HOME > 自律神経 コラム > 自律神経 > 運動不足による自律神経の乱れについて

自律神経 コラム

< 自律神経の乱れに鍼灸がおすすめできるポイントについて  |  一覧へ戻る  |  不眠の原因と対策について|2020年版 >

運動不足による自律神経の乱れについて

突然ですが、あはたは今、運動していますか?
自粛ムードや猛暑が続くなか、運動不足で太り気味な方や、
体力が落ちてきたと感じている方も多いのではないでしょうか!?

そこで今回は、運動不足と自律神経との関係や、
自律神経を整えるのにおすすめの運動方法についてご紹介していきます。




【目次】
1. 自律神経と肥満の関係
2. 運動不足は自律神経の働きを低下させる?
3. 軽い運動で自律神経を整える
4.さいごに

1. 自律神経と肥満の関係

運動不足となると、まず気になるのが「肥満(メタボ)」ではないでしょうか。
この「肥満」、一見すると「自律神経」とは関係なさそうに見えますよね。
しかし、「自律神経」が乱れると、食欲のコントロールや脂肪の分解が上手くいかなくなり、結果的に「肥満」へとつながっていくのです。
自律神経と肥満との関係を詳しくご説明していきます。

まず自律神経は、アクセル的な機能をもつ「交感神経」と、ブレーキ的な機能をもつ「副交感神経」の2つの神経系から成ります。
このうち、「交感神経」が刺激されると食欲は抑えられ、「副交感神経」が刺激されると食欲が増すことが分かっています。
例えば、緊張する(=交感神経を刺激)と食欲がなくなり、リラックスする(=副交感神経を刺激)と途端に食欲が出てくる…というシーンを想像してみると分かりやすいかもしれませんね。

さらに、「交感神経」が活発になると、副腎からアドレナリンというホルモンを分泌して、余分な脂肪を燃焼してくれています。

このように、自律神経がしっかり働くことで、食欲を適度に抑えて過食を防いだり、脂肪を燃やして肥満を抑えたりできるのです。
つまり、「自律神経」と「肥満」は切っても切れない関係ということ。
そのため、自律神経が乱れたり働きが低下したりすると、結果的に太りやすくなってしまうのです。



2. 運動不足は自律神経の働きを低下させる?

「運動不足=太る」というのは、すぐイメージできるかと思います。
しかし、実は運動不足は「太る」だけでなく、「自律神経の働き」にも影響を及ぼすことが分かっています。

ある実験によれば、自律神経活動が低下している肥満者を対象に12週間の運動トレーニングを実施したところ、心臓に関わる自律神経の働きが改善したことが分かっています。
つまり、脂質代謝や食欲調節機能の中枢である自律神経の働きが低下することで生じる中年肥満も、習慣的な運動によって自律神経の活動を活発にさせることで、予防していくことができるのではないかと期待されているのです。

また上記の実験では、血圧や血中コレステロール、中性脂肪などの生活習慣病を引き起こすリスクも改善したとの結果も。
やはり運動することは、健康にかかせない存在なのだということを改めて認識させられますね。

ちなみに、これらの研究で行われたのは、いずれもそれほど激しい運動ではありませんのでご安心ください!
次章では、自律神経を整えてやせやすい体を作るために取り入れたい運動方法についてご紹介します。



3. 軽い運動で自律神経を整える

ここからは、自律神経を整えるのに効果的な運動をご紹介します。ぜひ、日常に取り入れて習慣にしてくださいね。


ヨガ
まずはヨガ。古代インドから続く修行をルーツに持つ運動法で、現代では心身の健康法として広く親しまれています。
深い冥想を取り入れたヨガは、精神的な落ち着きが得られるだけでなく、呼吸を整えるといった効果もあり、ストレスでバランスを崩しがちな自律神経を整えるエクササイズとして根強い人気があります。
これまではヨガ教室に通うスタイルが一般的でしたが、コロナの影響でヨガのオンラインレッスンなども増えてきています。
また、Youtubeなどでも多くのレッスン動画が配信されているので、おうちで楽しく試してみるのも良いかもしれません。


ストレッチ
次いでストレッチ。普段伸ばさない部分を意識的に伸ばすことで、体の柔軟性を高めるのに効果的な運動です。
実はストレッチは、体の柔軟性だけでなく、リラクゼーション効果があることも明らかになってきています。
そのため、お風呂上りのリラックスタイムに、のんびりストレッチするのがおすすめです。
ランニングや筋トレはつらいと感じる方も、自宅で手軽にできるストレッチなら始めやすいかもしれませんね。


