HOME > 自律神経 コラム > 自律神経 > 熱中症と自律神経の関係について 2020年版

自律神経 コラム

< 季節の変わり目による体調の変化について  |  一覧へ戻る  |  疲れやすい時の対処法って? >

熱中症と自律神経の関係について 2020年版

本格的な暑さがやってくる季節になりました。梅雨が明ければ一気に真夏に突入です。
しかし、こうなると心配なのが「熱中症」。
そこで今回は、熱中症の症状や予防法、そして自律神経との関係についてお話していきます。


 


【目次】
1.そもそも熱中症って?
2.自律神経が乱れると熱中症になりやすい?
3.熱中症にならないために
4.さいごに

1. そもそも熱中症って?

熱中症とは、熱が放出されず体内にこもることで引き起こされる様々な不調のことを言います。
原因としては、暑さによる体温調節機能の低下や、体内の水分と塩分のバランスの乱れが挙げられます。

熱中症は、以下のとおり症状によって3段階に分類され、それぞれ対応も変わってきます。



① 軽度:めまい・立ちくらみ・筋肉痛・汗が止まらない
【対策】
すぐに涼しい場所に移動して体を冷やして、水分と塩分を与える


② 中度:頭痛・吐き気・倦怠感・虚脱感
【対策】
自力で水分や塩分を摂れない場合は病院に搬送する


③ 重度:意識がない・けいれん・体温が高い・呼びかけに対する返事がおかしい・まっすぐ歩けない
【対策】
すぐに病院に搬送する

熱中症が疑われる症状が現れたら、まずは体を冷やすことが大切です。
氷などを使って首や脇の下、足の付け根、足首といった太い動脈が通っている部分を集中的に冷やしましょう。


2. 自律神経が乱れると熱中症になりやすい?

どのような人が熱中症になりやすいのでしょうか。
一般的には、持病のある人や高齢者、幼児、肥満の人、さらには暑さに慣れていない人や体調の悪い人が熱中症になりやすいと言われています。
実はこの熱中症、自律神経が乱れがちな人も注意が必要なのです。

熱中症は、体温調節が上手くいかなくなることで起こります。そして、この体温調節を司っているものこそが「自律神経」。
自律神経は暑さを感じると、皮膚に近い血管を拡張して熱を放出させ、さらに汗をかかせて体温を外に逃がします。
しかし自律神経が乱れていると、こういった一連の体温調節のシステムがスムーズにいかなくなり、体内に熱がこもって熱中症が起こりやすい体になってしまうのです。

一見、関係がないように見える「熱中症」と「自律神経」ですが、実は自律神経を整えることは熱中症の予防にもつながるのですね。



3. 熱中症にならないために

暑くなってくると欠かせない熱中症予防対策。
特に今年は、新型コロナウィルスによる「新しい生活様式」の下での熱中症対策が大切になります。
ここからは、環境省と厚生労働省のリーフレットを参考にしながら、具体的な対策について見ていきましょう。



① 暑さを避ける
エアコンを適切に使って室内を適温に保ちましょう。
この時、感染症予防のために定期的に換気をすることが重要。30分に1回以上、数分ほど窓を開けるのが良いそうですよ。
そして同時に、エアコンによる冷やしすぎにも注意が必要です。
冷えた室内から灼熱の屋外に出ると、激しい気温差に体がついていけず体調を崩すことも。
さらに自律神経のバランスの乱れにもつながるので、体を冷やしすぎないようにしてくださいね。


② 適宜マスクを外す
マスクをつけていると熱がこもりやすくなるため、屋外で人と2m以上の距離を確保できる場合はマスクを外しましょう。
また、マスク着用中は負荷のかかる作業や運動は避けるようにしてください。
不織布マスクは特に熱がこもりがちですが、ポリウレタン素材のマスクは付けている感じがせず比較的涼しく感じます。
最近では、ひんやり素材でできた冷感マスクも多く出てきているので、使いやすくて好みのデザインのものを探してみるのも楽しいですよ。


③ こまめに水分補給をする
そして熱中症対策でとても大切なのが「水分補給」。
のどが渇いていなくても積極的に水分を摂るようにしてくださいね。1日当たり1.2リットルが目安です。
特に、適度な塩分を一緒に摂れるスポーツドリンクや経口補水液で補給するのがおすすめ。
ご自宅で作る場合は、コップ1杯のお水にひとつまみの塩を入れた塩水でもOKです。


