HOME > コラム > 自律神経失調症 > 自律神経と自殺について【番外編 vol.3】

コラム

< 自律神経と自殺について【番外編 vol.2】  |  一覧へ戻る

自律神経と自殺について【番外編 vol.3】

~自律神経の話番外編 “自殺と自律神経”最終章~

皆さんこんにちは。鍼職人Kです。
今回のトピックコラムもついに完結です。
“自律神経の話し番外編vol.3”最終章をご一読ください。 


※自律神経と自殺について【番外編 vol.1】こちらより
※自律神経と自殺について【番外編 vol.2】こちらより



 
【目次】
・一時停止無視の車に突っ込んでしまった私
・状況や環境を変えるための方法について
・強くなりたい行動のメリット
・強くなりたい行動のデメリット
・我慢して今の環境にいるメリットとデメリット
・まとめ
・鍼職人Kについて


※前回コラムに続き"スピリチュアル"な表現もございますので、嫌いな方は飛ばしてください。

 

一時停止無視の車に突っ込んでしまった私

交通事故
友人と共にバイクで走りに行って、一時停止無視の車に突っ込んでしまった私。
不思議と無傷で、痛みなどなく意識もはっきりとしていました。
ただ、ひとつだけさっきと違うことは・・・
そこに『真っ暗な空間』だけが拡がり、私だけポツンと独りだけと云う環境。
まさに『真の闇』にたった独り。
例えるならば、急に360°黒い巨大な幕で覆われた様な感じです。



大抵の方は「なんだなんだ!どうした!?」と思われるでしょう。
そう、まさにそんな感じです。

私は何が起きたか全く理解出来ていないのです。

しかし、私の場合はそこから何とか冷静に状況判断をする事が出来ました。
本当に意識ははっきりとしていましたので...

・今自分がいる所はどこなのか!?
・多分自分は夢でも見ているのだ...
・でも夢は寝なければ見られない!?
・自分はさっきまでバイクを運転していた!
・起きなければ事故を起こしてしまう!!
・起きなければ!!起きよう!!

という答えが出ると不思議とどこからともなく呼ぶ声が・・・

「...い。...ーい!おーい!!おーい大丈夫かー!!」

そこで、ハッと意識が戻ったのです。
今度は「猛烈な身体の痛み」と共に気がつくと、
建設作業員の方が車の下敷きになった私を抱きかかえ、助けてくださっている最中でした。

運良く助かった私。
路肩の違法駐車が逆にクッションになってくれた事、人気のない土地にも関わらず、たまたま新規の集合住宅を建設していた事で、目撃者や救出してくださる人がいらした事、後に警察の方に言われたのですが、偶然が重なり生き延びる事が出来たようです。

お陰様で28年たった今でも皆様に本当に感謝しております。
実はもっとこの話しは奥があるのですが今回はこの辺で笑。


臨死体験・・

事故から大分たった後に、ある高尚な僧侶の方との会話でそれが所謂「魂が抜けた」状態だと知り、
その他にもシックスセンスと云うものがあると言われている方などと会話していくうちに、
それがつまり「臨死体験」だと云うこと事だと認識しました。

そこで、私なりに出した答えは、
命を粗末にする様な行いは、決して楽になる事などなく
「きっと自分が死んだとは知らずに、ただただ、暗闇にポツンと独りたたずむ」のではないかと云う事です。

しかも、"孤独と絶望感、そして猛烈な後悔"と共に・・・

ですから、前述しましたが「生きる」事が重要なのです。
生きていれば"必ず状況や環境を変える事ができます"

環境の変化

状況や環境を変えるための方法について

数あるひとつの方法としては、辛い事をノートに書きだす事です。
今ある現状を「視覚化」する事により客観視してみましょう!

そして、今から行動を起こそうと思っている事に対して「メリットとデメリット」を書きだす事です。
正と負の二つを書き出します。

簡単な例として
Cさん男性
・自信がない
・からかわれる事が多い
・変わりたい
・学校や会社に行きたくなくなっている
と云う方がいたとしましょう。

Cさんはこの状況を変えたい!
と思う反面、このままあたりさわりなく平行線で我慢すればいいや・・・
一生この環境にいる訳でもないし・・・

とも考えています。
でも、からかい嫌がらせは、だんだん度を超すような域に来ています。
また、周りのストレスのはけ口にされている様に感じる事も多くなりました。

そして最近、「無表情」になっている自分も嫌です。
今より自信が持てれば変わるかもしれない。
でも、明日が見えない今をどうしたら良いのか・・・!?

