HOME > 自律神経 コラム > 自律神経 > 自律神経と鼻づまりの関係性について

自律神経 コラム

< 花粉症2019  |  一覧へ戻る  |  緊張と自律神経の関係について >

自律神経と鼻づまりの関係性について

皆さんこんにちは。鍼職人Kの簡単な身体の話です。
今回は鼻の症状と自律神経の関連について、
雑学や豆知識などを交え、簡単にお話していきます。

自律神経と鼻づまり
【目次】
鼻とは!?
女性の鼻の方が男よりも良い!?
鼻の穴が二つは自律神経があるから!?
自分で出来る“鼻対策”!
鼻が通るツボ刺激!

鼻とは!?

皆さん鼻の役割について説明できますか??


五感(視覚・聴覚・味覚・触覚)のひとつ「嗅覚」を司る感覚器で匂いを嗅ぐ事と、
あと呼吸を司る「呼吸器」でもありますよね。


では鼻の孔ってなぜ「二つ」あるのでしょうね?
バカボ〇のお巡りさんみたいにひとつで良いのではないでしょうか…?


それがきちんと理由があるのです。


鼻は約500万個の嗅細胞があり、匂いは約3,000からなんと!「1兆の種類」の匂いを識別できると近年では報告されているほどの超精密器官です。


因みに、嗅覚が優れている動物といえば皆さんご存知の「犬」たちですが、彼らの嗅細胞は、
なんと“約2億”といわれており、例えば汗を嗅ぎ分ける能力で見てみると、我々人間の“約100万~1億倍”の能力があると言われております。


私も以前専門の方から犬の嗅覚は50m四方のプールに落とした一滴のアンモニアの臭いが分かると聞いた事があります。
警察犬や災害救助、麻薬探知犬など様々な場所で犬達が我々人間の為に活躍してくれているのも納得です。


鼻の役割

女性の鼻の方が男よりも良い!?

男性の皆さんは、女性の方が鼻が良いと感じた事はありませんか!?

実はこれは解剖生理学的に見ても女性の方が鼻が良いのだそうです。

特に排卵前になると更に異性の臭いに敏感になる事からこれは子孫を残す為に備わった女性ならではの能力なのでしょう。


また、¹ブラジルのロバート・レント教授のチームが発表した研究では、18名(男7・女性11)の対象者の死後の解剖において、女性の方が嗅細胞が男性よりも約43%多いのだそうです。¹(webカラパイア参考)


女性は生涯出産する人数も限られますので、オスを厳選する嗅覚を元来持ち合わせているという事ではないでしょうか!?



鼻の穴が二つは自律神経があるから!?

さて、鼻の穴はなぜ二つなのか!?
鼻づまりはなぜ起こるのか?

そこには自律神経との関係があったのです!


鼻は呼吸器と感覚器二つの役割がありました。
それは酸素を取り入れたり匂いを嗅ぎ分ける、つまり生きて行く為にはとても重要な事で、大昔で例えてみると呼吸は勿論、獲物の臭いや危険な臭いを敏感に察知しなければ生きてはいけません。


しかし嗅細胞は「疲れやすい細胞」なので、臭いに「慣れ」てしまい臭いを感じなくなってしまうのです。
※ガス中毒などは嗅細胞が効かなくなり凄く危険になっている状態です。


そこで!“自律神経”を介して「鼻は交代こうたいで働いている」のです。
これらは「ネーザルサイクル」といい約1~2時間ごとに左右交代で「利き鼻」となり節電モードになっているのです。
アクティブモードになると交感神経が働き、両方が開き沢山の酸素を取り入れようとするのですね。


そもそも鼻づまりや鼻水、くしゃみは風邪と共に今ピークを迎えているスギ花粉症などの鼻の主なアレルギー症状なのですが、鼻の細動脈は副交感神経支配ですから、鼻の症状が出ている時に副交感神経が優位になると血管の血流が増えて充血し「鼻が詰まった」状態になり、また鼻水も増加するのです。


アレルギー反応も副交感神経が優位になり過ぎると出やすくなるので、
これからの時期は特に自律神経のバランスを乱さない様に注意が必要です!


鼻アレルギーと自律神経

自分で出来る“鼻対策”!

副交感神経が優位過ぎて鼻が詰まるという事は、逆をやれば良いという事!?で、交感神経のバランスを整えていきましょう。
※鼻水に関しては、むしろ交感神経で増加する場合もあります。


やはり適度な運動は不可欠です。

花粉が多いから今日は家でゴロゴロしようなんて思っていると、
副交感神経が高ぶり、更にアレルギー症状が強くなりかねません。

そんな日もマスク&メガネ等の完全防備でウォーキングなどやってみましょう。

帰ったら、手洗いとうがいと更に「鼻うがい」も効果的です。

また、蒸しタオルで鼻を覆うと(約43℃程)自律神経の作用により「交感神経がやや高まり」、鼻の血管が収縮されるので鼻の通りがよくなります。これに足湯もプラスすると更にgoodです!


