HOME > 自律神経 コラム > 自律神経 > 運動不足による自律神経の乱れについて

自律神経 コラム

< 自律神経の乱れに鍼灸がおすすめできるポイントについて  |  一覧へ戻る  |  不眠の原因と対策について|2020年版 >

運動不足による自律神経の乱れについて

突然ですが、あはたは今、運動していますか?
自粛ムードや猛暑が続くなか、運動不足で太り気味な方や、
体力が落ちてきたと感じている方も多いのではないでしょうか!?

そこで今回は、運動不足と自律神経との関係や、
自律神経を整えるのにおすすめの運動方法についてご紹介していきます。




【目次】
1. 自律神経と肥満の関係
2. 運動不足は自律神経の働きを低下させる?
3. 軽い運動で自律神経を整える
4.さいごに

1. 自律神経と肥満の関係

運動不足となると、まず気になるのが「肥満(メタボ)」ではないでしょうか。
この「肥満」、一見すると「自律神経」とは関係なさそうに見えますよね。
しかし、「自律神経」が乱れると、食欲のコントロールや脂肪の分解が上手くいかなくなり、結果的に「肥満」へとつながっていくのです。
自律神経と肥満との関係を詳しくご説明していきます。

まず自律神経は、アクセル的な機能をもつ「交感神経」と、ブレーキ的な機能をもつ「副交感神経」の2つの神経系から成ります。
このうち、「交感神経」が刺激されると食欲は抑えられ、「副交感神経」が刺激されると食欲が増すことが分かっています。
例えば、緊張する(=交感神経を刺激)と食欲がなくなり、リラックスする(=副交感神経を刺激)と途端に食欲が出てくる…というシーンを想像してみると分かりやすいかもしれませんね。

さらに、「交感神経」が活発になると、副腎からアドレナリンというホルモンを分泌して、余分な脂肪を燃焼してくれています。

このように、自律神経がしっかり働くことで、食欲を適度に抑えて過食を防いだり、脂肪を燃やして肥満を抑えたりできるのです。
つまり、「自律神経」と「肥満」は切っても切れない関係ということ。
そのため、自律神経が乱れたり働きが低下したりすると、結果的に太りやすくなってしまうのです。



2. 運動不足は自律神経の働きを低下させる?

「運動不足=太る」というのは、すぐイメージできるかと思います。
しかし、実は運動不足は「太る」だけでなく、「自律神経の働き」にも影響を及ぼすことが分かっています。

ある実験によれば、自律神経活動が低下している肥満者を対象に12週間の運動トレーニングを実施したところ、心臓に関わる自律神経の働きが改善したことが分かっています。
つまり、脂質代謝や食欲調節機能の中枢である自律神経の働きが低下することで生じる中年肥満も、習慣的な運動によって自律神経の活動を活発にさせることで、予防していくことができるのではないかと期待されているのです。

また上記の実験では、血圧や血中コレステロール、中性脂肪などの生活習慣病を引き起こすリスクも改善したとの結果も。
やはり運動することは、健康にかかせない存在なのだということを改めて認識させられますね。

ちなみに、これらの研究で行われたのは、いずれもそれほど激しい運動ではありませんのでご安心ください!
次章では、自律神経を整えてやせやすい体を作るために取り入れたい運動方法についてご紹介します。



3. 軽い運動で自律神経を整える

ここからは、自律神経を整えるのに効果的な運動をご紹介します。ぜひ、日常に取り入れて習慣にしてくださいね。


ヨガ
まずはヨガ。古代インドから続く修行をルーツに持つ運動法で、現代では心身の健康法として広く親しまれています。
深い冥想を取り入れたヨガは、精神的な落ち着きが得られるだけでなく、呼吸を整えるといった効果もあり、ストレスでバランスを崩しがちな自律神経を整えるエクササイズとして根強い人気があります。
これまではヨガ教室に通うスタイルが一般的でしたが、コロナの影響でヨガのオンラインレッスンなども増えてきています。
また、Youtubeなどでも多くのレッスン動画が配信されているので、おうちで楽しく試してみるのも良いかもしれません。


ストレッチ
次いでストレッチ。普段伸ばさない部分を意識的に伸ばすことで、体の柔軟性を高めるのに効果的な運動です。
実はストレッチは、体の柔軟性だけでなく、リラクゼーション効果があることも明らかになってきています。
そのため、お風呂上りのリラックスタイムに、のんびりストレッチするのがおすすめです。
ランニングや筋トレはつらいと感じる方も、自宅で手軽にできるストレッチなら始めやすいかもしれませんね。


ウォーキング
そして最後にウォーキング。ヨガやストレッチをするための時間がとれない忙しい方は、もっとも簡単に実践できるウォーキングがおすすめです。つまり、単純に歩くのです。
「通勤中に一駅手前で降りて歩く」
「休憩時間に会社や自宅の周りを歩く」
「少し遠いスーパーに買い物に行く」
といったように、普段の生活のなかで少しだけ工夫してみましょう。


4.さいごに

今回は、運動不足と自律神経の関係やおすすめの運動方法をご紹介しました。
ちなみに運動をする時は、ぜひ「気持ちいい!」と感じるくらいを目標に行ってみてください。くれぐれもやりすぎに注意です。
そして、少しずつでも長く続けることも大切。
しばらくすると、体調や体型の変化を感じられるようになるかもしれませんよ!



