HOME > 自律神経 コラム > 自律神経 > 休み明けの体調不良と自律神経の関係について

自律神経 コラム

< 2019年版|自律神経について  |  一覧へ戻る  |  正月太りと自律神経の関係について >

休み明けの体調不良と自律神経の関係について

2020年、あけましておめでとうございます!
今回のお正月休暇は、少し長めの9連休という方が多かったのではないでしょうか。
長いお休みはうれしいものですが、
その分休み明けからの仕事がつらく感じている方も多いのではないでしょうか!?

さらに、だるさや食欲不振といった体調不良に陥る方も多く見られるようですが、
今回はそんな長期の休み明けに陥りやすい体調不良について
“自律神経を整える”という観点からお話していきます。


休み明けの体調不良と自律神経の関係

【目次】
1.休み明けに多い症状
2.休み明けの体調不良の主な3つの原因
3.休み明けを元気に過ごすには?
4.さいごに

1.休み明けに多い症状

長い休みが終わった時に起きやすい症状としては、次のようなものがあります。

・なんとなく体がだるい
・眠気がとれない
・食欲がない
・仕事に集中できない
・なんか気分が落ち込む

風邪のような微熱や咳が出たりといったハッキリした症状はないものの、「なんとなく調子が悪い」という状態になりやすいのが休み明けの体調不良。
だからこそ、休むに休みずつらい思いをしている方も多いのでは?


民間調査において、ビジネスパーソン500名に「連休明けに仕事がつらいと思うか」聞いたところ、8割以上がつらいと感じるという結果が得られました。特に「朝起きた瞬間」につらいと感じる方が多いようです。
また、休み明けにズル休みした経験がある方も13.6%いて、最も多いのが「体調不良」を理由にしたものだそうです。
ズル休みとはいえ、休み明けは「なんとなく」体調を崩すということは往々にしてあることですから、あながちズルとは言い切れないかもしれません(笑)

 

休み明け自律神経

2.休み明けの体調不良の主な3つの原因

長い休みが終わって体調を崩してしまうのは、休暇中の過ごし方に原因があります。
多くの方がしてしまっているであろう、体調不良を引き起こす主な3つの原因をご紹介しましょう。



朝寝坊してしまう

平日は眠い目をこすりながら気合いで起きる…という方は、せっかくの休みとなれば思う存分寝ていたいですよね。
しかし、夜更かしして朝寝坊ばかりしていると、太陽を浴びる時間が遅くなり、体内時計が狂って時差ボケのような状態になってしまうのです。
こうなってしまうと、「眠気・疲労感・集中力低下」といった厄介な症状が出やすくなります。
休みの2日間朝寝坊すると体内時計が30~45分遅れるといわれており、一度ズレたリズムはなかなか元に戻せません。
休みの間は、できるだけ普段と同じ時間に起きるように心がけましょう。



食べ過ぎてしまう

おいしいものがたくさんあるお正月、つい食べ過ぎてしまうものです。
しかし食べ過ぎによって、胃が疲れて消化が上手くいかなくなり、胃もたれや膨満感が続くことになります。
休みが明けても胃の不調を引きずり、うまく栄養が摂れず体力が落ちてしまうことにもなりかねません。
そのため、休みの間は特に食べ過ぎに気をつけて、合間に消化の良いものを挟んで胃を休めてあげてくださいね。



ストレスを強く感じてしまう

これは先ほどご紹介した「連休明けの仕事がつらい!」というアンケート結果にもつながりますが、長期休暇を楽しく過ごした後の仕事というのは、実につらく強いストレスを感じる要因になります。
人間はストレスを強く感じると自律神経のバランスが崩れ、「不安感・気分が沈む・集中力低下・疲れやすい」などの不調を感じるようになるのです。
ただ、休み明けがつらいのはご自身だけではありません。通勤中に肩を並べている人や職場の同僚だって同じことを感じているのです。
休み明けにSNSなどをのぞくと、それはもう絶望的なワードが並んでいるようですね!?



私がその昔カラテの現役時代に師範に常々言われたこと・・・
「自分がキツイ時には相手もキツイ! 自分が恐い時には相手も恐いと思っているものだ!」
なんて言われたのを思い出します笑。みんな同じ思いをして居るのですから、ご自分だけいきなりハイスピードなんてえのは避けましょうね!
必ず「失速」しますので。」

 

休み明け体調不良

3.休み明けを元気に過ごすには?

休み明けでも元気に過ごすにはどうすれば良いのでしょう。
休み中にちょっとだけ心がけてほしい3つのポイントをご紹介します。



いつも通りに起きる!

先ほどお話した通り、朝起きるのが遅くなると体内時計がズレてしまいます。
そのため、朝はできるだけ普段と同じ時間に起床して、太陽の光をたっぷり浴びましょう。
そうすることで体内時計がリセットされて、正常な状態に保つことができます。



朝ごはんを食べる!

