HOME > 自律神経 コラム > 自律神経 > 風邪の予防と自律神経との関係

自律神経 コラム

< 正月太りと自律神経の関係について  |  一覧へ戻る

風邪の予防と自律神経との関係

2月になり急に寒い日が続いて空気も乾燥するこの季節、
風邪やインフルエンザなどへの対策をしっかりしたいものですよね。
手洗いやうがいはしているけど、「もっと体の中から対策できることはないのかな?」
と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、風邪を予防するために、
自律神経を整えて強い体を作るポイントについてお話していきます。


 


【目次】
1.風邪の予防に大切なのは免疫システム
2.免疫のために自律神経を整えよう
3.自律神経を整えて免疫を上げるための3つのポイント
4.さいごに

1.風邪の予防に大切なのは免疫システム

外部からのウイルスが体内に入ることで発症するのが「風邪」。そんな風邪を防ぐには、とにかくウイルスを体内に入れないことが必要です。

風邪予防のためには、帰宅したら必ず手洗い・うがい!

とても基本的なことですが、結局はこういった身近な方法がとても有効な予防策なのです。
ここのポイントは「鼻うがい」!ウイルスは鼻の奥の粘膜が好む傾向にあると言われるので、しっかりしたいところです。

私は、入浴時にシャワーで顔を洗う時に一緒に行っております。
最初は“ツーン”と来るかも知れませんがすぐ慣れます笑!

ウイルスを100%シャットアウトすることはとても難しく、少なからず体内に侵入してしまうものですが、その侵入したウイルスを退治してくれるのが「免疫細胞」。
この「免疫細胞」というのは、6~7割は腸内に生息していて、血液に乗って全身をめぐり、ウイルスなどの有害な物質を排除してくれています。

不摂生やストレスなどで体力が下がらないように気をつける事も重要です。
 


2.免疫のために自律神経を整えよう

免疫の働きというのは、不規則な生活、睡眠不足、ストレス、加齢などによって低下してしまうことが分かっています。
こうして免疫が低下すると、風邪をひきやすく、治りにくい状態となってしまいます。

そこで、免疫を上げるために大切な事のひとつが、自律神経のバランスを整えること。
自律神経には、日中のアクティブな時に活発になる「交感神経」と、リラックスした時に優位になる「副交感神経」とがあります。

これら2つの自律神経がバランスよく働いているうちは良いのですが、これらのバランスが乱れてくると…
「疲れやすく・疲れが抜けにくい」状態になっていきます。
結果的に免疫システムにも影響してくると言われます。

この時に特に気をつけたいのが、きちんとリラックスする時間をとって日頃のストレスケアをする事!
ストレスが強くかかると交感神経が過緊張状態になってしまい、免疫システムにも少なからず影響を及ぼしてしまいます。

また交感神経の過緊張状態が続けば、免疫だけでなく、消化機能が低下することによる便秘や、血管の収縮による冷え・むくみ、そして女性ホルモン分泌による生理トラブルなど、さまざまな影響が出てきてしまうのです。

(更年期と自律神経について参考ページ:https://www.anmin-do.jp/column/entry/post-40/


3.自律神経を整えて免疫を上げるための3つのポイント

そこでここでは、体を上手にリラックスさせて免疫を上げるためのコツを3つほどご紹介します。


・起きたら朝日を浴びる

朝起きたら、カーテンを開けて朝日をしっかり浴びるようにしましょう。
日光に当たることで「幸せホルモン」といわれるセロトニンが分泌され、幸福感を得やすくなるだけでなく、睡眠ホルモンのメラトニンも増えて良質な睡眠にもつながります。(セロトニンは黄昏時からメラトニンに変身するのです)
質の良い睡眠は、自律神経のバランスを整えるためにとても大切。できるだけ夜ふかしはせず、0:00前には就寝することが重要です。



・朝食を摂る

また、起床後はお魚を中心とした和朝食を摂るのがおすすめ。腸のぜん動運動を促すことで腸内環境が整って、免疫にも良い影響を与えます。
「朝はあまり食べられない…」という場合は、白湯を1杯飲むだけでもOK。
さらに、カイロを使ってお腹周り(みぞおちとおへその真ん中)を温めれば、効率的に全身を温められて自律神経をリラックスさせることもできますよ。



