自律神経コラム

ぎっくり腰とは?症状や対処法の解説

腰に激痛が起こり、動くことも難しくなる「ぎっくり腰」
日常生活もままならず、困ってしまいますよね。
そこで今回は、ぎっくり腰の原因や症状、なってしまった時の対処法についてお話していきます。


【目次】
1.ぎっくり腰とは何か
2.ぎっくり腰になったらどうすればいい?
3.ぎっくり腰に良いストレッチ
4.さいごに

1.ぎっくり腰とは何か

いわゆる「ぎっくり腰」とは、突然起こる腰への強い痛みのこと。
その激しい痛みから、「魔女の一撃」と例えられることでも有名ですよね。

発症後すぐはかなり強く痛みますが、多くの場合2~3日すると徐々に和らいできて、1週間ほどするとだいぶ落ち着いてきます。

重い物を持った時、朝洗顔をした時など…。
日常のふとした瞬間に思いがけず起こる「ぎっくり腰」は、正式には「急性腰痛症」ともいわれ、腰まわりの組織が傷つくことが原因と考えられています。

腰にかかる負荷が許容範囲を超えたところで、椎間板や関節、あるいは腰を支える筋肉やすじが損傷、あるいは捻挫したような状態になるケースが多いようです。

慢性的な腰痛とちがい、強い痛みにより腰を前後に曲げることもできず、動くこともままならない…。
では、ある日突然そんな「ぎっくり腰」に見舞われたら、一体どうすれば良いのでしょうか?




2. ぎっくり腰になったらどうすればいい?

急に「グキッ!!」ときたら、誰でもうろたえてしまうもの。
どのように行動すれば良いか、順を追ってみていきましょう。


① 楽な体勢をとって安静にする
まずは落ち着いて楽な姿勢を探ってみましょう。
人によって違いますが、次のようなものが楽な姿勢といわれています。

・ひざを曲げて横向きに寝る
・両足を軽く曲げて仰向けに寝る

ちょうど良さそうな姿勢が見つかったら、なるべく深呼吸をして気持ちを落ち着かせ、ひとまず安静にしましょう。


② 冷やす?温める?
次に気になるのが、痛めた腰を「冷やすべきか」「温めるべきか」という問題。
炎症が起きていると考えれば冷やした方が良さそうですが、結論としては、ご自身が気持ちよく感じる方を選んでください。

人によって腰の状態も違うので、一概に「こうした方が良い」という方法はありません。
実際に試してみて、「これが楽かも」と思える方法を探ってみてください。


③ 2~3日したら通常の生活を送る
ぎっくり腰は、あまり安静にしすぎると治りが遅くなることが分かっています。
そのため2~3日して痛みが治まってきたら、できる範囲で少しずつ通常の生活に戻していきましょう。

いきなり無理に動いて悪化させては元も子もありません。
必ず無理のない範囲で行いましょう。


3. ぎっくり腰に良いストレッチ

少し動けるようになったら、意識的に体を動かすことも大切。
ここでは、ぎっくり腰の改善と予防に効く簡単なストレッチをご紹介します。


① 後ろに反るストレッチ
足は肩幅に広げて立ち、両手を腰に当てます。
手はなるべく、両手の小指同士がくっつくように揃えて当てると効果的です。

そのまま骨盤を前に押し出すイメージで上体を後ろに反らしましょう。
1回につき3秒くらいが目安です。

このストレッチは猫背や腰まわりの血流の悪化を改善し、ぎっくり腰の予防にも役立ちますよ。


② 寝たまま試せるストレッチ
上半身を枕に乗せるようにして、うつぶせに寝ます。
そしてひじを立てて上半身を起こし、腰を反らせるような姿勢をとりましょう。

太ももやお尻ではなく、腰に痛みが響くようならストレッチが効いている証拠。
5秒ほどキープして10回ほど行いましょう。

ただし、元の姿勢に戻しても痛みが引かない場合や、太ももやお尻にしびれを感じる場合は中止してください。
10秒ほどで腰の痛みが軽くなれば続けても問題ありません。

このような動きは、後ろにズレてしまった椎間板を元の位置に戻すようなイメージで行います。
ただ、痛みやしびれがあまりに強くなる場合は注意が必要です。
様子を見ながら慎重に行いましょう。

また上記に加え、腰痛のを訴える方は、足底やふくらはぎ固い方が多く見られます。

テレワーク中にテニスボールで足裏を刺激したり、入浴時には湯船でふくらはぎを両手の親指で「心地よい」程度の刺激を約7秒ずつ位加えてみてください。



4.さいごに

テレワークが主流の現在、圧倒的活動量の低下により、当院にも「先生!腰ッやっちゃいました(泣)!」という方が増えております。実は、急性腰痛は鍼灸治療がとても良いのです(私も腰痛持ちなので)。
そろりそろりと来院して、帰りは普通にお帰りになる方が殆どです。
※重症度により数回来院が必要です。
また、日常生活にも支障をきたすこの「ぎっくり腰」ですが、ただ1点、注意していただきたいことがあります。
もしも、「楽な姿勢が見つからない」等といった場合は、感染性脊椎炎や骨折、がんの転移など、他の重大な病気のサインかもしれません。

少しでも異変を感じたら、すぐに医療機関を受診するようにしてください。

【参考】
慶応義塾病院 医療健康情報サイト
http://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/000033.html

日本脊髄外科学会
http://www.neurospine.jp/original28.html

「ぎっくり腰」の記事

ぎっくり腰とは?症状や対処法の解説

腰に激痛が起こり、動くことも難しくなる「ぎっくり腰」 日常生活もままならず、困ってしまいますよ...

ぎっくり腰の原因と対処について

本格的に寒くなってきた今日この頃、 日々の寒さから身体に力が入ってしまっている方もいらっしゃる...

最新の記事

夏でもカラダが冷えるのはなぜ?夏冷えの原因と温かさを維持する温活法まとめ!

暑かったり肌寒かったり最近それの繰り返しで何だかカラダが冷えて心地よく快適な日常生活を送ることが難し...

あぁ疲れた、口癖になっていませんか?自律神経と疲れの原因について

厳しい暑さが続きコロナ対策による制限を始め様々なガマンを強いられることも多い今日この頃、 心身の疲...

睡眠と自律神経の関係とは?自律神経を整えてぐっすり眠れる毎日を取り戻そう

「寝苦しい夜が毎日続いて眠れない...」 「カラダと気持ちが疲れているのに寝つきが悪い...」 ...

飲酒と自律神経の関係とは?自律神経に負担のない飲み方を押さえておこう!

外出自粛制限の繰り返しやステイホームの意識がまだまだなくせないこの時期、 宅飲みやオンライン飲み会...

【熱中症と自律神経の関係】熱中症に負けないカラダづくりのメソッド

梅雨が明けたら夏本番!開放的な気分になり、 いつもよりアクティブに行動をしたくなるそんな季節ですよ...

自宅で簡単に続けられる!【自律神経の整え方まとめ】

日々エネルギッシュに活動するための交感神経と、 心身のリラクゼーションに深いかかわりのある副交感神...

ご予約