HOME > 自律神経 コラム > 自律神経 > 花粉症2020

自律神経 コラム

< 風邪の予防と自律神経との関係  |  一覧へ戻る  |  自律神経の働きとEDの関係について【2020年最新版】 >

花粉症2020

厳しい寒さがひと段落して、今年も花粉の季節がやってきました。
今年は暖冬のせいか、早い時期から鼻や目に違和感を覚えている方も多いのではないでしょうか。
今回のコラムでは、2020年の花粉の傾向とともに、花粉症の原因や対策についてご紹介します。



【目次】
1.2020年の花粉は多い?少ない?
2.花粉症の原因とは?
3.自律神経を整えて花粉症を軽くしよう!
4.さいごに

1. 2020年の花粉は多い?少ない?

日本気象協会の発表では、2020年の花粉の飛散量は例年に比べて全国的に少なくなる見通しとのこと。地域によっても異なりますが、前年の7割ほどまで減少するようです。

昨年2019年は各地で大量の花粉が飛散しましたが、スギは花粉を出す雄花を大量につけた翌年は、気温や日照時間といった気象条件が同じであっても雄花が減少します。

そのため、2020年はスギの雄花が減少する年ということもあり、全体的に花粉の飛散量が減るようです。
とはいっても、花粉が飛散することには変わりありません。

しかも、先述の様に暖冬傾向にある今年は、2月下旬からピークを迎えるなど飛散のタイミングも早まっています。
例年通り、しっかりと花粉への予防対策をしていく必要はありそうです。

 


2. 花粉症の原因とは?

そもそも花粉症とは、スギやヒノキの花粉が体内に入り、免疫が過剰に反応を起こして鼻水やくしゃみ、目のかゆみ等といった症状を引き起こす症状のことです。

具体的には、まず花粉が身体の粘膜に付着すると免疫の元となる抗体ができて、マスト細胞という細胞と結合します。
そして、その後に再び花粉が侵入すると、マスト細胞がヒスタミンなどのアレルギー誘発物質を放出して、知覚神経を刺激することで「鼻水・くしゃみ・目のかゆみ」などの症状が起こります。

さらに、このアレルギー誘発物質は血管も拡張させるため、炎症が起きて「鼻づまり・目の充血」といったことにもつながります。

とてもシンプルに言ってしまえば、花粉症というのは免疫が「過剰反応」している状態。
この免疫システムは「自律神経支配」を受ける為、ひいては自律神経のバランスを整えることが花粉症対策の一助、つまり
"自律神経のバランスを整える=正常な免疫システムを保つ"と言えるのではないでしょうか!?



(当院クライアントの方々の感想です)
https://www.anmin-do.jp/voice/
https://www.shinq-compass.jp/salon/review/2328


3. 自律神経を整えて花粉症を軽くしよう!

「モーニングアタック」という言葉をご存知でしょうか?

モーニングアタックとは、朝起きたときに、くしゃみや鼻水などの症状が発作的に起こることをいいます。

これは、起床時に起こる自律神経の切り替わりによって引き起こされるともいわれています。
人間の体というのは、寝ている間はリラックスモードの副交感神経が優位な状態になっていますが、起床するとアクティブモードの交感神経に切り替わります。

この切り替わりのタイミングで一時的に自律神経のバランスが崩れ、起き抜けにくしゃみが止まらなくなったりひどい鼻づまりになったりするわけです。

つまり、花粉症をできるだけ抑えるには、先の様に「自律神経のバランス」が大切だということ。

副交感神経が優位なのはリラックスできて良い状態ともいえますが、やはり副交感神経も"過緊張状態"になるとアレルギー反応や鬱症状などを招くなどの要因にもなりえます。また花粉が怖くて自宅でゴロゴロしていると副交感神経が優位なままになってしまいますので、適度な運動で体を動かして交感神経を上げてみる、といったことも良策でしょう。
 


4. さいごに

花粉症への対策として日常で心がけたいこととしては、

・外出時はマスクやゴーグルを着ける → 体内に侵入する花粉を大幅にカット!
・ツルツル素材の服を着る → 衣類に付着する花粉をカット!
・自宅に入る前に花粉を払い落とす → 室内に持ち込む花粉をカット!

