HOME > 自律神経 コラム > 自律神経 > 肩こりと自律神経の関係について

自律神経 コラム

< 小顔矯正の持続性について  |  一覧へ戻る  |  鍼灸院で使われている鍼について >

肩こりと自律神経の関係について

現代社会において、多くの方が「慢性的」に悩まされている国民病ともいうべき「肩こり」。
パソコンやスマートフォンの普及によって、さらに深刻さが増しているのではないでしょうか。

そこで今回は、全身の調子を司る自律神経の観点から肩こりについてお話していきます。

 
肩こりと自律神経の関係について

【目次】
1.肩こりってどうして起こるの?
2. 肩こりの原因
3.自律神経が関係する肩こり
4.肩こりにはセルフケアが大切!

1.肩こりってどうして起こるの?

みなさんがよく口にする「肩こり」ですが、そもそも「肩こり」とは何のことなのでしょうか。
肩こりとは、肩まわりの筋肉の緊張や血行の悪化によって、首から肩、上腕に至るまでの広い部分に鈍い痛みや圧迫感、違和感、不快感を覚える状態のことをいいます。

主に、肩周辺にある次の2つの筋肉が大きく関与しています。
① 僧帽筋(そうぼうきん):首から背中にかけて広がっている筋肉
② 肩甲挙筋(けんこうきょきん):首の両サイドにあって頸椎と肩甲骨をつないでいる筋肉

これらをはじめとした筋肉は、血液や酸素を送る静脈をポンプの要領で動かしています。
つまり、筋肉の柔軟性を保つことが、血液や老廃物をスムーズに流すために大切なポイント。

それなのに、筋肉が緊張して柔軟性を失ってしまうと、血行不良を起こして老廃物が筋肉内にどんどん蓄積され、さらに血行が悪くなって肩こりが悪化するという負のスパイラルに陥っていくのです。


肩こりってどうして起こるの

2. 肩こりの原因

肩こりは、「筋肉の柔軟性」と「血行不良」が大きなキーワードになります。

実は、みなさんの生活習慣の中にはこれらの原因を引き起こす行動がたくさん隠れているのです。
具体的なものとしては、次のようなものが挙げられます。
 

ずっと同じ姿勢でいる
パソコン仕事などで長時間同じ姿勢のままだと首や肩まわりの筋肉が緊張し続けて、筋肉が柔軟性を失ってしまいます。

眼精疲労
同じ距離で同じものを見続けると目のまわりの筋肉の緊張や疲労が蓄積され、結果的に肩こりを引き起こします。

ストレスを感じる
仕事などでストレスに晒され続けると、身体に力が入ってこわばるだけでなく、交感神経が過剰に働いてしまい血管が収縮して血行不良が起こります。

身体を冷やしてしまう
人間は寒さを感じると交感神経が活発になって血管が収縮し、体温を保とうとします。
血管が収縮するということは血行が悪くなるということですから、肩こりにもつながっていきます。

いかがですか?いくつか身に覚えはありませんか?
さらに言えば、これに運動不足も加われば全身の筋肉はかたまる一方...ということは容易に想像がつくのではないでしょうか。

 

肩こりの原因

3.自律神経が関係する肩こり

前章では、肩こりの原因として「ストレスや冷えによって交感神経が過剰に働く」といったことをご紹介しました。

交感神経というのは自律神経のひとつで、日中活動する時に活発になるアクセルのような役割を担う神経のこと。
この交感神経は、強いストレスを受けたり、あるいは身体が冷えてしまったりすると緊張状態に陥ります。
すると血管が収縮し始め、血管が収縮すれば当然に血行も悪くなりますから、肩こりが引き起こされるというわけです。

肩こりというと姿勢や運動不足といった肉体的な原因をイメージしますが、
実はストレスや冷えを原因とした自律神経の乱れが引き金になっていることもあるのです。

 

自律神経が関係する肩こり

4.肩こりにはセルフケアが大切!

肩こりというと「マッサージ店に足が向いてしまう」という方も多いのでは?

マッサージで定期的にメンテナンスを行うことは、ご自身の身体を見つめなおす良い機会にもなって非常に良いですよね。
ただ、肩こりは普段の姿勢や行動のクセといった生活習慣に問題があることも多いため、マッサージなどのメンテナンスと併せてご自身でも生活習慣を見直してみることをおすすめします。

そこで、ここではいくつか日常のセルフケアの方法をご紹介します。


姿勢に気をつける
肩こりの大きな原因になる姿勢、それは何といっても猫背です。立っていても座っていても、背中が丸まっていると肩こりにつながります。
スッと背筋を伸ばして、「耳・肩・骨盤・くるぶし」が一直線になるような姿勢を心がけましょう。