4. さいごに

これから梅雨が明けて一気に気温が上がってきます。
こういった「急に暑くなった!」という日が、熱中症の要注意DAY!
環境省の熱中症予防情報サイトに「暑さ指数(WBGT)」が出ているので、参考にしてみてくださいね。
暑さ指数(WBGT)参照ページ:https://www.wbgt.env.go.jp/wbgt_data.php
暑さにやられないように、自律神経と体調をしっかり整えて夏を乗り切りましょう!

 



【参考】
環境省 厚生労働省「令和2年度の熱中症予防行動」
https://www.wbgt.env.go.jp/pdf/20200526_leaflet.pdf
厚生労働省「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法」
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000618969.pdf

カテゴリ:

< 季節の変わり目による体調の変化について  |  一覧へ戻る  |  疲れやすい時の対処法って? >

同じカテゴリの記事

疲れやすい時の対処法って?

緊急事態宣言が解除されてから学校や会社そして多くのお店も再開し、
徐々に元の生活を取り戻しつつありますね。

しかし、自粛生活から一気に活動を再スタートすると、
「なんか疲れやすくなった…」「最近疲れがたまりやすくなったかも…」と感じる方が多いようです。

そこで今回は、疲れやすくなる原因と、日常のなかで簡単にできる対処法についてご紹介していきます。





【目次】
1.疲れやすい原因は「動かなさすぎの生活」!
2.疲れやすいと感じたら「お散歩」がおすすめ
3.疲れやすい時は「栄養」にも注目!
4.さいごに

疲れやすい時の対処法って?の続きを読む

季節の変わり目による体調の変化について

陽気のいい春が終わり、ジメジメと憂鬱な梅雨の季節がやってきました。
こういった季節の変わり目というのは、体調を崩しやすい時でもあります。
そこで今回は、自律神経の観点からこの時期に気をつけたい体調の変化についてお話ししていきます。


 


【目次】
1. 季節の変わり目の不調は自律神経が原因?
2. 季節の変わり目に起こりやすい体調の変化
3. 元気に季節を乗り越えるために!
4. さいごに

季節の変わり目による体調の変化についての続きを読む

新型コロナによる外出自粛で起こり得る症状について

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の発令から1ヶ月ほどが経ちました。
外出自粛が要請されるなか、みなさま自宅で過ごす時間が大幅に増えたことと思います。
そこで今回は、ずっと家にいることで起こり得る「体調の変化や不調」について
対処法と合わせてご紹介していきます。


【目次】
1.外出自粛でどんな症状が起こる?
2.危険!体の不調を知らせるサイン
3.外出自粛を元気に過ごすために
4.ストレスケアで免疫バランスを整える!

新型コロナによる外出自粛で起こり得る症状についての続きを読む

コロナの外出自粛中に自宅で自律神経を整える方法について

前回のコラムでは、コロナ対策と自律神経についてお話しました。
(前回コラム:https://www.anmin-do.jp/column/entry/post-56/

その中で、自律神経が乱れると免疫が下がって病気のリスクが高まるとして、
「免疫を上げる4つポイント」についてご紹介しましたね。

今回は、特に外出自粛要請や、これに伴うテレワークが増えるなか、
自宅で自律神経を整える方法についてお話していきます。


 

【目次】
1.自律神経が乱れるとどうなる?
2.自宅で自律神経を整える方法
3.さいごに

コロナの外出自粛中に自宅で自律神経を整える方法についての続きを読む

コロナ対策と自律神経について

世界的に猛威を振るっている「新型コロナウィルス」。
日本でも感染者が急増しています。

東京都などの首都圏では、
リモートワークや時差出勤、週末・夜間の外出自粛などが要請されており、
そのために普段と違う生活を送っているという方も多いと思います。

そこで今回は、コロナ対策による生活リズムの変化で気をつけたいポイントについ

自律神経や免疫システムの観点からお話していきます。


【目次】
1.生活リズムの変化に注意!
2.自律神経の乱れで免疫が下がる?
3.免疫を上げる4つポイント
4.さいごに

コロナ対策と自律神経についての続きを読む