・コーヒーより緑茶を選ぶ

ある実験によれば、緑茶を飲むとインフルエンザの発症率が低くなったという結果が得られています。
緑茶にはストレス緩和に効果的なテアニンが豊富に含まれているので、リラックスしたい時にも有効でしょう。
また、緑茶などの水分はできるだけこまめに摂るようにしてください。のどの乾燥を抑えられ、粘膜に付いたウイルスを流し込んで胃液で死滅させることができます。
ちなみに、納豆やキムチといった発酵食品、牛肉、鶏むね肉などは抗酸化作用が高く、活性酸素を抑えてくれるので免疫力アップに貢献してくれるようですよ。


4.さいごに

「COVID-19」・・・今巷を震撼させている新型コロナウィルス。」
日本でもマスクが品薄状態となっています。マスク、マスクと世間は騒いでおりますが、それよりも、先述の手洗いとうがい!
一般市販のマスクは「自身の咳やくしゃみ」の被害を抑える為のエチケット商品です。侵入するウィルスを防ぐものではないと言われております。ならば自身の身体の機能を上げるしかありません。

手洗いうがい(鼻うがい)は勿論、私が思うのは「手袋」を着用していない人の多さ。
マスクはしっかりしているのに、素手でエスカレーターやつり革に触れ、平気で顔を掻いたり眼をこする…これじゃ言わずもがなですね。
しっかりと自身でプロテクト出来る事はしっかり行い、十分の睡眠としっかりと栄養を摂る事を心掛けていきましょう。

今年は例年よりもインフルエンザがグンと少ないと言とわれております。
なぜ!?手洗いうがいを徹底する人が増えたからだそうです。
毎年、予防接種も受けず、また、風疹やはしかワクチンなどにも関心を示さないのに、今回「マスクマスク」と騒いでいるのを見ると、何とも滑稽に見えるのは私だけでしょうか・・・

自律神経を整えて健康的な生活を送りましょう。

【参考】
EX・X GOLD「Dr.が勧める自立健康のススメ」
https://www.emx-gold.jp/column/details.php?id=40

カテゴリ:

< 正月太りと自律神経の関係について  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

正月太りと自律神経の関係について

正月太りと自律神経の関係についての続きを読む

休み明けの体調不良と自律神経の関係について

2020年、あけましておめでとうございます!
今回のお正月休暇は、少し長めの9連休という方が多かったのではないでしょうか。
長いお休みはうれしいものですが、
その分休み明けからの仕事がつらく感じている方も多いのではないでしょうか!?

さらに、だるさや食欲不振といった体調不良に陥る方も多く見られるようですが、
今回はそんな長期の休み明けに陥りやすい体調不良について
“自律神経を整える”という観点からお話していきます。


休み明けの体調不良と自律神経の関係

【目次】
1.休み明けに多い症状
2.休み明けの体調不良の主な3つの原因
3.休み明けを元気に過ごすには?
4.さいごに

休み明けの体調不良と自律神経の関係についての続きを読む

2019年版|自律神経について

2019年も終わりに近づいてきましたね。
このコラムでは、自律神経について様々なテーマと絡めてご紹介してきました。
そこで今回は、2019年の総まとめとして、
今年書いたコラムから「自律神経を整えるのに役立つ情報」をピックアップして、まとめてみました。

自律神経まとめ

【目次】
1. 自律神経は体のすべてに影響する
2. 自律神経と風邪
3. 自律神経と不眠症
4. 自律神経と肥満
5. さいごに

2019年版|自律神経についての続きを読む

自律神経と飲酒の関係について

今年も師走を迎え、楽しい忘年会シーズンがやってまいりました。
「今日は飲みすぎないぞ!」と心に決めても、楽しさのあまりつい飲みすぎてしまい、
翌日に激しく後悔する…なんて日も多くなる季節です。

そこで今回は、飲酒が体や自律神経に与える影響や、
体への負担を少なくして楽しくお酒を飲む方法についてお話していきます。


【目次】
1.適量のお酒で病気リスクが減る?
2.適量のお酒とは?
3.飲酒をすると自律神経はどうなるのか
4.楽しくお酒を飲むために!
5.さいごに

自律神経と飲酒の関係についての続きを読む

自律神経と頭痛

ふとした瞬間に襲ってくる頭痛。
ジンジン…ズキズキ…。
頭痛持ちといわれる人も多いなか、「薬以外にも何か対策はないのかな…」
とお悩みの方も多いのではないでしょうか!?

今回は、自律神経の調整を得意とする鍼灸のプロが、
頭痛と自律神経の関係や頭痛の予防法について解説していこうと思います。

自律神経と頭痛
【目次】
1. 多くの人を悩ませる「片頭痛」と「緊張性頭痛」
2. 自律神経失調症からの頭痛
3. 頭痛への対処法
4. さいごに

自律神経と頭痛の続きを読む