【参考】
「自律神経機能と運動」京都大学大学院人間・環境学研究科 森谷敏夫氏
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspog/19/3/19_KJ00009903655/_pdf
「ヨガ」厚生労働省e-ヘルスネット
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-085.html
「ストレッチングの効果」厚生労働省e-ヘルスネット
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-04-006.html

カテゴリ:

< 自律神経の乱れに鍼灸がおすすめできるポイントについて  |  一覧へ戻る  |  不眠の原因と対策について|2020年版 >

同じカテゴリの記事

自律神経とストレスの関係について

まだまだ先が見えぬこのコロナ禍の現代、
いよいよ新年度を迎えました。

昨年に続きリモートワークやweb授業などの方々も多々いらっしゃると思いますが、
今月から環境も変わった方たちも少なくはないでしょう!?

環境が変わると多かれ少なかれ“ストレス”を感じるもの。
自覚が無くても、実は知らず知らずも感じているものなのです。

その“自覚”が出来るまでのストレスを感じていると「なんか体調がすぐれないかも…」
とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

実は、ストレスと自律神経は『密接な関係』にあるのです。
そこで今回のコラムは、ストレスが自律神経に与える影響や、
ストレスへの対処法についてお話していきます。



【目次】
1.自律神経に対するストレスの影響
2.ストレスに早く気づく方法
3.ストレスへの対処法
4.さいごに

自律神経とストレスの関係についての続きを読む

コロナストレスも原因に?腹痛と自律神経の関係

コロナ禍で「最近、お腹の調子が悪いことが多いな…」
と気になっている方も増えているようです。

下痢や便秘、食欲不振など、症状は様々ですが
その根底ではストレスが自律神経に悪さをしているのかもしれません。

そこで今回は、自律神経と腹痛の関係について、
とりわけコロナストレスの影響に注目しながらお話していきます。



【目次】
1.腸の働きと自律神経の関係
2.コロナストレスで腹痛に?
3.お腹が痛いときの対処法
4.さいごに

コロナストレスも原因に?腹痛と自律神経の関係の続きを読む

不眠を解消する方法|自律神経を整える

新型コロナウイルスによってもたらされた新しい生活様式。
特に慣れないテレワークなどで自律神経のバランスが乱れ、
「最近よく眠れない…」とお困りの方もいるかもしれません。

そこで今回は、自律神経と不眠の関係や、
よく眠るための対処法についてお話していきます。

 
不眠を解消する方法|自律神経を整える
【目次】
1.自律神経と眠りは関係している?
2.快眠を叶える生活のコツ
3.さいごに

不眠を解消する方法|自律神経を整えるの続きを読む

正月太りと自律神経の関係|食事制限だけじゃない解消方法とは

新型コロナウイルスに翻弄された2020年が明けました。
今年は例年と少し違うお正月を過ごした方も多いのではないでしょうか。
そしてお正月といえば、どうしても気になるのが正月太り。
そこで今回は、お正月太りの原因と、健康的に脂肪を落とす方法についてお話していきます。


 




【目次】
1.コロナ禍の2021年!みんな正月太りした?
2.お正月太りの原因
3.食事制限以外にできることは?
4.今からでも遅くない!正月太り解消法
5.さいごに

正月太りと自律神経の関係|食事制限だけじゃない解消方法とはの続きを読む

自律神経を整えて強い体を作る|お役立ち情報|2020年総集編

いよいよ2020年も残り僅かとなりました。
新型ウイルスの発現で、多くの人が新たな生活様式を迫られました。

このコラムでは、自律神経を絡めた健康に関するお話をしてまいりました。

今回は総まとめとして、
今年のコラムから「自律神経を整えて強い体を作るために役立つ情報」を
ピックアップしてご紹介します。


 

【目次】
1.まずは自律神経のおさらい!
2.自律神経と免疫
3.自律神経と外出自粛
4.自律神経と宅飲み
5.さいごに

自律神経を整えて強い体を作る|お役立ち情報|2020年総集編の続きを読む