HOME > コラム > 自律神経 > 自律神経と腹痛の関係について

コラム

< 自律神経と体温調節について【続編パートⅡ】  |  一覧へ戻る  |  自律神経と発汗について >

自律神経と腹痛の関係について

~自律神経と腹痛の関係について~


皆さんこんにちは。鍼職人Kです。
今回の誰でもわかる身体のお話しは「自律神経と腹痛」についてです。
誰でも一度は経験のあるこのお腹の痛み・・・。
大事な時に限って突然やって来る事も少なくなく、とても辛いものです。
人は歯が痛いのとお腹の痛みは我慢が出来ないほど辛いと云われているぐらいですから。
(じっとしていても痛いですものね汗;)

あのキリキリする痛みや締め付けられる様な痛みは、
想像するだけで脂汗が出てきそうです…

それでは簡単に見ていきましょう。


【目次】
・腹痛と腸の関係について
・夏場の冷やしすぎに注意すること
・余談
・鍼職人Kの紹介

腹痛と腸の関係について

まず「口から入った物は身体の中でどうなるのか?」「お腹をこわすという事はなにか!?」などを少し見ていきましょう。
私たちはご存じのとおり、正常時は口から食物、水分を摂ります。
食べ物や飲み物は、食道を通り胃に到達します。
そして、更に小腸へ行き大腸を通り、直腸、肛門から便が排泄されると云う事は皆さんお分かりかと思います。

ここでもう少し詳しくお話しすると、胃に内容物が入ると胃壁が刺激され、大腸が動きだし便意を感じます(胃・大腸反射)。
食べ物は、口や胃や小腸で、アミラーゼやペプシンなどの消化酵素により消化され更に、小腸へわたり細かく消化された後吸収されます。
小腸では、水分と大部分の栄養素は吸収され、栄養素を吸収された食べ物は、便となり大腸へ送られますが、大腸へ来たばかりの便はほぼ液体の状態です。大腸の形に沿い上方→横方→下方へと進みながら前述の様に、水分を吸収し固形の形にして、直腸に進み肛門から排泄されます。

正常な便に含まれる水分は70~80%ほどでバナナ状で※黄土色または、茶褐色をしています。
先述のように大腸は主に「水分吸収」が仕事で、この「仕事」が上手くいかないと所謂“下痢”(お腹をこわす)という現象になるのです。

子供の頃、よくジュースやアイスクリームなどを食べ過ぎて、お腹壊す事がありましたが、
この原因は水分過多や冷えて働きが上手くいかないと云った様な、この腸の働きの滞りがほとんどでしょう。

自律神経と冷え

夏場の冷やしすぎに注意すること

ちょっとここで想像してみてください・・・。
氷の中に手を30秒くらいで良いので突っ込んでみましょう・・・
直後に手を出して、全く常温と同じ様に手を動かせますか!?
大多数の方は、まさに動きが滞るのではないでしょうか?


手を動かすのも内臓も、同じ「筋肉」です。
日常生活において冷え過ぎは良くないと云う事が少しお分かりになって頂けるのではないでしょうか!?

また、冷えや寒いという環境は自律神経の「交感神経」を優位にしてしまいます。
血管を収縮させて、熱を放出させないようにしたり、脂肪・エネルギーをどちらかと云えば蓄える方向へ動きます。

消化吸収は、自律神経の「副交感神経」が主に担当しますからそれでは都合が良くはありません。
つまり、「自律神経の良いバランス=良い消化吸収」とも云えるのですね。

余談

そう云えば・・・
子供のころ給食が終わった途端、一目散にボールを持って走りだし遊び始めると、みんな口々に「腹痛ぇ~」ってなり、女子が男子ダサ~って白い目で見ていたのは、身体がご飯を食べてからしっかりと消化したいにも関わらず、
いきなり走りだすことで“交感神経”が、ガガーンっと上がって 興奮状態により胃腸への働きが鈍くなっているのも原因のひとつなのです。

いかんせん男なんてのは単純でいつまでもこんなもんなんです笑。
収集癖があったり、模型が好きであったり・・・
更に言うと、男性脳は趣味やコレクションに没頭するのが、脳に良いと云われます。
女性はと云えば、「お友達との会話」が脳の活性化だそうです。つまり男も女性も「ボケない」と云う事なのです。

男は小さい時から石ころ集めから始まり、大人になり飲料や食品のキャラクター集めたり、
女子は昔から、お冷だけで永遠とお店でおしゃべりできるのを見ると納得できる部分もありますね笑!

