HOME > 自律神経 コラム > 自律神経 > 眼精疲労と自律神経の関係について

自律神経 コラム

< 不眠の原因と対策について|2020年版  |  一覧へ戻る  |  腰痛と自律神経の関係について >

眼精疲労と自律神経の関係について

新型コロナウイルスの影響で、外出自粛や在宅ワークが増えていますね。
オンラインミーティングやオンライン飲み会も普及し、
これまで以上にパソコンやスマホを手に取る時間も増えたのではないでしょうか。

そのため、「最近、目がやたら疲れる」「目の奥が痛い…」と、
不調をおぼえている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、眼精疲労によるトラブルや、
その解消法についてお話していきます。


 
眼精疲労と自律神経の関係

【目次】
1.眼精疲労とは?
2.目の働きと自律神経の関係
3.眼精疲労の解消法
4.さいごに

1. 眼精疲労とは?

よく耳にする「眼精疲労」ですが、実は単なる「目の疲れ」とは違うのです。
軽い目の疲労なら、一晩ゆっくり眠れば翌朝にはスッキリ治ってしまうことがほとんど。
しかし「眼精疲労」となると、一晩寝ても症状が良くならないばかりか、頭痛・首や肩のこり・吐き気・イライラなど、目以外の場所にも不調が現れてくるのが特徴です。

ではここで、あなたの目の疲れ具合をチェックしてみましょう!

① メガネやコンタクトレンズを長時間装着している
② 目の乾燥を感じることが多い
③ 最近、近くのものが見づらくなった
④ 首や肩のこりがひどい
⑤ 夜更かしをすることが多い
⑥ ストレスがたまっている
⑦ 食事の栄養バランスがとれていない
⑧ パソコンやゲームをよくする
⑨ 天気が良い日でもサングラスをかけることが少ない
⑩ エアコンの効いた場所にいることが多い

いかがでしょうか。
多く当てはまるほど目に疲労がたまっていて、眼精疲労のリスクがアップしてしまいます。
症状が深刻になる前に、しっかりとセルフケアをするようにしましょう。

眼精疲労

2. 目の働きと自律神経の関係

ではなぜ眼精疲労になると、頭痛や肩こりといった目に関係のない症状まで起こるのでしょうか。
それは、自律神経の働きが関係しているのです。

目に関係する自律神経は、遠くを見る時は「交感神経」が、近くを見る時は「副交感神経」が優位になります。
これは我々人類の祖先が、遠くの獲物を見つけた時に交感神経を亢進させ、瞳孔を開き獲物をしっかりとロックオンして、筋肉を引き締め、血圧を上げて一気に全速力で戦闘モードに出来るように体を作り上げたことの名残と言われています。

また一方で人間は、日中の仕事モードでは「交感神経」が、就寝前のリラックスタイムには「副交感神経」が優位になります。
しかしよく考えると、仕事モードで「交感神経」が優位になる場面で、目は近くのパソコンを見ているため、目の自律神経は「副交感神経」が優位になるはずですよね。
つまり、パソコン仕事自体が自律神経のバランスを崩す要因になるリスクをはらんでいるのです。

自律神経は目だけでなく、血流や内臓の働き、ホルモン分泌など、全身の生命活動にかかわる存在。
この自律神経の働きが乱れてしまうと、頭痛や肩こりなどの全身症状が引き起こされるのです。


目の働きと自律神経

3. 眼精疲労の解消法

眼精疲労の改善には、生活のオンオフをしっかり切り替えたり、鍼灸治療を受けてみたりするなど、自律神経のバランスを整えることも有効でしょう。
しかしこの章では、さらに日々の生活に取り入れやすい眼精疲労を軽減する方法についても見ていくことにします。

① パソコンはディスプレイを使う
ノートパソコン1台で作業している方は、ぜひディスプレイを活用しましょう。画面との距離を適切に保てるだけでなく、姿勢の改善にもつながります。
なお、ディスプレイは上下の調節や角度を自由に変えられる機能が付いたものがおすすめ。
さらに画面の光沢を抑えた「ノングレアタイプ」なら、長時間の作業でも目の疲労を軽減できますよ。

② ブルーライトをカットする
ブルーライトはパソコンやスマホから発せられる光のひとつで、目に影響を及ぼすだけでなく、交感神経をとても高ぶらせる作用があります。
そのため、ブルーライトカット機能付きのメガネやディスプレイを使って影響をできるだけ抑えましょう。
また、フリッカーと呼ばれる画面のちらつきも目の疲労の原因なので、フリッカーフリー機能付きの商品が良いかもしれません。

③ 目を温める
酷使した目は、周囲の筋肉がこり固まっています。そのため、ホットアイマスクなどを使って、目を温めて労ってあげることが大切です。
市販のホットアイマスクがない場合は、濡らしたタオルを40秒ほど電子レンジでチンした「ホットタオル」がおすすめ。
寝る前に温めれば、副交感神経が優位になり、リラックスモードへの切替えもスムーズになるため、ぐっすり眠りやすくなりますよ。