ウォーキング
そして最後にウォーキング。ヨガやストレッチをするための時間がとれない忙しい方は、もっとも簡単に実践できるウォーキングがおすすめです。つまり、単純に歩くのです。
「通勤中に一駅手前で降りて歩く」
「休憩時間に会社や自宅の周りを歩く」
「少し遠いスーパーに買い物に行く」
といったように、普段の生活のなかで少しだけ工夫してみましょう。


4.さいごに

今回は、運動不足と自律神経の関係やおすすめの運動方法をご紹介しました。
ちなみに運動をする時は、ぜひ「気持ちいい!」と感じるくらいを目標に行ってみてください。くれぐれもやりすぎに注意です。
そして、少しずつでも長く続けることも大切。
しばらくすると、体調や体型の変化を感じられるようになるかもしれませんよ!



【参考】
「自律神経機能と運動」京都大学大学院人間・環境学研究科 森谷敏夫氏
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspog/19/3/19_KJ00009903655/_pdf
「ヨガ」厚生労働省e-ヘルスネット
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-085.html
「ストレッチングの効果」厚生労働省e-ヘルスネット
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-04-006.html

カテゴリ:

< 自律神経の乱れに鍼灸がおすすめできるポイントについて  |  一覧へ戻る  |  不眠の原因と対策について|2020年版 >

同じカテゴリの記事

不眠の原因と対策について|2020年版

夜、寝たいのに寝られない…
こんな不眠に悩む人は、いまや少なくありません。

特に今年2020年は新型コロナウイルスによる影響もあって、
ストレスなどで眠れなくなったという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、不眠の原因とともに、鍼灸による不眠対策についてお話していきます。

不眠と自律神経

【目次】
1.不眠と不眠症の違いって?
2.不眠の原因とは?
3.鍼灸で不眠を改善できる?
4.まとめ

不眠の原因と対策について|2020年版の続きを読む

自律神経の乱れに鍼灸がおすすめできるポイントについて

不眠や食欲不振など、さまざま不調を引き起こす自律神経の乱れ。
「とてもつらいのに、特効薬もなくてどうしたら良いか分からない...」という方も多いと思います。
そこで今回は、そのような方に向けて自律神経の乱れに、鍼灸をおすすめしたい理由についてお話していきます。

 



【目次】
1.自律神経が乱れるとどうなる?
2.自律神経を整えるのは鍼灸がおすすめ
3.鍼灸ってどんなことをするの?
4.さいごに

自律神経の乱れに鍼灸がおすすめできるポイントについての続きを読む

ストレスと自律神経の関係について|安眠道鍼療院コラム|吉祥寺の鍼灸院

日々の仕事や家事、人間関係によって、ストレスから逃れるのはなかなか難しい現代社会。
しかしストレスと上手に付き合っていかないと、次第に自律神経に影響を及ぼし、
ひいてはご自身の健康を脅かす恐ろしい存在になっていきます。

そこで今回は、ストレスが自律神経に与える影響についてご紹介しながら、
その対処法についても合わせてお話していきます。


 


【目次】
1.あなたのストレスは大丈夫?
2.ストレスが自律神経に与える影響
3.幸せホルモンを増やして元気に過ごそう!
4.さいごに

ストレスと自律神経の関係について|安眠道鍼療院コラム|吉祥寺の鍼灸院の続きを読む

疲れやすい時の対処法って?

緊急事態宣言が解除されてから学校や会社そして多くのお店も再開し、
徐々に元の生活を取り戻しつつありますね。

しかし、自粛生活から一気に活動を再スタートすると、
「なんか疲れやすくなった…」「最近疲れがたまりやすくなったかも…」と感じる方が多いようです。

そこで今回は、疲れやすくなる原因と、日常のなかで簡単にできる対処法についてご紹介していきます。





【目次】
1.疲れやすい原因は「動かなさすぎの生活」!
2.疲れやすいと感じたら「お散歩」がおすすめ
3.疲れやすい時は「栄養」にも注目!
4.さいごに

疲れやすい時の対処法って?の続きを読む

熱中症と自律神経の関係について 2020年版

本格的な暑さがやってくる季節になりました。梅雨が明ければ一気に真夏に突入です。
しかし、こうなると心配なのが「熱中症」。
そこで今回は、熱中症の症状や予防法、そして自律神経との関係についてお話していきます。


 


【目次】
1.そもそも熱中症って?
2.自律神経が乱れると熱中症になりやすい?
3.熱中症にならないために
4.さいごに

熱中症と自律神経の関係について 2020年版の続きを読む