といったことが基本になります。

あと、おススメは「鼻うがい」!これは、今巷を震撼させている新型コロナウィルス予防にもぜひお試しください。

そして、これらの基本的な対策に加えて、前述のとおり自律神経のバランスを整えることが重要です。

当院では、鍼灸を使って自律神経のバランスを整える施術を得意としております。
もともと鍼灸は「予防医療」といった側面もあり、病気にならない身体を作る手助けとなるのです。

毎日毎日テレビで流れる「新型コロナウィルス」を脅威に感じている方も多いと思います。

まずは、「手洗いうがい(鼻うがい) 休養 栄養」は勿論、自分で出来る事は行っていかなくてはいけません。
そしてこんな時期だからこそ、日本の伝統医療である「鍼灸」で身体のそのものの「機能を上げる」事もとても重要なのではないでしょうか。

 



【参考】
厚生労働省「的確な花粉症の治療のために(第2版)」
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000077514.pdf
日本気象協会「花粉飛散情報2020」
https://tenki.jp/pollen/expectation/

カテゴリ:

< 風邪の予防と自律神経との関係  |  一覧へ戻る  |  自律神経の働きとEDの関係について【2020年最新版】 >

同じカテゴリの記事

熱中症と自律神経の関係について 2020年版

本格的な暑さがやってくる季節になりました。梅雨が明ければ一気に真夏に突入です。
しかし、こうなると心配なのが「熱中症」。
そこで今回は、熱中症の症状や予防法、そして自律神経との関係についてお話していきます。


 


【目次】
1.そもそも熱中症って?
2.自律神経が乱れると熱中症になりやすい?
3.熱中症にならないために
4.さいごに

熱中症と自律神経の関係について 2020年版の続きを読む

季節の変わり目による体調の変化について

陽気のいい春が終わり、ジメジメと憂鬱な梅雨の季節がやってきました。
こういった季節の変わり目というのは、体調を崩しやすい時でもあります。
そこで今回は、自律神経の観点からこの時期に気をつけたい体調の変化についてお話ししていきます。


 


【目次】
1. 季節の変わり目の不調は自律神経が原因?
2. 季節の変わり目に起こりやすい体調の変化
3. 元気に季節を乗り越えるために!
4. さいごに

季節の変わり目による体調の変化についての続きを読む

新型コロナによる外出自粛で起こり得る症状について

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の発令から1ヶ月ほどが経ちました。
外出自粛が要請されるなか、みなさま自宅で過ごす時間が大幅に増えたことと思います。
そこで今回は、ずっと家にいることで起こり得る「体調の変化や不調」について
対処法と合わせてご紹介していきます。


【目次】
1.外出自粛でどんな症状が起こる?
2.危険!体の不調を知らせるサイン
3.外出自粛を元気に過ごすために
4.ストレスケアで免疫バランスを整える!

新型コロナによる外出自粛で起こり得る症状についての続きを読む

コロナの外出自粛中に自宅で自律神経を整える方法について

前回のコラムでは、コロナ対策と自律神経についてお話しました。
(前回コラム:https://www.anmin-do.jp/column/entry/post-56/

その中で、自律神経が乱れると免疫が下がって病気のリスクが高まるとして、
「免疫を上げる4つポイント」についてご紹介しましたね。

今回は、特に外出自粛要請や、これに伴うテレワークが増えるなか、
自宅で自律神経を整える方法についてお話していきます。


 

【目次】
1.自律神経が乱れるとどうなる?
2.自宅で自律神経を整える方法
3.さいごに

コロナの外出自粛中に自宅で自律神経を整える方法についての続きを読む

コロナ対策と自律神経について

世界的に猛威を振るっている「新型コロナウィルス」。
日本でも感染者が急増しています。

東京都などの首都圏では、
リモートワークや時差出勤、週末・夜間の外出自粛などが要請されており、
そのために普段と違う生活を送っているという方も多いと思います。

そこで今回は、コロナ対策による生活リズムの変化で気をつけたいポイントについ

自律神経や免疫システムの観点からお話していきます。


【目次】
1.生活リズムの変化に注意!
2.自律神経の乱れで免疫が下がる?
3.免疫を上げる4つポイント
4.さいごに

コロナ対策と自律神経についての続きを読む