自律神経コラム

コロナストレスも原因に?腹痛と自律神経の関係

コロナ禍で「最近、お腹の調子が悪いことが多いな…」
と気になっている方も増えているようです。

下痢や便秘、食欲不振など、症状は様々ですが
その根底ではストレスが自律神経に悪さをしているのかもしれません。

そこで今回は、自律神経と腹痛の関係について、
とりわけコロナストレスの影響に注目しながらお話していきます。



【目次】
1.腸の働きと自律神経の関係
2.コロナストレスで腹痛に?
3.お腹が痛いときの対処法
4.さいごに

1. 腸の働きと自律神経の関係

さて、いつも腸はどのように動いているのでしょうか?
その働きを少し見てみましょう。

① 小腸で食べ物の栄養素を吸収して、残りを大腸に送る
② 大腸で水分を吸収して固形の便を作る
③ ぜん動運動によって便を排出する


このように腸は、食べ物を便として排せつするまでの大切な役割を担っているのです。
そしてこういった腸の働きは、実は自律神経が大きく影響しています。

自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」という2つの神経で構成されています。
このうち「交感神経」が活発になりすぎると、腸の働きを抑制するため便秘がちに…。
つまり、腸の働きが抑制されるとぜん動運動が低下しますから、便が長く腸に留まることになり、水分を多く持っていかれてしまいカチカチの便秘になってしまうのですね。


反対に「副交感神経」が活発になりすぎると、腸の働きが促進され過ぎてしまいます。
すると過剰なぜん動運動によって、便の水分が十分に吸収されないまま腸を通過するため、下痢を起こしやすくなるというわけです。

このように自律神経は、「腸の動きを抑制する交感神経」と「腸の働きを促す副交感神経」という対照的な神経が相互に働いています。
両者がバランス良く働くことこそが、お腹の調子を整えるために必要不可欠なのです。


便秘に悩む方へのポイント!
便秘で悩む方への共通ポイントが実は3つあります

・トイレが近くなるからとの“水分不足”!
・太るかも!?“油分不足”!
・不規則な生活による“トイレ時間も不規則”!


逆にこれらを、克服すれば便秘対策によのは言うまでもありませんのでお試しを!
(油分は良質なオリーブ油などです)



2. コロナストレスで腹痛に?

このように、お腹の調子を左右する自律神経ですが、実はストレスの影響を大きく受けています。

特に今は、新型コロナの影響でストレスを多く抱えている方も多いはず。
思うように出かけられない不満や、先が見えない不安、慣れないテレワーク…。
要因は様々ですが、誰もが普段より強いストレスを受けているのではないでしょうか。

こういったコロナストレスは体に様々な悪影響を及ぼし、腹痛も例外ではありません。

まず、ストレスは脳内にある視床下部にネガティブな影響を及ぼします。
この視床下部は自律神経をコントロールしている部分でもあるため、ストレスは自律神経の乱れにつながるということになります。

そして、先にお話したように、自律神経が乱れると腸の働きにも影響するため、結果的に下痢や便秘といったお腹のトラブルにつながっていくのです。

「緊張するとお腹が痛くなる…」という場面を思い起こすと、何となくイメージしやすいかもしれませんね。



3. お腹が痛いときの対処法

いざお腹が痛くなると、すぐにでもどうにかしたいものですよね。
ここからは、ご自宅で試せる腹痛を和らげる方法をご紹介します。


① カイロでお腹を温める
腹痛に襲われたら、とりあえず市販のカイロでお腹を温めてみましょう。
腸のぜん動運動が促され、お腹のハリを緩和できるかもしれません。
またお腹を下しているときも、カイロを貼ると痛みが和らぐことがあります。


② 楽な姿勢をとる
痛みが少しでも和らぐ体勢を探してみましょう。
どんな姿勢が良いかは人によって違いますが、一般的にはひざを曲げてお腹周りの緊張をほぐし、少し前屈したような姿勢が楽といわれています。
ちょうど胎児のような姿勢ですね。
さらに試してみてほしいのが深呼吸。
深呼吸にはリラックス効果もあるので、つらい時は意識的に深く呼吸をしてみましょう。