食後の運動

鍼職人Kの紹介

吉祥寺の自律神経の調整から肩こり・腰痛・冷え性・不眠症・眼精疲労・ダイエット・生理痛・美容面までを対応する鍼の専門家。
ご自分で出来る簡単なセルフケアや生活習慣の改善などのご相談にものっております。
「家族」のように寄り添って心も身体も軽くしてあげたい!を信念に
皆さまの健康と美容をより良くなって頂けるよう最大限サポートいたします。

自律神経調整の鍼職人
安眠道鍼療院 院長 
国家資格保有
【パソコン版】ご相談・ご予約はこちらより
【スマホ版】ご相談・ご予約はこちらより
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カテゴリ:

< 自律神経と体温調節について【続編パートⅡ】  |  一覧へ戻る  |  自律神経と発汗について >

同じカテゴリの記事

ぽっこりお腹と自律神経の関係とは!?

皆さん、新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


一月も中旬となり、皆さん通常通りの生活になっているかと思いますが、
「体重」のお変わりありませんか!?


当院の常連さんも「食べ過ぎた、飲み過ぎた」「確実に太った!」とお話される方が少なく無く、
何を隠そう私もその一人で、今年からまた節制を始めた次第で御座います笑。

そんなこんなで「正月太り」でお悩みの方や普段からのダイエット等でお悩みの方々へ、
今回の鍼職人Kの身体のお話では、それらと「自律神経」の関連について簡単に見ていきましょう。


自律神経とぽっこりお腹
【目次】
・満腹・空腹とは!?
・女性の方が大食漢の訳とは!?
・自律神経の乱れと肥満の関係性について
・やせたい人!!
・ダイエットの味方はゆで卵!?

ぽっこりお腹と自律神経の関係とは!?の続きを読む

最近、疲れやすく、疲れが抜けにくいと感じたら

突然ですが皆さん、今現在「健康」ですか!?
こう聞かれて、「ハイ!健康です!」と
即答できる方って現代社会においてどれ位いらっしゃるでしょうか。

「病気でもなく虚弱なわけでもなく、心身共に社会的にも満たされた状態」であると
ほとんどの方が思っていれているでしょうか!?

実はこれ、前に当院コラムでもご紹介しましたが、
WHO(World Health Organization )世界保健機関が提唱している
「健康の定義」なのです。

これが健康だとすると!?

少なくとも我が日本では、もしかしたら極ごく僅かかも知れませんね!?
本コラムは最近、疲れやすく、疲れが抜けにくいと感じている人向けとなっております。


最近疲れやすい【目次】
現代の職場環境について
健康に向けて出来る事から始めよう
最重要課題は自律神経バランス!
自律神経を整えてしっかりと睡眠を!
女子必見!なぜ足は浮腫むのか!?
最後に

最近、疲れやすく、疲れが抜けにくいと感じたらの続きを読む

自律神経と鍼灸治療について

朝晩の本格的な冷え込みが厳しくなってまいりました。
しかしまだ昼間は上着なしでも出掛けられ、
室内に入るとまだ汗ばむ日もあります。

そして、また帰宅時はすっかり冷え込み、
思わず寒いッと「ぶるッ」と身体を震わせ、
家路につく方も少なくないでしょう。

さて、今回の鍼職人Kの身体の話は
当院専門の自律神経と鍼治療の関係についてです。

では簡単にみていきましょう。

自律神経と鍼灸院について

【目次】
・鍼灸と自律神経
・鍼で整える自律神経
・自分で出来る自律神経の調整
・最後に
・余談

自律神経と鍼灸治療についての続きを読む

冷え性対策について

《今年の冬を乗り切るために!》

プロ野球日本シリーズも終わり、ふたを開けてみれば今年もホークスの圧勝。
これが終わるといよいよ冬へ突入といった感じがある今日この頃ですが、
皆さんお変わりなくお過ごしでしょうか?

一昨年の11月には、54年ぶりだという初雪が降りましたが、
今年は鹿児島の気温よりも札幌の気温の方が高いなどとうこれまた異常な日もありますが、
やはり、朝夕ではかなり冷え込む様にはなって来ました。

ですので皆さん、今のうちから冷えに負けない身体を一緒に作っていきましょう!

 
自律神経と冷え性の対策について

【目次】
・実は多い!冷えを感じている人
・なぜ身体は冷えるのか!?
・温活の必要性について
・最後に

冷え性対策についての続きを読む

頭痛と自律神経の関係について

「頭が痛くなる…」そういえば頭が痛い、
頭痛ってどこが原因で痛くなるものなのか考えた事ってありますか?

今回の鍼職人Kの身体のお話は、頭痛と自律神経の関係についてです。

頭痛と自律神経の関係
【目次】
・脳は痛みを感じない!?
・頭痛の種類
・自律神経失調症からの頭痛
・最後に


頭痛と自律神経の関係についての続きを読む