後はアレルギー症状がある場合には食生活は最重要です。
アレルギーが無くてもですが、やはり腸内環境を優先的に整えましょう。
キチンと繊維質が多い良質野菜等をしっかりと摂る事ですね。


また、βカロテンは体内に入るとビタミンAとなり粘膜を強化、再生してくれるものと言われますので、ニンジンやカボチャ、小松菜などを摂るのも良いでしょう!

自律神経と鼻アレルギー

鼻が通るツボ刺激!

最後に自分で出来るツボ押しをいくつか紹介します。

① 迎香(げいこう)両方の小鼻のすぐ脇
② 上迎香(じょうげいこう)迎香の指ひとつ上

ここを指で“痛くない程度”に10秒ほど刺激を3セット行ってみてください。
効き目が薄い場合にはお近くの鍼灸院で施術を受けてみる事をおススメ致します。
プロの技を体感する事がきっと出来る事でしょう!



自律神経で健康維持

安眠道鍼療院
吉祥寺の鍼灸院で主に自律神経の乱れを施術しております。
定休日:水曜日
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町4-20-15
最寄り駅:吉祥寺

電話:0422-90-1513
診察時間:9:00~19:00(最終受付)
完全予約制 / 土・日祝診療中


参考資料:面白くて眠れなくなる人体 PHP
     人体の不思議 宝島社
     男と女の解剖学 ベクトルコア
     Dole webサイト
     東京都福祉保健局 webサイト
     やさしい自律神経生理学 中外医学社

カテゴリ:

< 花粉症2019  |  一覧へ戻る  |  緊張と自律神経の関係について >

同じカテゴリの記事

体温調節ができない原因と対策について

暑い日が続くこのごろ、
「最近、暑いのに汗をかかない…」
「暑いはずなのになんだか冷える…」
なんて経験はありませんか?

実はそれ、体温調節がうまくいっていないのかもしれません。
そこで今回は、体温調節がうまくいかない原因や、
身体の不調を防ぐ対策についてご紹介していきます。


 
体温調整ができない

【目次】
1.夏の体温調節が難しい原因は「温度差」!
2.自律神経によって体温調節が行われるメカニズムとは?
3.夏を快適に過ごすための対策
4.さいごに

体温調節ができない原因と対策についての続きを読む

自律神経障害とEDの関係について

自分の意志ではどうにもならないED。
「今日は疲れているからな…」「いつか治るだろう」と思いながらも、
パートナーといい雰囲気になること自体を避けるようになっていませんか?

そこで今回は、EDの症状や要因をご紹介しながら、
自律神経の働きとEDの関係についてお話ししていきます。


自律神経障害とEDの関係について
【目次】
1.EDとは?
2.EDを引き起こす様々な要因
3.自律神経とEDについて
4.まずはスキンシップを大切に!

自律神経障害とEDの関係についての続きを読む

不眠症に鍼灸院が効果的な理由について

日中の忙しさから解放されて、いざゆっくり寝ようと思ったのに
「なんだか頭が冴えて眠れない…!」
なんて経験はありませんか?

そんな夜もたまにはあるものですが、
これが頻繁に起こって日中に支障を来たすようになったら…。

かといって「不眠のお薬って依存性がありそう…」と
抵抗を感じている方も多いと思います。

そこで今回は、
不眠症の改善に鍼灸院がお役に立てる理由について
お話ししていきます。


 
不眠症に鍼灸院が効果的な理由について

【目次】
1.不眠症とは?
2.不眠症に鍼灸は効果的なの?
3.安眠道鍼療院での症例
4.さいごに

不眠症に鍼灸院が効果的な理由についての続きを読む

更年期と自律神経の関係について|2019年版

顔のほてりや発汗など、様々な症状が起こりやすい更年期。
「こんな症状、わたしだけ…?」
「忙しいのに調子悪くて困っちゃう…」と
つらい思いをされている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、更年期に不快な症状が起こる要因と併せて、
更年期を乗り切る方法についてもご紹介していきます。

更年期と自律神経
【目次】
1.更年期とは何か
2.更年期障害のメカニズム
3.自律神経からみた更年期
4.更年期を明るく乗り切りましょう!
5.さいごに

更年期と自律神経の関係について|2019年版の続きを読む

自律神経と腹痛の関係について

食べすぎたり、期限切れのものを食べたりしたわけでもないのに「なぜかお腹が痛い…」。

腹痛だけでもつらいのに、思い当たる原因がないと余計不安になってきませんか?

その腹痛、実は「ストレス」からきているのかもしれませんよ!

そこで今回は、ストレスを受けるとなぜ腹痛が起こるのか、
自律神経の働きを交えながらお話していきます。

自律神経と腹痛【目次】
1.そもそも腸はどんな働きをしているの?
2.腸がきちんと働くのは自律神経のおかげです!
3.日常でもできる対処法は?
4.さいごに

自律神経と腹痛の関係についての続きを読む