とにかく楽になりたい・・・
最近たまに、自分は何の為に生きているのかと思う時がある・・・
そこで、Cさんは考えました。

護身術や格闘技、武道などをやって自分自身を鍛えてみようか!?と・・・
強くなったら自分に自信が持てるのでは・・・?

強くなりたい行動のメリット

(正)【強くなりたい行動のメリット】
武道や格闘技などの同じ価値観の「仲間」ができるかも知れない。
昔から憧れていたヒーローに近づけるかも知れない!
からかった人間に対し反抗出来る!むしろ反抗したい!
良い汗をかき運動もできる。健康的にもなれるだろう。

そして、何よりも自分に自信がつくと思うし、生き甲斐になるかも知れない。
また女性にモテるかも知れない!
そして大切な人を護れる男になれるかも知れない・・・
などなど

メリット

強くなりたい行動のデメリット

【強くなりたい行動のデメリット】
怖くて続けられないかも知れない・・・辛いかも知れない
キツイくて痛いかも知れない・・・?

デメリット

我慢して今の環境にいるメリットとデメリット

(負)【我慢して今の環境にいるメリット】
学生であれば単位がとれる。社会人であれば給料が貰える。

【我慢して今の環境にいるデメリット】
毎日がつまらない。いつもからかわれたり馬鹿にされる。
自信も失う・・・と言うか自信をもてない。

体調も悪くなる一方。自分は何の為に生きているのかなどと思う。更に笑顔が少なくなる。

孤独だ。

このままではもっと精神的におかしくなってしまうのではないか。
もしかしたら死んでしまった方が楽になれるのではないか...など。


これは実は「認知行動療法」と云うものを真似た手法を取り入れているのですが、
こうして書き出すと、今置かれた状況を打開するヒントになるのではないでしょうか!?


道などいくらでもあります。
決してひとりで悩まず、思いつめないようにしてください。
案外手を差し伸べてくれる人は間近にいるものです。もしそんな人がいないならば、当院に来てください。


お茶でも飲みながら雑談しましょう。
先日も、色々な事で悩んでいた女子大生がお話しに来てくれました。
帰り際に「こんなに話を聞いて貰ったのは初めてでスッキリした」
と言って笑顔で帰ってくれました。


笑顔女性

まとめ

前章でもお話ししましたが、好きな事への興味の薄れや、笑う事が無くなって来ているなどの症状が出てきているならば、要注意!自律神経のバランスなどとれている状態ではありません。

休みたいのに、心配事が先に来て考えれば考えるほど解決策など出ず、焦り、「交感神経過緊張」になり益々眠れず、今度は起きなければならない時には、交感神経が働かず「副交感神経」が優位過ぎ、血圧も上手く上がらず、無気力状態。それでもむりくり起きて、満員電車に乗り、初めて交感神経と共に身体が何とか起きる・・・

こんな生活、長く続きませんから必ず身体のケアをしましょうね。健康と云う貯蓄を散財しているのと同じですから!
その前に必ず身体のメンテナンスをしてください。フィジカルもメンタルも。

良いですか!!最後にもう一度言います。
決して自殺などしてはいけません。自分から死を選んで命を粗末にする様な事をしても、決して楽にはなりませんから。

ダメ

鍼職人Kについて

ストレスや肉体疲労による自律神経の乱れや不眠症、食欲不振、頭痛、肩こり、首こり、腰痛、眼精疲労などの身体の不調を熟練の鍼技術にて治療しております。医療関係の方からスポーツトレーナーも通う自律神経治療専門の吉祥寺にある鍼灸院です。


吉祥寺安眠道鍼療院
『住所』:東京都武蔵野市吉祥寺本町4-20-15
┗吉祥寺駅より徒歩8分
『メールでお問い合わせ』
http://www.anmin-do.jp/inqfm/general/

『電話』
0422-90-1513
『営業時間』
9:00~20:00(最終受付) / 完全予約制 / 土・日祝診療中
『休診日』水曜日


自律神経専門施術者

カテゴリ:

