HOME > 自律神経 コラム > 自律神経 > 自律神経の乱れに鍼灸がおすすめできるポイントについて

自律神経 コラム

< ストレスと自律神経の関係について|安眠道鍼療院コラム|吉祥寺の鍼灸院  |  一覧へ戻る  |  運動不足による自律神経の乱れについて >

自律神経の乱れに鍼灸がおすすめできるポイントについて

不眠や食欲不振など、さまざま不調を引き起こす自律神経の乱れ。
「とてもつらいのに、特効薬もなくてどうしたら良いか分からない...」という方も多いと思います。
そこで今回は、そのような方に向けて自律神経の乱れに、鍼灸をおすすめしたい理由についてお話していきます。

 



【目次】
1.自律神経が乱れるとどうなる?
2.自律神経を整えるのは鍼灸がおすすめ
3.鍼灸ってどんなことをするの?
4.さいごに

1. 自律神経が乱れるとどうなる?

自律神経が乱れるとは、どういうことでしょうか。

自律神経には、活動する時に優位になる「交感神経」と、リラックスする時に優位になる「副交感神経」の2つがあり、これらがバランスよく働くことで我われは元気に活動できるようになっています。
しかし、過度なストレスを受け続けたり、昼夜逆転のような不健康な生活を続けていたりすると、どちらか一方の自律神経だけが優位な状態となり、バランスがとれなくなって「自律神経の乱れ」が起こるのです。

特にストレス社会といわれる現代に多く見られるのが「交感神経が過剰優位」な状態が続いてしまっているケース。
こうなると、筋肉の緊張やコリの悪化や血行不良が起こり、さらには胃腸の働きが低下することで食欲が落ちたり、便秘や下痢も起こりやすくなったりもします。
また、「寝つくのに時間がかかる」「眠りが浅いような気がする」といったような不眠症状を訴える方も多くいらっしゃいます。

こういった自律神経の乱れで起こる不調は、ときに日常生活に支障を及ぼすこともあります。
ところが、病院に行って検査をしても原因がハッキリしない場合や、それに合ったお薬もない場合など、どうしたら良いか分からないという方も多いではないでしょうか?

基本的に自律神経を整えるには、よい睡眠やよい食事、適度な運動などといった生活習慣の見直しが基本とになりますが、
朝起きてしっかり太陽を浴びるなど、規則正しい生活を行うことによって自然に自律神経のバランスを整えていくのと同時に、助っ人となり得るのが、日本の伝統医療である「鍼灸(はり・きゅう)」。
実は自律神経の乱れには、鍼灸の力を借りるのもひとつの手なのです!

2. 自律神経を整えるのは鍼灸がおすすめ


鍼灸といえば、肩こりや腰痛!! というイメージが強いかもしれません。
しかし、鍼灸の効果はそれだけでなく、自律神経のバランスを整える効果も期待できるのです!

こと、自律神経に不調を訴える方の多くは首や肩の筋肉がガチガチに凝り固まっていて、交感神経が過剰優位なままになってしまっているケースがよくあります。
しかし、そこに鍼やお灸を施すことで筋肉の緊張がほぐれ、血流も改善されていき、副交感神経を適度に優位な状態に持っていくことができるようになります。
また、筋肉がほぐれることによって背骨周囲も楽になり、自律神経の流れもスムーズになっていくのです。

スマホの普及やパソコン仕事によって、ただでさえ首や肩こりがひどくなっている方は多いですよね!?
これは体に悪い影響を及ぼすだけでなく、結果的に自律神経の働きも鈍くしてしまう要因にもなるため、こういった慢性的なひどいコリを鍼灸で解消することも、実は大切なことであったりするのです。



3. 鍼灸ってどんなことをするの?

鍼灸の経験がない方にとっては痛くないの?、とか少し不安に感じる方も多いかもしれませんね。
では鍼灸というのは、実際にどのようなことをするのでしょうか。

一口に鍼灸と言っても、鍼を経絡(ツボ)に打ったり、お灸を据えたりすることで治療をする、「中国針灸」や「伝統鍼灸」、また、低周波治療器等を用い、直接筋肉に刺激を与えたり、トリガーポイント療法などで、ダイレクトに筋肉の痛みや違和感、疲労感を治療していく「現代鍼灸」と大きく3つに分ける事ができます。(当院は 筑波大学元教授・筑波技術短期大学元学長直伝の"現代鍼灸"です)

「鍼を打つ」というと一見痛そうですが、鍼灸に使われる鍼は注射針のおよそ5分の1程度しかなく、皮膚に打つ時の抵抗が非常に少ないためほとんど痛みを感じません。(0.14~0.2mmの治療針)
また、鍼の先端は少し丸みを帯びていて、皮膚や筋繊維をかき分けて進めるようになっているため、抵抗が非常に少なく痛みが軽減される設計になっています。

