職人Kの身体のお話は、
肩こりに続き国民的悩みと言ってもよい「腰痛」についてです。



腰痛


【目次】
・腰痛って?
・年齢でみる腰痛
・腰痛人口は増えている!?
・あなたの腰痛は!?
・自律神経失調症と腰痛
・こんな時には病院へ!

腰痛の原因と対処法についての続きを読む

肩こりと自律神経の関係について

皆さん、もうすっかり秋ですね。

日も短くなり、外では秋の昆虫たちの大合唱で過ごしやすく嬉しいやら…何だか少し寂しいやら…
と言う訳で、少しおセンチに始まりました鍼職人Kの身体の話ですが、
今回はPC・スマホ時代につきもの
「肩こりと自律神経」の関係についてみていきましょう。

肩こりと自律神経の関係について
 



【目次】
・全国お悩みNo.1は肩こり!?
・肩こりって!?
・肩こりの主役!?
・自律神経と肩こりの関係について
・肩こり解消!
・肩こりのセルフケアをやりましょう!
・レッドフラッグ!!
・最後に

肩こりと自律神経の関係についての続きを読む

ストレスでやる気がでない...

皆さんこんにちは。
夏の全国高校野球の熱い決勝戦、秋田の金足農業VS絶対王者大阪桐蔭に触発されたように、
また猛暑が戻った今日この頃ですが、お変わりなくお過ごしでしょうか!?

今回の鍼職人Kの身体のお話は、
最近何だかストレスが多くてやる気が低下気味…と感じている方へ
原因や対処方法などをお話していきたいと思います。

やる気がでない

【目次】
・そもそもストレスって何??
・現代人のストレスは!?
・ストレスが及ぼす自律神経への影響!!
・セロトニンを増やそう!!
・腸と脳は密接な関係が!?
・セルフケアについて
・最後に・・

ストレスでやる気がでない...の続きを読む

最近眠れない・不眠かも!?と思ったら

毎日毎日暑いですね。こんな暑い夏の日々に皆さんは如何お過ごしでしょうか。


何だか最近寝つきが悪い様な気がする…
夜中何度か目が覚めて、そこから「数十分」は眠りにつけない…
夢ばかり見ている… 日中眠くなる…


そして何よりも
「朝起きて疲れている…!?」


こんな状況が思い当たる方、いらっしゃいますか!?


夏バテ睡眠
今の時期は、先ほどの連日の猛暑により室温管理の難しさや、
日が長くなった事により朝明るくなるのが早いので、
どうしても覚醒が早まってしまう等の季節的な要因も睡眠に大きく影響している事は確かです。


しかし、それだけではないのが現実。

あなたの睡眠はなぜ浅いでしょうか!?

安眠(睡眠の質)を確保する為には一体何が必要なのでしょうか?
今回の鍼職人Kの簡単な身体のお話はこの睡眠と自律神経についてです。

 


【目次】
・ブルーライト漬けの現代人
・睡眠とブルーライト
・自律神経とブルーライト
・不眠のまとめ

最近眠れない・不眠かも!?と思ったらの続きを読む