< 自律神経と自殺について【番外編 vol.2】  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

自律神経と自殺について【番外編 vol.2】

皆さんこんにちは。
今回も前回に引き続いて、少し物騒なトピックについてお話ししたいと思います。
※自律神経と自殺について【番外編 vol.1】こちらより



 去る平成29年10月、神奈川県座間市において男女9人が殺害・解体されるという、
最近では稀でとてつもないショッキングな事件がありました。

そして犯人逮捕のきっかけとなった「自殺仲間」をSNSから探していたという事を知り、
なぜ、この様に「自殺」を願望して、そして最悪にも実行してしまうのか?
改めて切実に皆さんに伝えたいと思った事から、
この“自律神経の話し番外編”のトピックを発信しています。
(お陰様で反響を頂いております。)

自分自身について思い悩み、そして辛い思いをされている方へ
ほんの少しでも、たったひと言でも、心に残ってくれれば幸いです。



【目次】
・休息について
・実体験
・克服できた理由
・鍼職人Kについて


自律神経と自殺について【番外編 vol.2】の続きを読む

自律神経と自殺について【番外編】

こんにちは鍼職人Kです。
なんだか冒頭から物騒なテーマとなりましたが、
今回はいつもと違った視点から見てみようと思います。


殺害 なぜこの様なテーマにしようと思ったかと言いますと、
平成29年10月、神奈川県座間市にて男女9人が殺害解体されると云う、
最近では稀でとてつもないショッキングな事件がありました。

その犯人逮捕のきっかけとなったのが、
なんと「自殺仲間」を探していたSNSから発覚したと云うのを知り、
なぜこの様に「自殺」を願望し、そして最悪実行してしまうのか?
と改めて切実に思った事からでした。


【目次】
・自殺の実態
・人身事故が止まらない
・油断大敵

自律神経と自殺について【番外編】の続きを読む

自律神経と腹痛の関係について

~自律神経と腹痛の関係について~


皆さんこんにちは。鍼職人Kです。
今回の誰でもわかる身体のお話しは「自律神経と腹痛」についてです。
誰でも一度は経験のあるこのお腹の痛み・・・。
大事な時に限って突然やって来る事も少なくなく、とても辛いものです。
人は歯が痛いのとお腹の痛みは我慢が出来ないほど辛いと云われているぐらいですから。
(じっとしていても痛いですものね汗;)

あのキリキリする痛みや締め付けられる様な痛みは、
想像するだけで脂汗が出てきそうです…

それでは簡単に見ていきましょう。


【目次】
・腹痛と腸の関係について
・夏場の冷やしすぎに注意すること
・余談
・鍼職人Kの紹介

自律神経と腹痛の関係についての続きを読む

自律神経の乱れは冷えを招くのか!?

皆さんご存知でしたか?

約500人の男女を集めたある調査によると
女性の約70%が、男性の約40%が感じているもの・・・
それが冷え性。(株式会社ニッセン様調べ)
こんなに悩んでいる方がいるのにいまいち原因と対策、解決方法が分からない・・・
そんな方の為に、今回の“鍼職人Kの誰でもわかる身体の話”では、
この「冷え」をテーマにしていきたいと思います。


冷え性
 
【目次】
・冷え性とは!?
・冷え性の原因とは!?
・それでも冷えるという方は!?
・自律神経と冷え!?
・冷えない身体をつくろう!
・やはり日本人はお風呂・・・
・冷えに負けない身体づくりのまとめ

自律神経の乱れは冷えを招くのか!?の続きを読む

ストレスと自律神経失調症

こんにちは安眠道鍼療院のサトウです。
本日はストレスと自律神経についてお話をします。

 
あぁ最近イライラしてストレスが溜まる・・
あの人と会うのがほんっっとストレス・・
ストレスで胃がやられた・・
あんまりストレスを溜めると身体壊すよ・・

 
など、ストレスというととかく悪いイメージをお持ちの方が多いです。
ではストレスとはいったい何なんでしょう!?

 
ストレス 【目次】
・そもそもストレスとは?
・ストレスと病気の関係?
・自律神経失調症とは?
・自律神経失調症の解決策は!?
・最後に


ストレスと自律神経失調症の続きを読む