これら以外にも痛みを和らげる工夫が多く施されているため、鍼灸治療では痛みを感じるより、慣れてくると心地良さを感じる方が多いのが実情です笑。
また、血行が良くなることでお腹がぐるぐるなってきたり、ポカポカと温泉に浸かった後のように体が温まるのを感じたりする方も多々いらっしゃいます。

4. さいごに

自律神経というのは無意識下で働いているもので、「手を動かす」とか「歩く」といったように自分の意志でどうにかできるものではありません。
そのため、自律神経が乱れているとしてもすぐに元通りにすることは、自分自身では中々困難な場合もあるでしょうが、
そんな時に「鍼灸」による身体のケアも選択肢に加えてみてはいかがでしょう!?

安眠道オリジナルの「自律神経機能」へダイレクトに揺さぶりをかけて調整をしていく療法に興味のある方やご自身の今の状況に不安がある方はぜひ当院へ相談にいらしてみてくださいね。




【参考】
公益社団法人 日本鍼灸師会
https://www.harikyu.or.jp/general/effect.html

カテゴリ:

< ストレスと自律神経の関係について|安眠道鍼療院コラム|吉祥寺の鍼灸院  |  一覧へ戻る  |  運動不足による自律神経の乱れについて >

同じカテゴリの記事

自律神経とストレスの関係について

まだまだ先が見えぬこのコロナ禍の現代、
いよいよ新年度を迎えました。

昨年に続きリモートワークやweb授業などの方々も多々いらっしゃると思いますが、
今月から環境も変わった方たちも少なくはないでしょう!?

環境が変わると多かれ少なかれ“ストレス”を感じるもの。
自覚が無くても、実は知らず知らずも感じているものなのです。

その“自覚”が出来るまでのストレスを感じていると「なんか体調がすぐれないかも…」
とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

実は、ストレスと自律神経は『密接な関係』にあるのです。
そこで今回のコラムは、ストレスが自律神経に与える影響や、
ストレスへの対処法についてお話していきます。



【目次】
1.自律神経に対するストレスの影響
2.ストレスに早く気づく方法
3.ストレスへの対処法
4.さいごに

自律神経とストレスの関係についての続きを読む

コロナストレスも原因に?腹痛と自律神経の関係

コロナ禍で「最近、お腹の調子が悪いことが多いな…」
と気になっている方も増えているようです。

下痢や便秘、食欲不振など、症状は様々ですが
その根底ではストレスが自律神経に悪さをしているのかもしれません。

そこで今回は、自律神経と腹痛の関係について、
とりわけコロナストレスの影響に注目しながらお話していきます。



【目次】
1.腸の働きと自律神経の関係
2.コロナストレスで腹痛に?
3.お腹が痛いときの対処法
4.さいごに

コロナストレスも原因に?腹痛と自律神経の関係の続きを読む

不眠を解消する方法|自律神経を整える

新型コロナウイルスによってもたらされた新しい生活様式。
特に慣れないテレワークなどで自律神経のバランスが乱れ、
「最近よく眠れない…」とお困りの方もいるかもしれません。

そこで今回は、自律神経と不眠の関係や、
よく眠るための対処法についてお話していきます。

 
不眠を解消する方法|自律神経を整える
【目次】
1.自律神経と眠りは関係している?
2.快眠を叶える生活のコツ
3.さいごに

不眠を解消する方法|自律神経を整えるの続きを読む

正月太りと自律神経の関係|食事制限だけじゃない解消方法とは

新型コロナウイルスに翻弄された2020年が明けました。
今年は例年と少し違うお正月を過ごした方も多いのではないでしょうか。
そしてお正月といえば、どうしても気になるのが正月太り。
そこで今回は、お正月太りの原因と、健康的に脂肪を落とす方法についてお話していきます。


 




【目次】
1.コロナ禍の2021年!みんな正月太りした?
2.お正月太りの原因
3.食事制限以外にできることは?
4.今からでも遅くない!正月太り解消法
5.さいごに

正月太りと自律神経の関係|食事制限だけじゃない解消方法とはの続きを読む

自律神経を整えて強い体を作る|お役立ち情報|2020年総集編

いよいよ2020年も残り僅かとなりました。
新型ウイルスの発現で、多くの人が新たな生活様式を迫られました。

このコラムでは、自律神経を絡めた健康に関するお話をしてまいりました。

今回は総まとめとして、
今年のコラムから「自律神経を整えて強い体を作るために役立つ情報」を
ピックアップしてご紹介します。


 

【目次】
1.まずは自律神経のおさらい!
2.自律神経と免疫
3.自律神経と外出自粛
4.自律神経と宅飲み
5.さいごに

自律神経を整えて強い体を作る|お役立ち情報|2020年総集編の続きを読む