また、ストレスから来る腹痛は、生活習慣を見直して自律神経を整えることも大切。
次のようなことを意識して、毎日過ごしてみてくださいね。

・朝起きたら朝日をたっぷり浴びる
・お風呂に浸かって全身を温めると同時にリラックスする
・なるべく同じ時間に3食摂る


4. さいごに

今はコロナストレスもあって、自律神経が乱れやすい時期です。
お腹が弱い方などは「腹痛」という形で不調が出てきやすいかもしれません。

普段はお薬に頼りがちな方も、これを機に自律神経を整えることにも目を向けてみてくださいね。




【参考】
一般社団法人日本臨床内科医会「自律神経失調症」
https://www.japha.jp/doc/byoki/019.pdf

一般社団法人広島県医師会「腹痛―おなかが痛いとき―」
http://www.hiroshima.med.or.jp/pamphlet/55/post-11.html

プロフィール

東京吉祥寺の自律神経専門の鍼灸院
鍼職人 サトウ コウキ

不眠をはじめ、肩こりや腰痛、背中の痛み、眼精疲労、ダイエット、生理痛・PMS、パニック障害などの自律神経のトラブルは一度お問い合わせください。
当院では施術のみならず、ご自分で出来る簡単なセルフケアや生活習慣の改善などを含め、ご相談にものっております。
皆さまにより良くなって頂けるよう最大限サポートさせて頂きます。

資格・所属団体

厚生労働省認可 国家資格
はり師 第136568号 / きゅう師 第136387号
多摩府中保健所届出済治療院
公益社団法人 全日本鍼灸学会 所属

安眠道鍼療院

所在地 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-25-12ピネスプラザ 301号室
※JR中央線総武線、京王井の頭線吉祥寺駅から徒歩約5分
TEL 0422-90-1513
営業時間 9:00~19:00 / 完全予約制 / 土・日祝診療中
休診日 水曜日

「自律神経」の記事

お酒と自律神経機能のお話し

ここ数年はご存知の通りのコロナ禍により、何事も"自粛自粛"の毎日でした。 子供達や学生さん達が楽し...

秋バテしていませんか!?原因や自律神経との関係性、秋バテのリセット法をご紹介します

疲れが抜けずやる気が出ない、食欲がないといった心身の不調は、もしかして「秋バテ」になっている可能性が...

食欲と自律神経はどう関係している?食べ過ぎ・食欲低下の原因と対処法!

涼やかさと過ごしやすさを感じる秋には、旬な食材がたくさんあることで、いつも以上に食欲がむくむくと沸き...

五月病は自律神経の乱れが原因!?その関係性と元気を取り戻すためのセルフケア

皆さんこんにちは。 最大10連休とも云われたゴールデンウイークも終わり、すっかり通常モードの毎日とな...

気圧の変化と体調、自律神経の関係とは?天候に左右されない心身を取り戻すためにできること

「気圧の変化で頭痛がしんどい...」 「曇りや雨の日になるととたんに心身の調子が悪くなる...」 ...

花粉症と自律神経の関係|花粉症対策に良い健康習慣を始めよう!

少しずつ春のやわらかな日差しと温かみを感じることが増えてきた今日この頃ですが、今年ももちろんやってき...

最新の記事

お酒と自律神経機能のお話し

ここ数年はご存知の通りのコロナ禍により、何事も"自粛自粛"の毎日でした。 子供達や学生さん達が楽し...

冬の体温調整は自律神経のバランスがカギ!関係性とポカポカ体質を維持する方法

今年も11月に入り肌寒さを感じる日が増えるかと思いきや、日中はシャツ一枚、あるいは半袖でも過ごせる様...

眼精疲労は自律神経の乱れが原因!?その関係性と疲れ目をケアする手軽な対処法をご紹介します

スマートフォンやパソコンは、今や現代人にとって必須アイテム。 毎日の仕事のみならず、プライベートで...

秋バテしていませんか!?原因や自律神経との関係性、秋バテのリセット法をご紹介します

疲れが抜けずやる気が出ない、食欲がないといった心身の不調は、もしかして「秋バテ」になっている可能性が...

食欲と自律神経はどう関係している?食べ過ぎ・食欲低下の原因と対処法!

涼やかさと過ごしやすさを感じる秋には、旬な食材がたくさんあることで、いつも以上に食欲がむくむくと沸き...

お盆休み・夏休み明けのだる重を何とかしたい!やる気が出ない原因、自律神経との関係は?

お盆休みや夏休みが明けて、いつもの日常生活がスタートしましたね。 しかし、カラダとココロが追い付かず...

ご予約