HOME > コラム > 自律神経 > バセドウ病と自律神経の症例報告

コラム

< 自律神経と肩こりについて|症例報告  |  一覧へ戻る  |  不眠の克服|症例報告 >

バセドウ病と自律神経の症例報告

皆さんこんにちは、鍼職人Kです。
今回も前回に続きクライアント体験談のお話です。

【バセドウ病と自律神経の症例報告】


バセドウ病と自律神経の症例報告
起床時の激しい頭痛,眼球の突出,10kg近くの体重の減少
常にだるくて疲れやすい,動悸や息切れ,焦燥感と
辛い症状であるバセドウ病と向き合ったお話です。


【目次】
・出会い
・最初の主訴
・バセドウ病
・バセドウ病の治療経過
・そして現在

出会い

今日子さん(仮名)(40代 / セラピスト)

今日子さんとは目白の鍼灸院で院長をしていた頃からの付き合いでもう10年になります。
最初は交流磁気のマグネセラピーにいらしておりました。
それまでは町中にあるリラクゼーションに通っていたそうですが、
健康系のイベントでマグネセラピーを知り、興味をもたれたのがきっかけでご来院されました。
前々から鍼灸に興味があったそうですが、たくさんある鍼灸院や治療院の中から、どこに行けば良いのか分からずに迷っていたそうです。
また自律神経に関しても興味があったそうで、まさにに「渡りに舟」の様な感じから始まり、現在までお付き合いをさせて頂いております。

※マグネセラピーとは・・
簡単に説明すると交流磁気により人体の深部(毛細血管)に作用し、血行促進を促すこと。

最初の主訴

主訴としては慢性的な頑固な肩こりでした。
責任感の強い今日子さんは、お仕事で精神的にも体力的にも無理をされていたのか、
いつもなんだかお疲れの表情をされていたのを今でも覚えております。

※ここでワンポイント
今の時代、皆さんが抱えている身体の不調第一位が肩こりで、二位に腰痛、三位に足の痛みなどと続くのですが、
実際、仕事でパソコン、行き帰りの通勤と帰宅してからはスマホという昨今、そのデータも納得です。
因みに電車で座っている方を今度見てみてください。
ほとんど全員の方が下を向いてます。
その姿勢、首や肩にかかる重さ・・・“約25kg”米袋二つ半の重さを背負って、スマホを覗き込んでいる訳です。


スマホ肩こり

バセドウ病

初回から鍼治療の効果を実感され、身体の軽さや視界の明るさを感じてくださった今日子さん。
それでも早番・遅番のシフト制の勤務で不規則な生活に加え、残業続きが重なりとても辛そうでした。

しかし、やはり無理が重なっていたのでしょう。
あるいつもの治療の日、衝撃的な事を聞かされるのです。

病気がわかるまでの半年間、
異常な焦燥感で疲労困憊状態でも焦燥感に突き動かされて、
落ち着きなくあれもこれもしなければと動き回ってしまうのも良くなかった、
余計に疲労を蓄積させて悪化の原因になった、

甲状腺機能亢進症のひとつである「バセドウ病」という自己免疫疾患を患ったと。

  • 異常な焦燥感。
  • 眼球の突出が目立ってきた。
  • 起床時の激しい頭痛。
  • 10kg近くの体重減少。
  • 常にだるくて疲れやすい。
  • 動悸や息切れが酷い。

ここで「甲状腺」とは何かを簡単にお話ししますと、
だいたいのど仏の下に位置し蝶のような形をしており、
全身の細胞の代謝を活発にしたりする「甲状腺ホルモン」を分泌する場所です。
この機能が亢進すると、自律神経の交感神経をも亢進してしまいます。

バセドウ病にかかると、
自律神経機能の交感神経が高ぶりやすくなる為、
高血圧になったり、ふるえやイライラ、汗をかきやすくなったり、お腹がゆるくなります。
また、動悸や脈が早くなり、いつも緊張しているような感じに見舞われ、
疲れやすいなど様々な症状が出ると言われています。
中には眼の周りの筋肉の炎症により眼球が突出してくる人もいます。

当時の今日子さんも実は右眼だけ少し突出気味で、左右差があり、そちらだけ完全にまぶたを閉じる事が出来ませんでした。
その日から、二人三脚の戦いが始まりました。

バセドウ病

バセドウ病の治療経過

まずは体力が落ちて疲れやすい状態の今日子さんに、週一回の治療に通ってして貰うようにお願いしました。
当時まだ新人であった私は、持っているものを全て出しました。
恩師の西條一止先生直伝の鍼による自律神経調整と眼の筋肉の炎症に対して恩師に相談しながら、
その頃の少ない技術をただただ愚直に行いました。
今日子さんも大好きな仕事をセーブし、内分泌系の漢方クリニックと併用しながら週一回通ってくださいました。

その甲斐があり、4ヶ月後には血液の数値も安定してくるようになり、
半年後の眼科検診では両目の差はなしと診断され眼の状態はひとまず落ち着く事が出来ました。
まだ体力的には自信がないものの、更にそこから2~3か月後には、今日子さんの周りの人から体調がよさそうになったと言われるようになり、その頃位から今日子さんご自身も少しずつ自信を持っていってくれたそうです。


そして現在

それから程なくして、草津まで温泉旅行に行く元気が出るまで回復し、
それを期に週一回の鍼灸治療とお薬を飲みながらですが、仕事も通常通りに戻るまでによくなりました。

今の仕事が大好きな今日子さんは、いつもお客さま第一に考え、どうしたらお客さまが喜ぶか、満足してくれるかを常に努力をされている姿勢はこちらも学ばせて頂いております。
これからもそんな今日子さんのサポートを今まで同様しっかりしていきます!