④ 目の体操やツボ押しでリフレッシュする
まずは目の体操です。左・右・上・下をしっかり見るように眼球を動かし、ぐるぐると眼球をまわしたりする体操をしてみましょう。
ギュッと強く目をつむったり、パチパチとまばたきをしたりするのも効果的です。
さらに、目の周りのツボも圧してみましょう。指の腹でギュッギュッと押して、若干へこんでいたり痛みを感じたりする部分があったら、痛気持ちいいくらいの力で揉みほぐしましょう。
いずれも無理のない範囲で試してみてくださいね。

4. さいごに

スマホやパソコンが手放せない時代、眼精疲労は現代人の宿命のようなものです。
当院に初診で来る方も、必ず問診票に「目の疲れ」にチェックを入れられます。
余談ですが、鍼で眼のケアをした後は、結構メガネを忘れて帰りそうになる方が増えます。笑

単なる「目の疲れ」とあなどらず、できることから目の健康について気をつけていきましょう。


眼精疲労の解消法 【参考】
タケダ健康サイト
https://takeda-kenko.jp/navi/check.php?key=tsukareme
メニコン
https://www.menicon.co.jp/whats/column/detail2.html


カテゴリ:

< 不眠の原因と対策について|2020年版  |  一覧へ戻る  |  腰痛と自律神経の関係について >

同じカテゴリの記事

自律神経とストレスの関係について

まだまだ先が見えぬこのコロナ禍の現代、
いよいよ新年度を迎えました。

昨年に続きリモートワークやweb授業などの方々も多々いらっしゃると思いますが、
今月から環境も変わった方たちも少なくはないでしょう!?

環境が変わると多かれ少なかれ“ストレス”を感じるもの。
自覚が無くても、実は知らず知らずも感じているものなのです。

その“自覚”が出来るまでのストレスを感じていると「なんか体調がすぐれないかも…」
とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

実は、ストレスと自律神経は『密接な関係』にあるのです。
そこで今回のコラムは、ストレスが自律神経に与える影響や、
ストレスへの対処法についてお話していきます。



【目次】
1.自律神経に対するストレスの影響
2.ストレスに早く気づく方法
3.ストレスへの対処法
4.さいごに

自律神経とストレスの関係についての続きを読む

コロナストレスも原因に?腹痛と自律神経の関係

コロナ禍で「最近、お腹の調子が悪いことが多いな…」
と気になっている方も増えているようです。

下痢や便秘、食欲不振など、症状は様々ですが
その根底ではストレスが自律神経に悪さをしているのかもしれません。

そこで今回は、自律神経と腹痛の関係について、
とりわけコロナストレスの影響に注目しながらお話していきます。



【目次】
1.腸の働きと自律神経の関係
2.コロナストレスで腹痛に?
3.お腹が痛いときの対処法
4.さいごに

コロナストレスも原因に?腹痛と自律神経の関係の続きを読む

不眠を解消する方法|自律神経を整える

新型コロナウイルスによってもたらされた新しい生活様式。
特に慣れないテレワークなどで自律神経のバランスが乱れ、
「最近よく眠れない…」とお困りの方もいるかもしれません。

そこで今回は、自律神経と不眠の関係や、
よく眠るための対処法についてお話していきます。

 
不眠を解消する方法|自律神経を整える
【目次】
1.自律神経と眠りは関係している?
2.快眠を叶える生活のコツ
3.さいごに

不眠を解消する方法|自律神経を整えるの続きを読む

正月太りと自律神経の関係|食事制限だけじゃない解消方法とは

新型コロナウイルスに翻弄された2020年が明けました。
今年は例年と少し違うお正月を過ごした方も多いのではないでしょうか。
そしてお正月といえば、どうしても気になるのが正月太り。
そこで今回は、お正月太りの原因と、健康的に脂肪を落とす方法についてお話していきます。


 




【目次】
1.コロナ禍の2021年!みんな正月太りした?
2.お正月太りの原因
3.食事制限以外にできることは?
4.今からでも遅くない!正月太り解消法
5.さいごに

正月太りと自律神経の関係|食事制限だけじゃない解消方法とはの続きを読む

自律神経を整えて強い体を作る|お役立ち情報|2020年総集編

いよいよ2020年も残り僅かとなりました。
新型ウイルスの発現で、多くの人が新たな生活様式を迫られました。

このコラムでは、自律神経を絡めた健康に関するお話をしてまいりました。

今回は総まとめとして、
今年のコラムから「自律神経を整えて強い体を作るために役立つ情報」を
ピックアップしてご紹介します。


 

【目次】
1.まずは自律神経のおさらい!
2.自律神経と免疫
3.自律神経と外出自粛
4.自律神経と宅飲み
5.さいごに

自律神経を整えて強い体を作る|お役立ち情報|2020年総集編の続きを読む