さらに、体内時計のリセットに役立つのが「朝ごはん」。
朝ごはんを摂ると血糖値を下げるインスリンが分泌されて、これが体内時計をリセットしてくれます。
なお、魚の脂には体内時計をリセットする効果があるので、焼き魚などの“和食の朝ごはん”がおすすめです。



軽い運動をする!

長い休みでは、リラックスした時に活発になる副交感神経が優位な状態となるのが一般ですが、いったん仕事が始まると、アクティブな時に活発になる交感神経がカツーンと優位になってきます。

しかし、休み中にダラダラしすぎると、いざ仕事が始まっても自律神経の切り替えがうまくいかなくなってしまいます。
そのため、休みが明ける前に軽く運動しておくのがおすすめ。運動をするとアクティブな時に活発になる交感神経が働きだすので、仕事が始まっても自律神経の切り替えがしやすくなります。レース前のウォームアップランみたいなものでタイヤを温める感じですね!



休み明け疲れにくくするには

4.さいごに

休み明けの体調不良は、長くてもだいたい1週間ほどで良くなることが多いようです。
しかし、「いまいちスッキリしない…」という状態が続く場合は、自律神経の切り替えがうまくできていない場合もあります。そもそも休み前からの疲労の蓄積など・・・

そんなときは、一度自律神経機能のバランスを整える事をおススメ致します。
鍼灸を用いて自律神経の乱れを整え、体をいつも通りの状態へ!
2020年オリンピックyear!
「疲れにくいカラダ」そして「疲れが抜けやすいカラダ」両方を一緒に手に入れましょう!!
 


休み明け疲れにくい身体【参考】
睡眠ラボ
https://www.otsuka.co.jp/suimin/socialjetlag01.html
PR TIMES ビジネスパーソンの休み明け本音調査
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000044374.html

カテゴリ:

< 2019年版|自律神経について  |  一覧へ戻る  |  正月太りと自律神経の関係について >

同じカテゴリの記事

熱中症と自律神経の関係について 2020年版

本格的な暑さがやってくる季節になりました。梅雨が明ければ一気に真夏に突入です。
しかし、こうなると心配なのが「熱中症」。
そこで今回は、熱中症の症状や予防法、そして自律神経との関係についてお話していきます。


 


【目次】
1.そもそも熱中症って?
2.自律神経が乱れると熱中症になりやすい?
3.熱中症にならないために
4.さいごに

熱中症と自律神経の関係について 2020年版の続きを読む

季節の変わり目による体調の変化について

陽気のいい春が終わり、ジメジメと憂鬱な梅雨の季節がやってきました。
こういった季節の変わり目というのは、体調を崩しやすい時でもあります。
そこで今回は、自律神経の観点からこの時期に気をつけたい体調の変化についてお話ししていきます。


 


【目次】
1. 季節の変わり目の不調は自律神経が原因?
2. 季節の変わり目に起こりやすい体調の変化
3. 元気に季節を乗り越えるために!
4. さいごに

季節の変わり目による体調の変化についての続きを読む

新型コロナによる外出自粛で起こり得る症状について

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の発令から1ヶ月ほどが経ちました。
外出自粛が要請されるなか、みなさま自宅で過ごす時間が大幅に増えたことと思います。
そこで今回は、ずっと家にいることで起こり得る「体調の変化や不調」について
対処法と合わせてご紹介していきます。


【目次】
1.外出自粛でどんな症状が起こる?
2.危険!体の不調を知らせるサイン
3.外出自粛を元気に過ごすために
4.ストレスケアで免疫バランスを整える!

新型コロナによる外出自粛で起こり得る症状についての続きを読む

コロナの外出自粛中に自宅で自律神経を整える方法について

前回のコラムでは、コロナ対策と自律神経についてお話しました。
(前回コラム:https://www.anmin-do.jp/column/entry/post-56/

その中で、自律神経が乱れると免疫が下がって病気のリスクが高まるとして、
「免疫を上げる4つポイント」についてご紹介しましたね。

今回は、特に外出自粛要請や、これに伴うテレワークが増えるなか、
自宅で自律神経を整える方法についてお話していきます。


 

【目次】
1.自律神経が乱れるとどうなる?
2.自宅で自律神経を整える方法
3.さいごに

コロナの外出自粛中に自宅で自律神経を整える方法についての続きを読む

コロナ対策と自律神経について

世界的に猛威を振るっている「新型コロナウィルス」。
日本でも感染者が急増しています。

東京都などの首都圏では、
リモートワークや時差出勤、週末・夜間の外出自粛などが要請されており、
そのために普段と違う生活を送っているという方も多いと思います。

そこで今回は、コロナ対策による生活リズムの変化で気をつけたいポイントについ

自律神経や免疫システムの観点からお話していきます。


【目次】
1.生活リズムの変化に注意!
2.自律神経の乱れで免疫が下がる?
3.免疫を上げる4つポイント
4.さいごに

コロナ対策と自律神経についての続きを読む