HOME > 自律神経 コラム > 花粉症 > 花粉症と自律神経の関係について|2021年版

自律神経 コラム

< コロナストレスも原因に?腹痛と自律神経の関係  |  一覧へ戻る  |  春先の冷え性について|自律神経との関係 >

花粉症と自律神経の関係について|2021年版

いよいよ今年も花粉の季節が近寄ってきました。

今年は新型コロナ対策もあって、色々と気をつけることが多くて大変ですよね。
そこで今回は、2021年の花粉の傾向とともに、
コロナ禍で気をつけたい花粉対策についてご紹介していきます。




【目次】
1.2021年の花粉は多い?少ない?
2.花粉症の原因とは?
3.コロナ禍での花粉症対策
4.自律神経を整えるのも花粉症対策に
5.さいごに

1. 2021年の花粉は多い?少ない?

日本気象協会の発表では、2021年の花粉の飛散量は例年に比べて全国的に少なくなる見通しだそうです。

ただ、昨年の2020年に比べると非常に多いとのこと。
これは昨年の飛散量が少なかったためで、前シーズンは症状が軽かったという方も今年は注意が必要です。

飛散のピークを見てみると、スギ花粉は3月、ヒノキ花粉は4月だそう。
これから到来する本格的な花粉シーズン。
今からしっかり対策していきたいですね。


2. 花粉症の原因とは?

そもそも花粉症(アレルギー鼻炎)とは、スギやヒノキの花粉が体内に入って、免疫が過剰に反応すること。
この過剰反応により、鼻水やくしゃみ、目のかゆみといった症状を引き起こします。
なかには、微熱やのどの違和感を覚える方もいて、風邪や新型コロナとの見分けがつかないのが厄介な点です。
では、花粉症を引き起こすメカニズムを少し見てみましょう。

  1.  花粉が身体の粘膜に付着する
  2.  免疫の元となる抗体ができて、マスト細胞という細胞と結合
  3.  その後、再び花粉が侵入すると、マスト細胞がヒスタミンなどのアレルギー誘発物質を放出
  4.  これらの物質が知覚神経を刺激して、鼻水やくしゃみが起こる
このように花粉症は、抗体(免疫システム)の過剰反応なわけですが、この「免疫システム」は自律神経が大きく関係しています。
つまり言い換えれば、自律神経が乱れると免疫システムが正常に働かなくなり、花粉の症状が出やすくなるのです。


3. コロナ禍での花粉症対策

花粉症対策といえば、マスクや服薬が一般的ですよね。
さらに、「帰宅後は衣類についた花粉を払い落す」「凹凸のないツルツル素材のコートを着る」といった厳重対策を行っている方も多いかもしれません。
様々な対策がありますが、なかでもコロナ対策にもなって一石二鳥な方法をご紹介します。


1 手洗い・うがいをする
コロナ対策の基本でもある手洗いですが、花粉も一緒に洗い落とせるため効果的。
今はアルコール消毒で済ませる場合もありますが、できるだけ水とせっけんでしっかり手を洗いましょう。
また、うがいをすることで侵入した花粉を洗い流すことができます。


2 マスク&メガネをつける
こちらも基本的な対策ですが、花粉にもコロナにも効く効率的な方法。
花粉をブロックするのはもちろん、ウイルスのついた手で目や鼻をいじるのも防いでくれます。
特に花粉症の方は、つい目や鼻をいじってしまいがち。
無意識に手で触れてしまわないためにも、マスク&メガネは忘れずつけましょう。
ちなみにメガネは、サングラスや伊達メガネでもOKですよ。

なお、花粉が飛びやすい日には特徴があるので、こういった日は特に気をつけて対策するようにしてくださいね。

<花粉が飛びやすい日>
  • 晴れた日や曇りの日
  • 雨が降った翌日
  • 最高気温が高めの日
  • 湿度が低くて乾燥している日

4. 自律神経を整えるのも花粉症対策に

お話したように、花粉症を起こす免疫システムは、自律神経に大きく影響されます。
その証拠に、朝起きたときにひどい鼻づまりを感じたり、鼻水やくしゃみが止まらなくなったりしたことはありませんか?
これは「モーニングアタック」といって、起床時に自律神経が切り替わることで引き起こされるともいわれています。
やはり花粉の症状を軽くしたい場合は、自律神経を整えることも重要なのです。