ストレッチを心がける
デスクワークが続くときは、1時間に1回は伸びをしたり肩をまわしたりするなど、軽いストレッチをして筋肉をほぐしましょう。
また、休憩中はスマホを少しガマンして、遠くの景色を眺めてみる。そうして目の周りの筋肉を休ませてあげましょう。

肩まわりを冷やさない
冬の寒さだけでなく夏場の冷房には特に注意。ストールやスカーフを上手に使って、首や肩のまわりに冷気が直接当たらないよう気をつけてください。


簡単なものばかりなので、ぜひ明日からちょっとだけ意識してみてくださいね。
ちなみに、鍼灸治療は肩こりにも勿論大好評を頂いており、特に当院の鍼灸は、筋肉をほぐすと同時に自律神経のバランスを整えることも可能で様々な側面から肩こりだけではなく、身体全体に直接アプローチできるのが特徴です。
マッサージだけでは効果が実感できなかったり、なかなか持続しなかったりする方は、ぜひ鍼灸治療も体験されては如何でしょう!?

 

※「マッサージ」や「指圧」「あんま」は国家資格です。多くのトラブルを未然に防ぐ為に「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格者の施術を受けられる事をお勧め致します。


肩こりにはセルフケアが大切
【参考】
公益社団法人日本整形外科学会
https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/stiffed_neck.html

カテゴリ:

< 小顔矯正の持続性について  |  一覧へ戻る  |  鍼灸院で使われている鍼について >

同じカテゴリの記事

鍼灸院で使われている鍼について

テレビなどでよく見かける鍼治療。
「あんなに鍼を刺して痛くないの…?」
と疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、鍼灸院で使われている鍼について、
その太さや材質など詳しくご紹介していきます。

鍼の一本一本には痛みの軽減や衛生面といった点で様々な工夫がされているので、
「鍼に挑戦してみたいけど少し不安…」という方は
ぜひ参考にしてみてくださいね。


 

鍼灸院で使われている鍼

【目次】
1.鍼の種類って?
2.鍼には痛みを抑える工夫がたくさん
3.さいごに

鍼灸院で使われている鍼についての続きを読む

体温調節ができない原因と対策について

暑い日が続くこのごろ、
「最近、暑いのに汗をかかない…」
「暑いはずなのになんだか冷える…」
なんて経験はありませんか?

実はそれ、体温調節がうまくいっていないのかもしれません。
そこで今回は、体温調節がうまくいかない原因や、
身体の不調を防ぐ対策についてご紹介していきます。


 
体温調整ができない

【目次】
1.夏の体温調節が難しい原因は「温度差」!
2.自律神経によって体温調節が行われるメカニズムとは?
3.夏を快適に過ごすための対策
4.さいごに

体温調節ができない原因と対策についての続きを読む

自律神経障害とEDの関係について

自分の意志ではどうにもならないED。
「今日は疲れているからな…」「いつか治るだろう」と思いながらも、
パートナーといい雰囲気になること自体を避けるようになっていませんか?

そこで今回は、EDの症状や要因をご紹介しながら、
自律神経の働きとEDの関係についてお話ししていきます。


自律神経障害とEDの関係について
【目次】
1.EDとは?
2.EDを引き起こす様々な要因
3.自律神経とEDについて
4.まずはスキンシップを大切に!

自律神経障害とEDの関係についての続きを読む

不眠症に鍼灸院が効果的な理由について

日中の忙しさから解放されて、いざゆっくり寝ようと思ったのに
「なんだか頭が冴えて眠れない…!」
なんて経験はありませんか?

そんな夜もたまにはあるものですが、
これが頻繁に起こって日中に支障を来たすようになったら…。

かといって「不眠のお薬って依存性がありそう…」と
抵抗を感じている方も多いと思います。

そこで今回は、
不眠症の改善に鍼灸院がお役に立てる理由について
お話ししていきます。


 
不眠症に鍼灸院が効果的な理由について

【目次】
1.不眠症とは?
2.不眠症に鍼灸は効果的なの?
3.安眠道鍼療院での症例
4.さいごに

不眠症に鍼灸院が効果的な理由についての続きを読む

更年期と自律神経の関係について|2019年版

顔のほてりや発汗など、様々な症状が起こりやすい更年期。
「こんな症状、わたしだけ…?」
「忙しいのに調子悪くて困っちゃう…」と
つらい思いをされている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、更年期に不快な症状が起こる要因と併せて、
更年期を乗り切る方法についてもご紹介していきます。

更年期と自律神経
【目次】
1.更年期とは何か
2.更年期障害のメカニズム
3.自律神経からみた更年期
4.更年期を明るく乗り切りましょう!
5.さいごに

更年期と自律神経の関係について|2019年版の続きを読む