バセドウ病を克服して旅行

カテゴリ:

< 自律神経と肩こりについて|症例報告  |  一覧へ戻る  |  不眠の克服|症例報告 >

同じカテゴリの記事

ぽっこりお腹と自律神経の関係とは!?

皆さん、新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


一月も中旬となり、皆さん通常通りの生活になっているかと思いますが、
「体重」のお変わりありませんか!?


当院の常連さんも「食べ過ぎた、飲み過ぎた」「確実に太った!」とお話される方が少なく無く、
何を隠そう私もその一人で、今年からまた節制を始めた次第で御座います笑。

そんなこんなで「正月太り」でお悩みの方や普段からのダイエット等でお悩みの方々へ、
今回の鍼職人Kの身体のお話では、それらと「自律神経」の関連について簡単に見ていきましょう。


自律神経とぽっこりお腹
【目次】
・満腹・空腹とは!?
・女性の方が大食漢の訳とは!?
・自律神経の乱れと肥満の関係性について
・やせたい人!!
・ダイエットの味方はゆで卵!?

ぽっこりお腹と自律神経の関係とは!?の続きを読む

最近、疲れやすく、疲れが抜けにくいと感じたら

突然ですが皆さん、今現在「健康」ですか!?
こう聞かれて、「ハイ!健康です!」と
即答できる方って現代社会においてどれ位いらっしゃるでしょうか。

「病気でもなく虚弱なわけでもなく、心身共に社会的にも満たされた状態」であると
ほとんどの方が思っていれているでしょうか!?

実はこれ、前に当院コラムでもご紹介しましたが、
WHO(World Health Organization )世界保健機関が提唱している
「健康の定義」なのです。

これが健康だとすると!?

少なくとも我が日本では、もしかしたら極ごく僅かかも知れませんね!?
本コラムは最近、疲れやすく、疲れが抜けにくいと感じている人向けとなっております。


最近疲れやすい【目次】
現代の職場環境について
健康に向けて出来る事から始めよう
最重要課題は自律神経バランス!
自律神経を整えてしっかりと睡眠を!
女子必見!なぜ足は浮腫むのか!?
最後に

最近、疲れやすく、疲れが抜けにくいと感じたらの続きを読む

自律神経と鍼灸治療について

朝晩の本格的な冷え込みが厳しくなってまいりました。
しかしまだ昼間は上着なしでも出掛けられ、
室内に入るとまだ汗ばむ日もあります。

そして、また帰宅時はすっかり冷え込み、
思わず寒いッと「ぶるッ」と身体を震わせ、
家路につく方も少なくないでしょう。

さて、今回の鍼職人Kの身体の話は
当院専門の自律神経と鍼治療の関係についてです。

では簡単にみていきましょう。

自律神経と鍼灸院について

【目次】
・鍼灸と自律神経
・鍼で整える自律神経
・自分で出来る自律神経の調整
・最後に
・余談

自律神経と鍼灸治療についての続きを読む

冷え性対策について

《今年の冬を乗り切るために!》

プロ野球日本シリーズも終わり、ふたを開けてみれば今年もホークスの圧勝。
これが終わるといよいよ冬へ突入といった感じがある今日この頃ですが、
皆さんお変わりなくお過ごしでしょうか?

一昨年の11月には、54年ぶりだという初雪が降りましたが、
今年は鹿児島の気温よりも札幌の気温の方が高いなどとうこれまた異常な日もありますが、
やはり、朝夕ではかなり冷え込む様にはなって来ました。

ですので皆さん、今のうちから冷えに負けない身体を一緒に作っていきましょう!

 
自律神経と冷え性の対策について

【目次】
・実は多い!冷えを感じている人
・なぜ身体は冷えるのか!?
・温活の必要性について
・最後に

冷え性対策についての続きを読む

頭痛と自律神経の関係について

「頭が痛くなる…」そういえば頭が痛い、
頭痛ってどこが原因で痛くなるものなのか考えた事ってありますか?

今回の鍼職人Kの身体のお話は、頭痛と自律神経の関係についてです。

頭痛と自律神経の関係
【目次】
・脳は痛みを感じない!?
・頭痛の種類
・自律神経失調症からの頭痛
・最後に


頭痛と自律神経の関係についての続きを読む