そこで、花粉をマスクやメガネで直接ブロックする対策に加えて、以下のような自律神経を整える対策にも目を向けてみてください。

<自律神経を整える基本>
  • 早く寝て早く起きる
  • バランスのとれた食事を摂る
  • 適度な運動をする
どれも健康のために必要とされる基本的なものばかりですが、
このような規則正しい生活こそが自律神経がきちんと働くためにとても大切なことなのです。


5. さいごに

今年は例年の花粉症対策に加えて、コロナ対策も必要になります。

  • 手洗いうがいで花粉とウイルスを同時に洗い流す
  • マスク&メガネで花粉とウイルスをブロック
こういった基本的な対策に加えて、規則正しい生活で自律神経も同時に整えることも大切です。
コロナ禍での花粉シーズン。みんなで一緒に乗り切りましょう!


【参考】
厚生労働省「花粉症特集」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kafun/index.html
日本気象協会「花粉飛散情報2021」
https://tenki.jp/pollen/

カテゴリ:

< コロナストレスも原因に?腹痛と自律神経の関係  |  一覧へ戻る  |  春先の冷え性について|自律神経との関係 >

同じカテゴリの記事

花粉症2020

厳しい寒さがひと段落して、今年も花粉の季節がやってきました。
今年は暖冬のせいか、早い時期から鼻や目に違和感を覚えている方も多いのではないでしょうか。
今回のコラムでは、2020年の花粉の傾向とともに、花粉症の原因や対策についてご紹介します。



【目次】
1.2020年の花粉は多い?少ない?
2.花粉症の原因とは?
3.自律神経を整えて花粉症を軽くしよう!
4.さいごに

花粉症2020の続きを読む

自律神経と鼻づまりの関係性について

皆さんこんにちは。鍼職人Kの簡単な身体の話です。
今回は鼻の症状と自律神経の関連について、
雑学や豆知識などを交え、簡単にお話していきます。

自律神経と鼻づまり
【目次】
鼻とは!?
女性の鼻の方が男よりも良い!?
鼻の穴が二つは自律神経があるから!?
自分で出来る“鼻対策”!
鼻が通るツボ刺激!

自律神経と鼻づまりの関係性についての続きを読む

花粉症2019

さあ!今年もやって参りました。
そう“花粉”の季節が!

毎年、口癖の様に聞く「風邪流行っているよねえ」と
「今年花粉多いんだってさあ!」のこの二つ。

今年は特に多いらしく、なんでも去年の3倍くらいの量だそうです!!

東京都も東海や中国、四国地方に続き、
2月11(月)に花粉が飛び始めたと日本気象協会の発表がありましたが、
当院ではもう1月の下旬から症状が出始めた方も結構いらっしゃいましたので、
東京都も花粉の量は去年よりも多いのかも知れません。



花粉症2019年

本コラムは、早速なぜ「花粉症」が起こるのかと共に、
対策や予防法などごく簡単に見ていきましょう。



※関連コラム:花粉症について2018年版
※関連コラム:なぜ花粉症になるのか?



【目次】
・花粉症とは何か!?
・アレルギーとは何か!?
・どんどん増える花粉症!?
・日常生活においての注意点とは!?
・自律神経と花粉症
・お灸女子が花粉症対策!
・最後に

花粉症2019の続きを読む

花粉症について2018年版

皆さんこんにちは。
今回の鍼職人Kの身体のお話しは、花粉症のお話しです。
昨年もこの時期に花粉症についてお話しましたが、
そのおさらいと2018年の花粉症について傾向と対策をお話していきます。


花粉症悩み2018

【目次】
・花粉アレルギーって何!?
・花粉症っていつから現れた!?
・花粉症はなぜ増えた!?
・どんな人が花粉症になりやすい!?
・花粉症対策について2018年版
・自律神経と花粉症に効果的な治療メソッド!
・最後に

花粉症について2018年版の続きを読む

なぜ花粉症になるのか?

皆さんこんにちは鍼職人Kの“わかりやすい身体のお話し”です。
今回は皆さんどなたも御存じの「花粉症」について簡単にみていきましょう。


花粉症とは何か?アレルギーとは何か?
そしてなぜ起こり、セルフケアなどはあるのか?
など少しでも皆さんがイメージできるようになりましたら幸いです!
では、始めて行きましょう・・・

花粉症
【目次】
・花粉症の種類
・アレルギーとは?
・花粉症はなぜ起こる?
・花粉治療と対策
・まとめ

なぜ花粉症になるのか?の続きを読む